アプリ開発の予算と外注先探しに関するアドバイス

更新日:2017年06月23日 | 公開日:2016年10月16日

アプリ開発で必要となる費用は制作するアプリによって大きく変わってきます。
予算を決めてから開発会社などに依頼した場合、作成するアプリの機能と予算の折り合いが合わず断られる可能性もあります。

予算に見合ったアプリにするか予算額を増やすか決断する

アプリ開発を依頼された会社が、提示された予算と作って欲しいアプリの機能を検討して、「どうしてもその予算ではできない」という判断をすることもよくあります。

例えば「人気のある○○のようなRPGゲームを1,000万円以内の予算で作って欲しい」といわれても、そのゲームの機能やクオリティを考えるとどう考えても5,000万円以上はかかると思われたら、決めていた予算額を変えるか、想定していた機能を簡素化して予算内で作れるアプリにするかを検討しなくてはなりません。
どんなアプリだとどれくらいの開発費用がかかるのかなどは、やはり開発会社に直接聞いた方が予算も立てやすいでしょう。

下記に開発会社を探す際をアドバイスしますのでご覧ください。

1. 信頼できる開発会社を選ぶには

いろいろな相談ができて信頼信頼して開発をまかせられる会社を選ぶにはどうしたらいいでしょうか。
ポイントは二つあり、それは「実績」と「自社開発」です。

新興の業者や実績が少ないところだと依頼するのもためらってしまいますね。
予算を投入してアプリ開発に賭けているのですから、実績数は大事な判断材料になります。
仮に提示した予算でできるといわれ、実績のあまりない会社に依頼してしまうと、想定以上の時間と予算がかかってしまったり、アプリのクオリティにも問題があったりするなどのリスクも考えられるため、できれば避けたいところです。

また、ある程度の実績があったとしても開発しようと考えているアプリと同じジャンルの開発実績ない場合も不安があります。ゲームアプリとツール系のアプリでは同じスマホ用アプリであっても開発手法や技術的な部分で異なるため、依頼するアプリと同じ、もしくは似たようなアプリの開発実績があるかどうかも確認するようにしましょう。

なお、開発会社によっては受託開発だけではなく、自社でアプリを開発して販売しているところもあります。
そうした会社であれば運営のしかたやプロモーション方法、さらには無料のサービスで収益化するマネタイズに関する知識やノウハウも兼ね備えているので心強いでしょう。

2. 予算ありきならばクラウドソーシングを検討しよう

どうしても予算が決まっていて、それ以上は捻出できない。
そんな時はクラウドソーシングを使うという方法もあります。
クラウドソーシングとは、インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を委託する、アウトソーシングの手法の一つで、例えば以前は開発を行う企業に所属していたが退職し、フリーランスとして生,計を立てているプログラマーやエンジニア、デザイナーといったクリエイターが全国に多数存在し仕事の依頼を受け付けています。

企業とは違って開発費用も安価な設定をしていることも多く、場合によっては想定の予算内でアプリ開発を引き受けてくれることもあります。

ただし、その際も先に書いたように依頼するアプリと同じ、もしくは似たようなアプリの開発実績があるかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

【まとめ】

アプリ開発はその制作する種類によって数十万円で開発可能なものから億単位まで費用がかかる場合があります。
予算を決めていざ開発を依頼しようと思っても、「その予算では開発は無理です」とはねつけられることは多くあります。

もし予算や作りたいアプリの概要などがまとまっているのであれば複数の開発業者に見積もり依頼をしてみると、中には提示した予算で開発を行ってくれるところが見つかるかも知れませんし、見つからないかも知れません。

どちらの場合であっても本記事で紹介したアドバイスをぜひ参考していただけたら幸いです。

7万社以上の企業データベースを持つ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には、多彩な会社が数多く登録されていますので、お客様あらかじめ決めている予算や要望に合わせてお選びいただくことが可能です。

専門のコンシェルジュが完全無料にて対応していますのでなによりも安心です。
まずは気軽にお問い合わせしてみてください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください