高い?安い?Android版アプリ開発にかかる費用の相場について

アプリの開発過程をみる女性

更新日:2017年09月23日 | 公開日:2016年09月24日

相場はあってないようなもの?

実際にアプリ開発を行っている、ある制作会社の例を挙げるとアプリ開発費用はおよそ40万円~60万円/月で、開発の規模やそれにかかる日数、さらにはプログラマーやプロジェクトに携わる人数によって人件費も変わるため、相場はあってないようなものらしいです。

ちなみにAndroidのアプリ開発はiOSと比較すると費用が高くなるという報告があります。
それはAndroidのソースコード数(LOC)はiOSのそれよりも、一般的に長くなるためというのが理由のようです。

1.株式会社アイエンター

システム開発・構築・運用やスマートフォンアプリ企画・構築・運用、ECサイト・構築・運用(CMS・SEO各種対策)、さらには動画制作やWebサイト、ランディングページ 企画・制作など多岐にわたるサービスを提供している企業です。
サイト内では「費用について」というページを設け、金額も明確にしているので安心です。

株式会社アイエンター紹介ページはコチラ

2.株式会社プライムセオリー

主にインターネットサービスの企画・構築および運営から、Webシステムおよびモバイルシステムの開発、などを手掛けている企業です。
Androidアプリ開発ではJavaによるネイティブアプリ、PhoneGapやTitaniumなどハイブリッド型アプリ、ネイティブ+WebView型のアプリ、GooglePlayでの配信を行わないWebアプリや特定企業向けインハウスアプリ開発も対応可能です。
また、Android Wear対応アプリの開発も行っています。

株式会社プライムセオリー紹介ページはコチラ

3.株式会社マルジュ

スマートフォンアプリの開発では、広告宣伝用のゲーム系アプリやビジネスユーティリティーなどのツール系まで幅広いジャンルのスマートフォンアプリの開発が可能です。
企画の段階からスマートフォン向けサイト制作、広告配信・宣伝までサポートしてくれます。

株式会社マルジュ紹介ページはコチラ

【まとめ】Android版アプリの開発費で相場よりも低く抑えるには

アプリ開発費を相場よりも低く抑えるには、いくつかの会社から見積もりを取って比較するのが一般的なスタイルですが、会社のレベルなどがわかりにくい場合もあります。
そんな時は7万社以上の企業データベースを持つ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』をご利用してみてはいかがでしょう。

アイミツには信頼のおけるアプリ開発業者が数多く登録されており、お客様の考える予算やニーズ合わせて選ぶことができます。
アプリの制作に関しての知識を持った専門のコンシェルジュが完全無料にてさまざまな質問にもお答えしていますので、まずは気軽にお問い合わせください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください