WebページやアプリをPHPで作る理由とオススメ開発会社6選

PHPとプログラミング言語

更新日:2017年11月21日 | 公開日:2015年01月23日

インターネット上で見るWebページを作る言語はいくつかあり、有名なものでは「html」や「Perl」、「JavaScript」などがあります。

中でも昨今Web開発でよく使用されるものに「PHP」というスクリプト言語があります。

PHPはhtmlに埋め込むことができ、主に『webアプリケーションを作るのに特化した言語』です。

htmlでは対応しきれない掲示板やブログのような『内容の変化する動的ページ』を作るのにPHPが使われていて、多くの検索システムや通販サイトなどもPHPで作られています。

某有名企業のWebページでもPHPが利用されていたりします。

動的なページを作る言語は他にもありますが、なぜPHPがよく使われているのでしょうか?

1.PHPにする4つのメリット

①文法が用意で、覚えるのが比較的簡単

多くのプログラミング言語が、複雑で言語的に難しく、習得に時間のかかるものがほとんどです。

その点PHPは、htmlと同じでテキストベースで構築されているので、他の言語に比べて、比較的簡単に覚えやすく、誰でも書くことが出来るという点があります。

初心者が学び始めてから、習得して実際にページを作れるようになるまでにかかる時間の短さが魅力です。

②短期開発に向いている

コードが短く、短期開発に向いています。

環境設定も簡単なので、スピーディーな働きが必要な時にも重宝します。

③どのような種類のデータベースとも接続可能

多くのWebサーバーがPHPを使える環境を実装しているので、シェアが大きくどこでも使えるのも大きなポイントです。
ですので仕事で使うだけでなく、個人で利用する場合にも向いています。

④サーバーの負担が少ない

「CGI」に比べるとサーバーの負担がなく、実行スピードが速いというメリットもあります。

*「CGI」=ウェブサーバ上で動作するプログラムがウェブページを生成できるようにする仕組み

PHPにはPHP マニュアルがあります。
ここではインストール方法から基本構文に関する説明・関数の一覧など必要な解説が網羅されています。
わからないことはここで調べるとよいでしょう。

PHPでWeb開発をしてくれるオススメ会社6選

Webを構成するのには色々なプログラミング言語があります。
それぞれに一長一短ではありますが、以上のようにPHPは多くの利点から注目されていて、商用サイトなどでも多く使われている言語なのです。

今やパソコンだけでなく、スマホから誰でも手軽にWebページが見られます。
ですので、PHPを取り入れて、実用的かつ見やすいWebページやWebアプリケーションを作ることが、ホームページの集客や企業の生産性の向上のカギとなるでしょう。

以下では併せてPHPでのWebアプリの制作で実績のある会社もご紹介しますので、ぜひご参考ください。

アシアル株式会社

株式会社ビーアーティスト

株式会社FUSIONIA(フュージョニア)

株式会社アクシア

株式会社インフィニットループ

株式会社モンスター・ラボ

【まとめ】情報化社会において常に最新の技術を追う

何気なく見ていたWebサイトの中でも、PHPはあちこちに使われています。

日々進歩を続けるITの世界では、常に最先端を見据えることが肝となります。

パソコン・スマホの普及した情報化社会の中で、今やWebアプリケーションの利用は必須。
どんな新しい技術が飛び出すか今後もチェックしつつ、積極的に取り入れていきたいですね。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

このテーマに関連する優良会社