本当に実力のあるアプリ開発業者に依頼するために必ず聞くべき3つの質問

更新日:2016年03月12日 | 公開日:2015年01月28日

この記事を読むための時間: 3分

アプリ開発業者は千差万別なので、ひとつの業者に絞り込むだけでも一苦労。どうすれば目的に合ったアプリ開発を行ってくれる業者を見つけて依頼することができるのか、と悩みのタネになることもあるでしょう。そんな時には業者に対して質問を投げかけ、その答えで判断してみるのもいいかもしれません。今回は、目的にピッタリ合うアプリ開発業者を見つけるために質問しておきたい項目3つをご紹介します。

必殺の質問1「このIT用語を説明してくれませんか?」

いかにユーザーが分かりやすいアプリを作れるか?を知るための質問です。機会があれば、制作に関わる人にあえて難しいIT用語を質問してみましょう。表現力は、そのアプリにも反映されます。また、いかに真剣に応えてくれるかでアプリ開発に対する真剣さも伝わってくるかもしれません。アプリ開発は、UIやUXが大事にされている分野です。分かりやすい説明をしてくれる業者であれば、ユーザーが使いやすいアプリ開発をする表現力を持っている可能性は高そうです。

必殺の質問2「リピーターのクライアントにはどのように言われますか?」

リピーター客をつけるほどの魅力があるのか?を知るための質問です。大手会社、中小会社に関わらず、その業者が抱えているリピーターのクライアントがいるでしょう。では、リピーター客はどんな魅力を感じて、そのアプリ開発業者を選ぶのでしょうか?コスト面やクオリティの高さなど、クライアントによって求める部分は様々です。リピーターの意見が、あなたの考えと一致していたらメリットは高いでしょう。また、リピーター客がいればいるほど、受注する側は安心ができます。

必殺の質問3「どんなアプリに注目していますか?」

他社と差別化をするアプリのアイデアを持っているのか?を知るための質問です。アプリ市場では、この瞬間もどんどん新たなアイデアが生まれています。アプリ開発業者ならば、当然のことながら研究を重ねています。アプリ開発業者が斬新な形のアプリに注目している場合は、他者と差別化できる可能性が高まります。または、シンプルながらあたたかみのあるアプリに注目している業者は、幅広いユーザーに受け入れられるアプリを作ろうとするでしょう。業者が目指す方向性と、あなたの作りたいアプリのコンセプトが一致していれば開発もスムーズです。

実力あるアプリ開発業者に依頼するために

いかがでしたか?数あるアプリ開発業者は、実力も千差万別です。普段からアプリ開発に情熱を持っている実力派に受注したいですよね。質問をすることで、その業者が普段からいかにアプリ開発のことを考えているのかも感じ取ることができます。想定外の質問にもスッと回答が出てくる場合は、日頃からよく考えていると分かるでしょう。何より、この業者と呼吸が合いそうか?を意識しながらアプリ開発業者へ質問してみてください。伝え合うコミュニケーションを生かして、希望通りのアプリ開発業者を選んでくださいね!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください