あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

「engage(エンゲージ)」と「jinjer(ジンジャー)」徹底比較|二大採用管理システムの機能や評判など

engage(エンゲージ)とjinjer(ジンジャー)のトップページ

更新日:2019年03月22日 | 公開日:2019年03月22日

現在、数多くの採用管理システムが販売されています。採用管理システムは、機能や特徴が製品ごとに異なるため、どのシステムを導入すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。
その中でも「engage(エンゲージ)」「jinjer(ジンジャー)」は評判の良い採用管理システムとして、数多くの企業に導入されています。

この記事では、engageとjinjerの二大採用管理システムを比較し、それぞれの特徴や強み・評判、どんな人・会社におすすめなのかを紹介します。採用管理システムの導入を検討している方は、それぞれの特徴や評判などを比較し、ぜひ参考にしてみてください。

採用管理システムとは?

採用管理システムとは?

企業が優秀な人材を獲得するために、採用活動に取り組む採用担当者をサポートし、より効率的な採用活動が実現できるようにするサービスが採用管理システムです。採用管理システムを導入することにより、一般的には応募から採用に至るまでの採用プロセスを、一つのシステム上で一元管理することが可能になります。

近年では、少子高齢化や好景気を背景とした人材不足により、企業間競争による優秀な人材獲得の重要性が高まりつつあります。このような状況下で、採用管理システムを導入する企業が増え続けています。

採用管理システムは初期費用を抑えられるクラウドサービスとして提供される製品が多く、その月額利用料金は数万円から十数万円というサービスが一般的なようです。

現在、数多くの採用管理システムが提供されており、その特徴や機能などは製品ごとに大きく異なります。そのため自社の採用活動の課題を把握した上で各製品のサービスや評判を十分に比較し、自社に適した採用管理システムを導入することが重要になります。

「engage(エンゲージ)」とは

engage(エンゲージ) トップページ

https://en-gage.net/

engageはエン・ジャパンの採用ノウハウを詰め込んだ、クラウド採用支援ツールです。engageの最大の特長は「完全無料」のシステムであること。

engageは採用サイトの作成や求人公開、「Indeed」への自動掲載、「エン転職」会員へのスカウト送信、応募者の管理まで全て無料で利用できると評判です。採用成功による課金なども一切なく、豊富な機能を一貫して無料で利用できると高い評価を受けています。

engageの主な特徴は以下の通りです。

・リリースから2年で、導入企業数は160,000社を突破/毎日100社以上が新規開設中
・中小企業での採用成功事例が多数(保育士などの採用の難しい職種でも実績あり)
・「HRアワード2017」の人材採用・雇用部門で優秀賞を受賞
・豊富な機能を完全無料で利用可能

engageの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「jinjer(ジンジャー)」とは

jinjer(ジンジャー) トップページ

https://hcm-jinjer.com/saiyo/

「jinjer」は、採用管理/人事管理/勤怠管理/労務管理/コンディション管理/経費管理/マイナンバー管理と、人事に関する各サービスを提供しています。

その中で「jinjer採用管理」は、新卒・中途採用の業務における応募者の選考データを蓄積し、リアルタイムで情報の管理・分析ができる機能を提供しています。戦略的・効率的な採用業務を実現できると高い評価・評判を得ています。

jinjer採用管理の主な特徴は以下の通りです。

・これまでの導入企業は5,000社以上と、豊富な実績あり
・新卒・中途を問わず、利用可能
・HRアワード2016」で「管理システムサービス部門:優秀賞」を、「第2回HRテクノロジー大賞」では「管理システムサービス部門:優秀賞」を受賞
・「採用管理」サービス以外に「勤怠管理」など他のサービスが追加でき、拡張性が高い

jinjerの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

1.「engage」と「jinjer」の違い

採用管理システムは製品ごとに特徴や機能が異なります。それはengageとjinjerにも当てはまり、以下のような違いがあります。

engageの特徴
・システム:採用サイト・求人情報の作成と求人媒体への掲載を重視したシステム
・対象:中途採用向け
・料金:完全無料で豊富な機能を使える
・機能:自社採用サイト作成/630万人へのスカウト/募集要項作成/応募ユーザー管理/スマホ対応/検索エンジンに自動掲載/SNS連携/リンクウィジェット など

jinjerの特徴
・システム:総合的な採用管理システムで、さらなる人事領域へのシステム拡張も可能
・対象:新卒・中途のどちらにも対応
・料金:有料プランのみ(無料トライアルあり)
・機能:
<新卒採用>求人票作成/選考フロー構築/候補者管理/スケジュール管理/エージェント管理/各種分析/ナビとの自動連携 など
<中途採用>求人票作成/選考スケジュール構築/求職者管理/各種コンテンツ機能/レポート機能/プロセス・進捗分析 など

2.「engage」と「jinjer」に共通する機能・特徴

2.「engage」と「jinjer」に共通する機能・特徴

ではengageとjinjerに共通する機能・特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは3つに分けて説明します。

2-1.実績豊富な採用管理システム

engageは、エン・ジャパン株式会社が提供する採用管理システムで、2016年のリリース以来、導入企業数は160,000社以上と豊富な実績を誇るサービスです。

一方、jinjerは、株式会社ネオキャリアが提供する採用管理システムとして2016年にリリース。人事向けSaaS型プラットフォームサービスとして、5,000社以上の導入実績を持ちます。また、2018年には4機能を拡充し、人事領域を横断的に管理するツールとして成長を続けています。

2-2.人事分野での成果を評価する賞を受賞

engageもjinjerも、人事分野での成果を評価する賞の受賞歴があり、業界からも高い評価・評判を得ています。

engage
・「HRアワード2017」人材採用・雇用部門において優秀賞を受賞

jinjer
・「HRアワード2016」管理システムサービス部門において優秀賞を受賞
・「第2回HRテクノロジー大賞」管理システムサービス部門において優秀賞を受賞

2-3.応募者管理機能

「応募ユーザー管理機能」により、応募ユーザー情報をまとめて管理することが可能です。チャット形式で簡単に面接日時などの連絡をすることができます。

jinjerでは「新卒採用における候補者管理機能」「中途採用における求職者管理機能」により、候補者・求職者を一元管理することができます。

3.「engage」のみが持つ特徴・強み

3.「engage」のみが持つ特徴・強み

engageのみが持つ特徴・強みには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは3つに分けて説明します。

3-1.「Indeed」に自動で掲載され、スカウトも送信できる

engageで作成した求人票は、テレビCMでもお馴染みの求人検索エンジン「Indeed」に自動で掲載されます。有料の求人媒体を使わなくても、求人票を多くの求職者に見てもらえることは大きな強みで、有料求人媒体と変わらないくらいの効果も見込めます。

また、engageでは会員数650万人を誇る「エン転職」の登録ユーザーに、毎週10通まで無料でスカウト送信が可能。狙った人材にピンポイントでアプローチし、積極的な採用活動を行えます。

3-2.誰でも簡単に自社採用サイトが作れる

engageに用意されている数多くのテンプレートから好きなものを選び、写真や文字を入れるだけで、洗練された自社採用サイトが完成します。Webデザインの知識がないという方でも簡単に採用サイトを作ることができます。

また、採用サイトを作成する際は、豊富なパネル写真の使用をはじめ、コンテンツの追加や修正も自由に可能。タブレットやスマートフォンなどのモバイル端末での利用にも対応しています。

3-3.全ての機能を無料で使える

engageの最大のメリットは全ての機能を無料で使えること。採用サイトの作成から求人掲載、スカウト送信、応募者の管理、「Indeed」への自動掲載まで全て無料で利用できると評判の採用管理システムです。

engageでは導入費用や維持費、管理費もかかりません。採用課金が発生したり、自動で有料オプションに切り替わったりするようなこともありません。

※一部機能のアップグレードやオプションサービスは、有料になるものもあります

4.「jinjer」のみが持つ特徴・強み

4.「jinjer」のみが持つ特徴・強み

jinjerのみが持つ特徴・強みには、どのようなものがあるのでしょうか。3つに分けて説明します。

4-1.自社の課題に合わせてシステムを拡張できる

jinjerは「採用管理」サービスの他に「人事管理/勤怠管理/労務管理/コンディション管理/経費管理/マイナンバー管理」と、人事領域の各サービスを提供しています。
採用管理以外のサービスも併用することで、人事関連業務を一元的に管理し、戦略や戦術を立てやすくなります。

自社における人事業務の実情や課題に合わせて、必要なサービスを追加できるなど、拡張性が高いシステムであることが他の採用管理システムにはないメリットといえるでしょう。

4-2.新卒・中途を問わず利用できる

jinjer採用管理は、採用に関する業務に必要な機能をオールインワンで提供しています。新卒採用・中途採用に関する機能が充実しており、新卒・中途を問わず利用できる採用管理システムです。

新卒・中途採用の業務における応募者の選考データを蓄積し、リアルタイムで情報の管理・分析ができる機能を搭載することで、jinjer(ジンジャー)採用管理を導入した企業の採用業務を効率化できます。

4-3.採用工程のデータを蓄積し、分析できる

jinjer採用管理を使うことで、採用工程で蓄積した各種データを用いて、新卒採用における各種分析機能や、中途採用におけるプロセス・進捗分析機能などを利用した分析が可能です。過去のデータとの比較、現状の進捗状況などがリアルタイムに把握できます。

5.「engage」と「jinjer」の価格比較

5.「engage」と「jinjer」の価格比較

【engageの料金】
全ての機能を無料で利用できます。(初期費用、月額料金、採用成功報酬なども一切なし)
※一部機能のアップグレードやオプションで、有料になるサービスもあります。

【jinjerの料金】
jinjerは、人事関連の7つのサービスを集約しているシステム。最初はjinjer採用管理サービスを導入し、必要になったら他のサービスを追加するなどの使い方が可能です。

料金は利用するサービスの数により以下のように設定されています。

・HR Light:1サービス:300円/人
・HR Standard:3サービス:600円/人
・HR Premium:5サービス:1,000円/人


※全てのプランにjinjerデータベースが付きます。
※クラウドサービスなので、初期費用ゼロでサーバーも不要です。
※「無料トライアル」で全てのjinjerサービスを試すことができます。
「トライアル」の期間については製品ホームページに記載がないため、Webフォームからの問い合わせで確認してください。

6.「engage」を導入すべき人・会社

6.「engage」を導入すべき人・会社

次はengageはどんな会社に向いているのかを見ていきます。

6-1.無料で機能制限がなく使える採用管理システムを利用したい会社

engageは、完全無料で利用できる採用管理システム。サイト作成費や運用費、管理費、応募や採用成功時の成功報酬などの料金も一切発生しません。他の採用管理システムにも「無料プラン」をサポートしているものがありますが、「無料で機能制限なし」で利用できることが、engageの大きな特長です。

また、engageでは、以下のような採用支援ツールも無料で利用できます。
・エン転職会員へのスカウトや応募者管理
・面接の質を高める、「ビデオインタビュー」
・活躍できる人材を見つける「オンライン適性テスト」
・社員の離職リスクを可視化する「HR OnBoard」

6-2.自社採用サイトを簡単に作り、成果につなげたい会社

engageには、数万パターンのテンプレートが用意されています。エン・ジャパンがこれまでに培ってきた採用ノウハウを活かし、自社の魅力付けにつながる採用サイトを誰でも簡単に作ることができます。

加えてengageの求人情報は、求人情報専門の検索エンジン「Indeed」に自動的に掲載されます。そのため、応募者の確保・優秀な人材の採用など、具体的な成果に結びつけることが可能です。

7.「jinjer」を導入すべき人・会社

7.「jinjer」を導入すべき人・会社

次にjinjerがどのような会社に向いているを見ていきましょう。

7-1.自社に適した人事戦略を立てたい会社

jinjerには人事領域をカバーする7つのサービスがあるため、人事業務を一元的に管理することが可能。これにより、人事に関する戦略や戦術を立てやすくなり、PDCAサイクルを回して、より効果的な人事戦略を実現することができるようになります。

そのため、採用戦略のみにとどまらず、自社に適した人事戦略を立てたいという会社に、jinjerはおすすめの採用管理システムです。

7-2..新卒採用・中途採用の両方に対応したい会社

jinjer採用管理では、採用業務に必要な機能をオールインワンで提供しています。新卒採用・中途採用業務において、それぞれ充実した機能がサポートされており、操作性も分かりやすく使いやすいと評判の採用管理システムです。

そのため、新卒採用・中途採用それぞれに対応した採用管理システムを利用したい会社におすすめです。

8.まとめ「engage」と「jinjer」導入すべきは・・・

8.まとめ「engage」と「jinjer」導入すべきは・・・

現在、数多くの採用管理システムが提供されており、その特徴や機能・評判は製品により大きく異なります。
この記事では、評判の良い2つの採用管理システムengageとjinjerを比較し、それぞれの特徴や強み・評判、どんな人・会社におすすめなのかを紹介してきました。

engageの魅力は何といっても無料で使えること。自社採用サイトの作成や求人媒体への自動掲載などの機能も充実しているため、中途採用に特化し、無料で使える採用管理システムを導入したい会社にengageは最適でしょう。

jinjerの魅力は人事領域に幅広く展開できる拡張性があること。新卒・中途両方の採用に対応し、効果的な人事戦略につなげたいという会社にjinjerは最適な採用管理システムです。

採用管理システムには、それぞれの強みがあるため、その特徴や評判などを比較した上で、自社の採用活動に合ったシステムを導入しましょう。

“採用管理システム”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono