コストを抑えた工数で多くのアプリ開発を手掛けるありがたい3社

更新日:2017年06月27日 | 公開日:2016年12月11日

初めて業者にアプリ開発を依頼する際は分からないことが多く、費用がどれくらい必要なのか、スケジュールはどれくらいかかるのかなどの点で不安を感じる方も多いでしょう。
開発業者は主に工数で制作費用を算出しています。
一般的にはiPhoneアプリの方がAndroidアプリよりも工数が少ないため費用が安いといわれています。

工数見積もりは業者によって異なる

iPhoneのアプリ開発がAndroidのアプリ開発するよりも工数が少ないといわれている理由のひとつに、Androidの場合は作成する画面の種類が多いため、レイアウトに工数がかかることがあげられるようです。

業者の中にはiPhoneアプリの開発実績はあるがAndroidの制作実績は少ないといった場合があり、その分工数がかかる場合があります。いずれにしてもアプリ開発を行う業者によって工数は変わりますので、もし開発の依頼をする際は数社の業者で相見積もりを行うようにすることが大事です。

下記に、制作工数などを含めてしっかりと詳細を教えてくれる信頼できる業者をご紹介しておきます。

1.株式会社JUSTWORK

コンピュータソフトウェアの開発および技術提供や技術者派遣業務などを行っている企業です。アプリ開発に関しては、初代iPhone発売から、延べ400を超えるアプリを開発してきた実績があり、確かな技術力と工数を意識したスピード開発で多くのクライアントから高い評価を受けています。

株式会社JUSTWORK紹介ページはコチラ

2.株式会社DOKE

スマートフォンのアプリ開発、ホームページの企画、制作、運営、管理などを格安で受注している企業です。これまでに観光情報アプリやゲームアプリ、商品の管理アプリなどの開発を手掛けており、お客様の予算やスケジュールに合わせたアプリ開発を可能としています。

株式会社DOKE紹介ページはコチラ

3.SDPI株式会社

ネイティブアプリの企画から開発支援までワンストップで提供している企業です。iPhone / Androidアプリの開発のみならず、サーバサイドの開発も対応可能なため、アプリに必要なシステム全体のご提供も可能となっています。

SDPI株式会社紹介ページはコチラ

【まとめ】業者の合い見積もりを取るならアイミツへ!

アプリ開発を業者に委託しようと思われているのであれば、「アイミツ」をぜひご利用ください。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」では、お客様に最適な開発をご紹介させていただいていますので、独自で業者間の合い見積もりを取る手間を省くことができます。

また、アプリ開発に関する疑問や質問などには専門知識が豊富なコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでもお気軽にご相談いただけます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください