迷ったらここに依頼!iOSに精通しているアプリ制作厳選の3社

打ち合わせ風景

更新日:2017年09月12日 | 公開日:2016年12月11日

iOS用のアプリを作るには、Apple社の開発ツールであるXcodeを使って作成を行います。
このXcodeを動かすために、OS X Yosemiteの入ったMacが必要になります。

また、利用できるMACマシンのスペックも非常に重要で、スペックの低いものだと開発にも支障が出てしまいます。

iPhone/iPadなどのアプリ制作に必要なMACはどれ?

現在発売されているMACにはMacBook、MacBook Air、MacBook Pro、Mac mini、iMac、MacProといった種類があります。
このマシンを使えばiPhone/iPadなどのアプリ制作はできますが大事なのはその性能です。
安定した開発環境が整ったものでないと開発中にさまざまなトラブルに遭遇することになってしまいます。
そこでアプリ開発に携わった経験のあるエンジニアに聞いた快適にアプリ制作を行うためのポイントには下記のようなものが挙げられます。

アプリ制作を行うポイント
  • メモリは標準の4GBのままではなく8GB以上にする
  • 動作が遅いHDDタイプではなくSSDモデルにする
  • 作業がしにくいためディスプレイが12インチより大きいマシンにする

このようなマシン環境であれば快適にアプリ開発を行うことが可能となります。

個人でアプリ開発をする方や企業内で知識のある方が開発する場合に役立つミニ情報ですが、開発をすべて外注にまかせる際にはあまり必要のない情報かもしれませんね。

ということで、ここでは安心して発注できるiOSに精通している開発業者3社をご紹介しておきましょう。

株式会社レントラックス

SEO、SEM、集客サイト構築、Web制作、広告代理といったWebコンサルティング事業からアフィリエイトサービスプロバイダー事業などを主力としている企業です。
オフショアによるiOSやAndroidアプリの開発を実践し、企画・デザイン・開発をワンストップで行っています。

株式会社レントラックス紹介ページはコチラ

株式会社コムデ

主にWebサイト制作、タブレットPC向けサイト・アプリ制作/開発、モバイル、スマートフォン向けサイト、アプリ制作/開発などを業務展開している企業です。
お客様の求める理想とする形にするとともに、自由度、柔軟性、拡張性の高いアプリ開発を行っています。

株式会社コムデ紹介ページはコチラ

株式会社ASS

iPhone、iPadのiOSを軸としたシステム開発を行う技術屋集団ともいえる企業です。
過去の事例に裏打ちされた技術とノウハウ、そして自社アプリ開発による研究結果を活かし、お客様の希望に叶った最適なアプリを制作しています。

【まとめ】アプリ業者探しなら迷わずアイミツへ!

いかがでしたか。ここで紹介した以外にも優秀なアプリ開発業者はたくさんあります。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」にも、評判のよい、任せて安心の業者が数多く登録されていますので、お客様のニーズによってお選びいただくことができます。

専門知識を兼ね備えたコンシェルジュが完全無料にてご案内していますのでいつでも気軽にご利用ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ