iOSアプリをApp Storeで公開する方法・手順と開発会社をご紹介

更新日:2017年06月20日 | 公開日:2016年10月05日

開発会社ならすべてを行ってくれる

App Storeには多くのiPhoneやiPadアプリが存在していますが、Appleへの申請が通過できずに、世に出ていないアプリも数多く存在します。
アプリがリジェクトされた場合には、その理由を確認したうえで対応し、申請できるように進めなくてはなりません。

しかしこうした公開申請はアプリ開発会社に委託しているのであれば通常はすべて行ってくれます(どこまで行うかの契約によって変わります)。
そこで、今回はiOSアプリの開発からApp Storeで公開まですべてをワンストップで行ってくれる頼もしい会社をご紹介します。

1.株式会社スプリングボード

iPhone以外にもAndroidやWindows 8などスマートフォン、タブレット型端末で動作する各種アプリケーションの開発を行っています。
また、カメラやモーションセンサー、位置情報、SQLiteデータベースなどを活用した、モバイルアプリケーションも得意で、iPhone/Androidアプリケーション開発費用目安は60万円からとしています。

株式会社スプリングボード紹介ページはコチラ

2.株式会社スリーエース

京都に本社、東京にオフィスを持つシステム開発を行っている企業です。
iOSに関してはApp StoreやGoogle PlayにiOS/Androidアプリを数多く公開しており、業務向けアプリも作成しています。
企画からUIデザイン、設計、開発、マーケット申請、配信、運用までワンストップでサービス提供が可能です。

株式会社スリーエース紹介ページはコチラ

3.株式会社クロノス

主にシステム分析・設計・開発・コンサルティング、エデュケーションサービス、プロダクト・コンテンツ開発などを行っている企業です。
Webシステム、iPhone/iPad/Android等のモバイルアプリ開発で培ったノウハウで本当に価値のあるソリューションを提案しています。

株式会社クロノス紹介ページはコチラ

【まとめ】iOSにも詳しい優秀な開発会社はここにいる!

いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介した開発会社は、どこも実績があり信頼のおける会社ばかりです。

7万社以上の企業データベースを持つ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には、iOSのアプリ開発で実績を持つ多彩な会社も数多く登録されています。

お客様の考えるアプリ開発にあたってのニーズや予算、スケジュールなどをお聞きした専門のコンシェルジュが完全無料にて最適と思われる会社をピックアップしてご紹介しているので、ぜひ相談してみてください。
利用してよかったと、きっと思えることでしょう。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください