アプリ開発で失敗しないために注意すべきこと【企画編】

更新日:2016年03月11日 | 公開日:2015年04月22日

この記事を読むための時間: 3分

現在数多くのアプリがユーザーに使用されています。人気のあるアプリはダウンロード数もぐんぐん伸ばしていますが、反対に人気のないアプリはなかなかダウンロードされず、知名度も上がらないといった格差が存在しています。
では、人気が出るアプリとはどのようなアプリなのでしょうか?アプリ開発の専門家であり、多くのヒットアプリを生み出してきた弊社の秘密を、今回は特別にお教えしたいと思います!アプリ開発の企画で悩んでいる方、絶対に見て損はないですよ!


1.何ができるアプリなのかを一言でいえるか

2.あれもこれもと機能を盛り込みすぎていないか

ユーザーのためを思ってあれもこれもと機能を追加したい気持ちはよく分かります。
しかしユーザーのほとんどはメイン機能しか使いません。初期設定やカスタマイズが必要なアプリも多々ありますが、そのほとんどが利用されておらず、ユーザーにとっては邪魔なボタンと認識され、UXを下げてしまう要因になっています。
まずはシンプルに、本当に使って欲しい機能をいかに絞れるかを意識しましょう。

3.企業メリットしかない企画ではないか

4.技術的に可能かどうか、企画段階から開発会社に相談する

アプリ開発のご相談をいただく場合、相談内容は大まかに2パターンに分けられます。「企画と要件定義はできているので開発だけお願いします」というご相談と、「こういう企画を考えているのですが、技術的に可能か相談したい」という内容です。前者の場合、要件定義そのものができてない場合がほとんどで、せっかくの時間と労力が無駄になってしまいます。
会社によっては、案件として契約を結んでからでないと相談できない場合もありますが、ある程度アプリの開発が決まっていれば、企画段階から技術的な相談に対応してくれる企業もあります。
やりとりがスムーズにできるか、こちらの意図を汲み取った上でアドバイスしてもらえるかなど、契約前に確認でき、安心して開発をお願いできますので、相談するべきだと思います。
弊社スーパーソフトウエアも企画段階からご相談いただく企業がほとんどですので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください