iOSのアプリ開発にはなくてはならないツールの話

タブレットの上に浮かぶ様々なアイコン

更新日:2017年09月23日 | 公開日:2016年10月02日

iOSのアプリ開発を行う際にこれがなくては始まらない!というのが「Xcode」です。
XcodeはApple社が開発・リリースを行っているソフトウェアであり、macOSやiPhone、iPadのOSに特化しており、デスクトップアプリ、スマホアプリ共に制作する際には必ず使う開発ツールなのです。

iOSのアプリ開発はXcodeからはじまる

前記したとおり、XcodeはMacOSやiOSで動作するアプリを作るためのものであり、これがなければiPhoneやiPadのアプリは作ることができません。
現在App Storeには150万を超えるほどのアプリが登録されているといわれていますが、そのほとんどはXcodeで開発されたものであるとってもいいでしょう。

下記ではこのXcodeを十分に理解・精通している会社をピックアップして3社をご紹介します。

1.株式会社セットアップ

業務用パッケージの開発、ビジネスモデルの提案、スマートデバイス(スマートフォン・タブレット)に関するプロデュースおよびアプリ制作などを手掛けている企業です。
iOSを主とした開発実績も多くあり、Xcodeに関しても十分な知識を備えています。

株式会社セットアップ紹介ページはコチラ

2.株式会社想通

インターネットコンテンツ、コンピュータゲームソフトの企画・制作・販売などを行っている企業です。
アプリ開発では、これまでに知育教育系アプリやスマートフォンゲームの企画開発を手掛けた実績があり、経験豊富なUI/UXデザイナ、プランナ、プログラマで編成される開発チームが、クライアントのイメージを形にしています。

株式会社想通紹介ページはコチラ

3.株式会社ウィズオノウェア

大阪府大阪市に本社のあるスマートフォンアプリ開発やWebアプリケーション開発、基幹業務系アプリケーション開発などを行っている企業です。
スマートフォンアプリによる宣伝・集客力アップや業務効率のアップ、さらにはコストダウンなど、企業側の気持ちになってさまざまな課題を解決する提案をしてくれます。

株式会社ウィズオノウェア紹介ページはコチラ

【まとめ】「アイミツ」ならiOSに長けた業者に巡り合える!

通常アプリ開発を行っている会社はiOSにもAndroidにも対応できますが、実績としてiOSによるアプリ開発が多いという会社も中にはいます。

もしiOSに特化した会社をお探しであれば日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』にご相談ください。
『アイミツ』には、7万社以上の企業データベースがあり、登録の際には独自の調査で各企業プロフィールを作成していますので、iOSの開発に長けた会社を素早く検索してご紹介することも可能です。

専門のコンシェルジュが完全無料にてあらゆる疑問や質問にもお答えしていますので、気軽にご利用いただければ幸いです。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ