iOSやAndroidアプリの開発ツールに詳しい外注先として最適な信頼の3社

パソコン操作をする人

更新日:2017年09月14日 | 公開日:2016年12月11日

手軽にスマホのアプリ開発ができるツールとは?

これまではアプリ開発といえばパソコンを使用することが当たり前でしたが、いまではスマートフォンやタブレットを使って簡単にアプリが作れるプログラミング言語が不要のツールがいくつもリリースされています。
では、そんなアプリ開発ツールをいくつかご紹介しましょう。

Mobilous AppExe
iOSやAndroidのネイティブアプリを簡単に作ることができる開発ツールです。
完成したらパソコンの画面上で表示しながら、実機を使った動作テストやリリースまでもトータルで行えるクラウド型のサービスです。

Monaca
ブラウザがあれば簡単にアプリ開発ができるというクラウドベースの開発プラットフォームです。
HTML5とJavaScriptを採用したハイブリッド型であるため、iOSとAndroidのOSに対応したクロスプラットフォームなアプリ開発が可能となっています。

Yappli
こちらもiOSとAndroidの両方のアプリが作成できる、ブラウザ上でドラッグ&ドロップするだけの超簡単ツールです。
すでに数多くの有名ブランドがこのYappliを導入して、アプリ開発を行っています。

上記のように誰でも簡単にアプリを作れるツールがありますが、手の込んだものや業務用となるとそう簡単に開発できるわけではありません。
そんな時にやはりプロのアプリ開発会社に任せるのがいいでしょう。
ということで、ここではiOSやAndroidアプリ開発のツールに詳しい3つの会社を厳選しましたのでご覧ください。

1.株式会社ヘッドジャパン

主にモバイルアプリの開発、基幹システム開発、Windowsアプリケーション開発などを行っている企業です。
iPhoneやiPadのiOS、Androidをメインとしたネイティブアプリケーションの開発では安定した動作や洗練されたUI/UXなどを意識した開発を心がけています。

株式会社ヘッドジャパン紹介ページはコチラ

2.株式会社ウィズオノウェア

スマートフォンアプリ開発からWebアプリケーション開発、基幹業務系アプリケーション開発などを手掛けている企業です。
開発の経験と実績を十分に持ち合わせるとともに、実際の現場の実態を知り尽くした技術者が、あらゆる課題をしっかりと解決してくれます。

株式会社ウィズオノウェア紹介ページはコチラ

3.株式会社Nagisa

300種類以上の無料スタンプで写真の加工をしてLineやメール、Facebook、twitterで共有できる「かめカメラ」や、撮影した写真に音声を登録して世界でひとつだけのしゃべる図鑑を作成できる「おしゃべりずかん」といったカメラアプリをはじめ、これまで多くのアプリ開発を行っている企業です。

株式会社Nagisa紹介ページはコチラ

【まとめ】アイミツにはスマホアプリの開発に手腕を発揮する会社が多数!

スマホアプリの開発会社探しで迷ったら、7万社以上の企業データベースを持つ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」にぜひご相談ください。

実績も多く信頼性の高いアプリ開発会社が数多く登録されていますので、お客様のニーズにマッチした会社を確実にご紹介することが可能です。

お客様の疑問や質問などには専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでも気軽にご連絡いただければと思います。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください