あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

採用管理システム「SuccessFactors Recruiting」の評判と実態|徹底した比較・調査結果をご紹介!

SuccessFactors Recruiting トップページ

更新日:2019年03月01日 | 公開日:2019年03月01日

少子高齢化や好景気を背景とした人材不足により、思うような採用活動ができない企業が多くなっています。このような状況下で優秀な人材を採用するためには、競合他社よりも上手く・早く・賢く、採用業務を推し進めていく必要があります。

例えば、魅力に乏しい採用ページが原因で、優秀な応募者候補を逸してしまう可能性も考えられ、その損失は計り知れないものがあります。このような事態を解消するために、会社規模や業種を問わず、さまざまな企業で導入されているのが採用管理システムです

この記事では「包括的な応募者管理ができ、グローバルに採用ができる」と評判の高い採用管理システム「SuccessFactors Recruiting」の評価・評判やメリット・デメリット、導入実績・効果や実際の効果的な使い方について、分かりやすく解説します。

採用管理システムの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

<総評>「SuccessFactors Recruiting」はグローバルな人材採用を推進するツール

<総評>「SuccessFactors Recruiting」はグローバルな人材採用を推進するツール

SuccessFactors Recruitingは、採用担当マーケティングツールや管理ワークフローをはじめ、採用担当者が優秀な人材を集めるのに役立つ豊富なデータ分析を提供する採用管理システムです。自社の魅力の発信からエンゲージメント、選考までをサポートすることによって、採用プロセスを効率化し、改善につなげます。

SuccessFactors Recruitingの最大の特徴は、海外発の採用管理システムで、世界中にいる優秀な人材の採用に役立てられる点です。80を超える国をカバーし、4,000以上の求人媒体やソーシャルネットワーク、学校・大学から、優れた候補者を発掘することができます。

ほとんどの候補者は、求職情報を見てすぐに応募するわけではありません。そのため、企業は候補者を惹きつけ、その関心を高めるように努力し、候補者に自身の情報を登録させる必要があります。

SuccessFactors Recruitingの双方向ソリューションを使用することで、候補者との関係を築き、高度な自動化機能を通じて体系的にコンタクトを維持することができるようになります。結果として採用担当者の作業が減り、投資効果の向上につながります。

利用料金は有料プランのみとなっています。

そもそも採用管理システムとは?

そもそも採用管理システムとは?

採用管理システムはATS(Applicant Tracking System)とも呼ばれており、 人事や採用担当者が応募者の管理を効率的に行うための機能を搭載しています。求人情報や応募者の個人情報、選考の進捗状況、採用担当者の評価など、一連の採用活動におけるさまざまな情報をシステム上で一元管理できることが採用管理システムの特徴です。

企業における採用活動は、優秀な人材を確保するために必要不可欠です。その中で、採用業務を効率的に行うことができる「採用管理システム」が注目されています。

採用管理システムは多くの製品が提供されており、その機能や特徴は製品ごとに大きく異なります。導入してから「思っていたことができなかった」ということが起きないように、まずは現在の採用活動における課題を把握した上で、自社に適した採用管理システムを検討することが重要です。

近年は初期費用を抑えられるクラウドサービスとして提供される採用管理システムが増えており、月額利用料金は数万円から十数万円というサービスが多いようです。

他の採用管理システムと比べてどうなのか

SuccessFactors Recruitingを提供する「SAPジャパン株式会社」は、SAP SEの日本法人。SAPのアプリケーションやサービスは、世界各国で310,000社以上の企業で利用され、国内でも日本企業の情報化の推進や国際競争力、企業価値の向上に貢献しています。

SuccessFactors Recruitingでは、以下のような評価・評判が挙がっています。

・採用情報ホームページを利用して候補者確保につなげることができた。
・グローバルな採用プロセスを一元管理し、採用業務を効率化できた。
・必要に応じて業務モジュールの追加やシステム拡張ができるのがよい。
・グローバルに人材募集できるのは、このツールならでは。

物足りない評価・評判としては、海外拠点を持たない会社にはあまりメリットがないことや、無料で利用できるプランがないこと、などが挙げられています。

まとめ表
SuccessFactors Recruiting
総評 世界中に求人情報を発信し、優秀な人材をグローバル規模で募集できる海外発の採用管理システム
機能性 ★★★★☆ 4点
サポート体制 ★★★☆☆ 3点
料金 ★★★☆☆ 3点
使いやすさ ★★★★☆ 4点
導入実績 ★★★★★ 5点
特徴 海外発の採用管理システムで、世界中にいる優秀な人材の採用に役立つサービス
SAPのアプリケーション・サービスは、世界各国310,000社以上の企業で導入実績あり
必要に応じて業務モジュールの追加やシステム拡張が可能
メリット 世界中の4,000以上の求人媒体やソーシャルネットワーク、学校から優れた候補者を募集可能
レスポンシブな採用サイトの構築により母集団を形成
包括的な応募者管理により、採用業務を効率化
デメリット 国内でのみ人材募集する場合に適さない
無料プラン・無料トライアルがサポートされていない
海外発のツールなので、情報を集めにくい
プラン名 有料のみ
対応デバイス PC
使用をおすすめする会社の特徴 グローバルに人材を募集・採用したい
導入実績 不明
企業名 SAPジャパン株式会社
サービス開始日 2012年

1.「SuccessFactors Recruiting」の3つのメリット

1.「SuccessFactors Recruiting」の3つのメリット

SuccessFactors Recruitingを導入・運用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは3つに分けて説明します。

1-1.グローバル規模で人材募集ができる

SuccessFactors Recruitingにより、80以上の国の求人媒体や大学、ソーシャルネットワークなど、4,000以上の情報源に求人を投稿することができます。グローバルレベルで求人情報にアクセスし、優秀な人材を発掘することが可能です。

・適切なチャネルを使用してターゲット市場を明確化
・自社採用サイトの検索ランキングを向上
・モバイルやeリクルート活動による管理
・仕事や情報源、キャンペーン別の分析
・採用戦略、キャンペーンの分析
・採用予算・支出の最適化


上記の機能・施策により、スムーズに最適な人材情報にたどり着けるでしょう。

1-2.レスポンシブな採用サイトで意欲の高い母集団を形成できる

SuccessFactors Recruitingの機能を利用して、レスポンシブな採用サイトを構築することができます。即応性を備えた採用情報サイトにより、自社の魅力を発信して優秀な人材の関心を引き、特に積極的ではない人材を含めてターゲットにすることが可能です。

・採用期間とコストを削減するための人材パイプラインの構築
・ターゲットを絞った候補者プールとコミュニティを確立
・最大46の言語でコミュニケーションが可能
・レスポンシブな採用サイトを作成・維持
・募集キャンペーンによる候補者の拡大

上記のような効果が期待できます。

1-3.包括的な応募者管理により、採用業務を効率化できる

SuccessFactors Recruitingは、一元管理可能な採用プロセスによって採用業務を効率化します。また、モバイル申請や面接のスケジューリング、オンラインによる管理などにも対応しており、大量の応募者に対して包括的に管理・対応することができます。

・モバイルツールを使用して採用プロセスを合理化
・すぐに最適な候補者にたどり着くことが可能
・スケジューリングからフィードバックまで面接を改善
・パイプライン戦略を評価するためのレポートを作成
・電子署名による迅速なオファーと受け入れ

などが行えます。

2. 「SuccessFactors Recruiting」の2つのデメリット

2. 「SuccessFactors Recruiting」の2つのデメリット

導入・運用することで多くのメリットを得られるSuccessFactors Recruitingですが、デメリットとしてはどのような点が挙げられるのでしょうか。2点に分けて紹介します。

2-1.国内で人材募集する場合に適さない

SuccessFactors Recruitingは海外発の採用管理システムです。SAPの採用ソリューションはグローバル性が高く、世界中のトップクラスの人材に働きかける機会を得やすいというメリットがあります。ただし、国内で人材募集をする場合はSuccessFactors Recruitingのメリットを活かしきれない状況になる可能性があります。

2-2.無料プラン・無料トライアルが用意されていない

SuccessFactors Recruitingには、「無料プラン」や「無料トライアル」が用意されていません。また問い合わせフォームも用意されていません。事前に使い勝手を試せない状態では、導入の検討も難しくなるので、まずはSAP SEの日本法人である「SAPジャパン株式会社」に電話などで問い合わせすることをおすすめします。

3.徹底調査でわかった「SuccessFactors Recruiting」を使うべき人・会社

3.徹底調査でわかった「SuccessFactors Recruiting」を使うべき人・会社

ここまでにSuccessFactors Recruitingの評価・評判やメリット・デメリットについて紹介してきましたが、SuccessFactors Recruitingはどんな人や会社に向いているのでしょうか。3点紹介します。

3-1.グローバルに人材を募集・採用したい会社

SuccessFactors Recruitingは、海外発のグローバル性の高い採用管理システムです。80を超える国をカバーし、4,000以上の求人媒体やソーシャルネットワーク、学校などから優秀な人材に働きかけることができます。そのため、海外にも拠点を持ち、グローバルに人材を募集・採用したいという会社におすすめです。

3-2.自社の魅力を発信し、応募者数を増やしたい会社

SuccessFactors Recruitingの導入により、セルフサービス型の採用情報ホームページを作成し、優秀な人材に興味を持ってもらえるように働きかけることができます。自社の魅力を採用ページを通して発信し、優秀な人材の関心を引き、応募者数を増やしたい会社におすすめです。

3-3.応募者を包括的に一元管理し、採用業務の効率化を実現したい会社

SuccessFactors Recruitingは採用プロセスを一元管理し、採用業務を効率化することができます。オンラインやモバイルを利用した管理が可能なため、大量の応募者にも対応できるでしょう。応募者に対して包括的に管理・対応し、採用業務の効率化を実現したい会社におすすめです。

4.徹底調査でわかった「SuccessFactors Recruiting」を使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかった「SuccessFactors Recruiting」を使うべきでない人・会社

では、SuccessFactors Recruitingに向いていないのはどんな人や会社なのでしょうか。2つに分けて説明します。

4-1.国内のみで人材募集をする会社

SuccessFactors Recruitingは、海外発の採用管理システムで世界中の企業で利用されています。最大46の言語に対応しているため、グローバル性が高く、世界から優秀な人材を集められます。

海外に拠点がなく、国内のみで人材募集をする会社の場合、SuccessFactors Recruitingの特長を発揮できない可能性があります。

4-2.無料での採用管理システム導入を考えている会社

SuccessFactors Recruitingの利用料金は有料のみとなっており、「ユーザー数による従量制」となっています。「無料プラン」や「無料トライアル」をサポートしていないため、無料での採用管理システム導入を考えている会社には向いていません。

また、事前に使い勝手などを確認できるかどうかも不明なため、まずは、問い合わせをしてみることをおすすめします。

5. プラン

5. プラン

SuccessFactors Recruitingのプランや料金については「有料プラン」のみとなります。利用料金はユーザー数による従量制となっており、1ユーザーあたり月3ドルです。

また、初期導入費用や各種オプションによる追加費用が必要なので詳細については要問合せという形になります。

6.「SuccessFactors Recruiting」の導入実績・効果

6.「SuccessFactors Recruiting」の導入実績・効果

次はSuccessFactors Recruitingの導入実績や効果として、2つの事例を紹介します。

6-1. 採用・入社プロセスを自動化し、効率化を実現

【米国で布地・手芸用品を展開するA社の事例1】

A社は全米で約800店舗を展開し、社員数は2万人以上。A社のような店舗の体系で最も重要なのは、店舗スタッフの資質です。

手芸に関する知識や経験、そして何よりも手芸が好きで意欲の高いスタッフを採用することは、経営における最優先事項でした。

このような状況下で、SAP SuccessFactorsを導入。採用管理(Recruiting)→ 入社研修(On-Boarding)→ 研修管理(Learning)という一連の流れをシステム化しました。

導入前に行われていた紙ベースによる管理・処理をなくすことで、全社レベルで採用に関する工数を劇的に削減。システムの使い勝手が良いことで、店舗スタッフの効率的な採用にもつながったといいます。

6-2. 簡単にシステムを使いこなすことができ、常時30万人の応募者を管理

【米国で布地・手芸用品を展開するA社の事例2】

A社では採用実務の大部分を約800店舗の店長が行っています。そのため、採用管理システムはシンプルかつ使いやすいことが条件になります。

以前の採用プロセスは全て紙ベースで、合格者全員が採用通知を受け取るわけではなく、採用通知は各店舗で自由に変更できるため、担当者によって文言や内容がバラバラという状況でした。

SuccessFactors Recruiting導入後は、管理された文書で統一され、信頼性の高いやり取りが可能に。そして約800店舗の店長たちは、ほとんどトレーニングすることなく、システムを使いこなしています。

また、本社人事部門の採用担当者は、採用プロセスを管理する業務から解放され、より多くの人材プールを確保する業務へとシフトすることができました。

今では、採用システムには常時30万人もの応募者プールが管理され、この中からニーズに合う候補者を選ぶことができているといいます。

7. 「SuccessFactors Recruiting」の効果的な使い方

7. 「SuccessFactors Recruiting」の効果的な使い方

SuccessFactors Recruitingには、以下の機能が含まれています。

・SAP SuccessFactors Recruiting Posting
・SAP SuccessFactors Recruiting Marketing
・SAP SuccessFactors Recruiting Management


ここでは上記の3つの機能について、効果的な使い方を説明します。

7-1.最適な候補者に到達するための費用と時間の削減を実現

SAP SuccessFactors Recruiting Postingは分析機能を備えたグローバル求人投稿ソリューションです。プロセス全体を可視化することで、ベストの候補者に到達するための費用と時間の削減に繋げることができます。

多数のソースを多言語で対応の上、求人情報を投稿。応募状況をリアルタイムで管理・分析し、人材調達の予算とフローの最適化が図れます。各募集チャネルの有効性を評価・比較できるシンプルで操作しやすい統合ダッシュボードにより、工数削減と投資利益率の改善を効果的に行います。

7-2.受動的な応募者も含め、世界中の候補者との関係を構築

SAP SuccessFactors Recruiting Marketingはあらゆるデバイスが利用できるユーザーフレンドリーな応募者向けソリューションです。積極的な応募者だけではなく、受動的な応募者も含めた世界中の候補者との関係を構築できる機能です。

候補者の関心を集めることは採用活動の第一歩です。企業側は、候補者を惹きつけ、適切な時期まで候補者に関心を持ち続けてもらい、自分の情報を登録するよう促す必要があります。

SAP SuccessFactors Recruitingの双方向ソリューションを使用することで、候補者との関係を構築・維持していくことが可能。結果として、採用担当者の作業が軽減し、投資効果が高まります。

7-3.直感的な操作性により、採用業務を効率化

SAP SuccessFactors Recruiting Managementはモバイルからの応募や面接日時設定、オンラインでの採用通知など、採用プロセスを合理化し、自社に最も適した人材を雇用するための採用業務を効率化できる機能です。

1ページ形式の応募者情報や表示オプション、ワークフローの変更機能など、採用担当者にとって使いやすいユーザーインターフェースを実現しています。直感的な操作性を備えているSuccessFactors Recruitingなら、システムの利用頻度が少ないユーザーでも簡単に使いこなすことができます。

8. まずは「SuccessFactors Recruiting」の資料請求などの問い合わせを

8. まずは「SuccessFactors Recruiting」の資料請求などの問い合わせを

SuccessFactors Recruitingには、無料プランや無料トライアルがサポートされていません。「問い合わせフォーム」も用意されていないため、SEの日本法人である「SAPジャパン株式会社」に電話やメールなどで問い合わせをしてみましょう。

【「問い合わせ先」確認方法】
▼(「SuccessFactors Recruiting」の製品ホームページ)にアクセスします。
▼「表示画面上方」にある「連絡先」をクリックします。
▼「電話番号」と「メールアドレス」が確認できます。

※「オフィス所在地」の「東京、日本」をクリックすると、フリーダイヤルも表示されます。

9. まとめ

9. まとめ

この記事では「包括的な応募者管理ができ、グローバルに採用ができる」と評判の高い採用管理システムSuccessFactors Recruitingの評価・評判やメリット・デメリット、導入実績・効果や実際の効果的な使い方などについて解説してきました。

SuccessFactors Recruitingを利用することで、採用業務を効率化するとともに、世界中から優秀な人材を発掘することができます。

グローバルに人材を募集したいと考えている方は、SuccessFactors Recruitingを検討してみてはいかがでしょうか。まずはSuccessFactors Recruitingの資料請求などの問い合わせをしてみましょう。

“採用管理システム”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono