facebookアプリの開発を依頼するなら知っておくべき5社

facebookアイコン

更新日:2017年10月16日 | 公開日:2015年02月26日

フェイスブックアプリ、mixiアプリ、GREEアプリなど、ソーシャルアプリ開発の市場が急速に拡大しています。
ブームに本格的に火がついた2013年に320億7,800万円であったと推定される市場規模は、2018年には588億4,500万円になると予測され、新規参入する企業も後をたちません。
今回は非ゲームユーザーの関心が最も集中する「フェイスブックアプリ開発」に的を絞って頼れる5社を紹介します。

1. 合同会社Webties

「Webties」の公式サイト
出典Webties

2. 株式会社 アジタス

「アジタス」の公式サイト
出典アジタス

3. ナレッジビーンズ株式会社SOOMA(スーマ)

「スーマ」の公式サイト
出典スーマ

スーマはiPhoneやAndroidアプリの開発にも多くの実績があり、フェイスブックアプリがスマホ市場でユーザーに実際どう使われているのかについて、さまざまな事例に精通しています。

4. 株式会社ティファナ・ドットコム

5. 株式会社BeOnTop

「BeOnTop」の公式サイト
出典BeOnTop

サービスの進展によって見えてくる新企画にも、そのつど柔軟に対応してもらえる安心感が魅力です。

【まとめ】「ビジネスと親和性の高いフェイスブックアプリ開発」に最も適した会社は

いかがでしたでしょうか。

ソーシャルアプリが爆発的に流行し、ゲームだけでなく、企業のキャンペーンやプロモーションなどでもフェイスブックアプリを使った事例がたくさん出てきています。

企業でフェイスブックアプリを活用する場合には、単にアプリをリリースするだけではプロジェクトは終わりません。
他社との差別化を図ったり、マーケティング効果の測定をきちんと行って問題点を抽出するなど、ビジネスシーンで成果を残すためにやるべき課題はたくさんあります。

そうした中で「ティファナ・ドットコム」はアプリを活用することによる「収益性の増大」に最大の注意を払っており、非ゲームユーザーを対象としたフェイスブックアプリの外注先としては最有力候補といえるでしょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください