担当者が絶対知っておくべきAndroidアプリ開発支援サービス5選

更新日:2017年07月27日 | 公開日:2015年02月19日

あるAndroidトップデベロッパーでは、新作アプリリリースのたびに400種類以上のデバイスで実機テストを行っています。
しかし自前でこうしたテスト環境を用意するのは容易ではありません。
また開発上思わぬアクシデントに見舞われた場合、頼れる開発支援サービスを知っていれば短時間で障害に対処できるでしょう。

1. 『DeployGate』

◆日々の開発を加速!開発作業だけに集中できます。
出典DeployGate

DeployGateは開発中のアプリを簡単にテスターや開発チームメンバーと共有することで、アプリのプロトタイピングを加速させることができる、アプリ開発・テスト支援サービスです。

2. SoftBank 『スマートフォン サービス開発支援サイト』

3.  NTTレゾナント『Developers AppKitBox』

◆必要なとき、必要な分、必要な実機を提供してくれます
出典Developers AppKitBox

プロジェクトの規模や予算、クライアントの急な要望にも柔軟に応えられる使い勝手と効率性で、実機の購入コストや維持管理コスト、環境構築コストをミニマムにおさえることができます。
初期登録時には2.5時間分の無料体験チケットも付与してくれるので、作業になれるまでの期間も安心です。

4. 株式会社テレマークス

短期間で自社の開発者にテスト作業教育を行いたい、機種に依存した開発ノウハウを知りたい、納期前にスポットで開発を支援してほしい、機種ごとの問題を確認したい...。
もちろんすべてに対応可能です。

【まとめ】開発者にもプロジェクト担当責任者のあなたにも納得のサービスはこれだ!

各社さまざまの充実メニューですね!

Androidアプリ開発ではカメラやbluetooth、各種センサーなどの機種ごとの違いを可能な限り吸収してアプリを完成させることが成功の秘訣です。

したがって自社では開発のメインストリームに集中し、対応しきれない部分に関しては実機とノウハウを蓄積したAndroid開発支援サービスを上手に使うことが成功のポイントとなります。

そんなスタンスでプロジェクトマネージメントを考えた時、NTTレゾナントの『Developers AppKitBox』の「必要なとき、必要な分、必要な実機」というサービスコンセプトは自社の開発者にとって時間的にも精神的にも負担の少ないものです。

そして担当者のあなたにとっては「テスト検証コスト負担」がグッと減るはず!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください