アプリ開発を行っている会社ランキングをご紹介

更新日:2017年06月23日 | 公開日:2016年10月16日

ゲーム大国となった日本

{url:https://www.appannie.com/jp/ title:App Annie}は毎年App StoreとGoogle Playを合計した、売上高(有料アプリとアプリ内課金)によるモバイルアプリ開発企業ランキングを公開していますが、2015年の1年間における売上をトランプのカードになぞった形で発表されています。

この中でトップはフィンランドにあるSupercellで、2013年にソフトバンクが買収した会社としてもニュースになったので知っている方も多いのではないでしょうか。

2位は「キャンディークラッシュ」を展開しているイギリスのKing。そして3位はなんと日本企業であるmixiと、ベスト3に入りました。
以下4位にガンホー、5位にLINEなど、上位に日本企業がランキングしています。
その他にも日本企業の名が点在し、合計で15社がこの上位52社の中にランクインしていますので、記載しておきましょう。

11位 コロプラ
12位 バンダイナムコ
14位 スクウェア・エニックス
18位 DeNA
21位 サイバーエージェント
22位 セガサミー
23位 コナミ
25位 ソニー
26位 GREE
32位 マーベラス
33位 gumi
39位 KLab

日本のスマホアプリ市場急成長中?

App Annieは、日本のスマホアプリ市場の急成長についての見解として、主に5つの要因が挙げられると分析していますのでご紹介します。
アプリ市場における日本という場所の特集性とその成長が伺える内容となっています。

【まとめ】アプリ市場の今後の動向はいかに!

App Annieが公表している「モバイルアプリ企業の世界売上ランキングの上位52社」は、2015年1月1日から2015年12月31日までのiOSとGoogle Playの合計収益をもとに算出した上位52社からなり、App StoreとGoogle Playでのダウンロード課金とアプリ内課金が対象とされています。

ランキングを見ると日本以外の中国、韓国が52社のうち28社という過半数をしめることからアジアが非常に優勢であることがわかります。

アプリ市場はさらにボーダーレス化していくことが予想されていますので、日本企業のみならず、世界中のアプリ開発会社の今後の動向が非常に気になるところですね。

7万社以上の企業データベースを持つ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には、多彩な会社が数多く登録されていますので、お客様あらかじめ決めている予算や要望に合わせてお選びいただくことが可能です。

専門のコンシェルジュが完全無料にて対応していますのでなによりも安心です。
まずは気軽にお問い合わせしてみてください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください