Android用アプリの開発費用に関する傾向と対策

スマホを操作する人

更新日:2017年09月15日 | 公開日:2016年10月11日

アプリ開発を行う際、Android用かiOS用に作るのか、それとも両方に対応したアプリを作るのかで開発費用が変わってきます。
ほとんどの開発会社は、どちらの開発も可能な場合が多いですが、会社の実績を確認すると、Android用アプリの開発実績が多く、Androidの開発を得意としている会社もあります。

この記事では、Androidアプリの開発について詳しくみていきましょう。

常に進化と増殖をし続けるAndroidアプリ

オープンソースのシステムであるAndroidはスマホ以外にもさまざまなデバイス向けにカスタマイズされるとともに、次々と新しいバージョンのOSが誕生しています。

コンシューマーからビジネス系の業務向けまでユーザーのターゲットは幅広く、アプリ開発の需要も衰えることはないようです。
そうした現状を的確に捉え、アプリ開発を積極的に行っている企業は世界中に点在しているのです。

安かろう悪かろうの見積もりにはご用心!

タイピング

ではAndroid用アプリの開発費用についての本題に入っていきましょう。

複数のアプリ開発会社にまったく同じ開発する趣意書などを提出し、それを元に見積もり依頼をすると、提案される見積もり費用は当然のように差が出るはずです。

例えば相場で1,000万円程の開発費が想定されるアプリを作ろうとした時に、3つの会社に同じ条件を見積もりを依頼したとします。
その回答として
・A社:600万円
・B社:800万円
・C社:1,000万円
という開発費用の見積もりを提案されたとします。

単純に考えると費用の一番安いA社がいいと思うでしょう。
しかし、それですぐA社に依頼してしまうのはとても危険な行為です。
アプリ開発に限ったことではなりませんが依頼した見積もり費用が安い場合、その逆に費用が高い場合などはそれなりの理由があったりするものなのです。

費用が安い場合に考えられるリスクは「品質」です。

本来作ってもらいたいと思っていたアプリの機能を理解することができなくて、正確に見積もれず安価になってしまったり、実際に開発をしても技術的な理由で想定していた機能を満たしたものを作ることができず、不完全な仕上がりになってしまう、例えて言うなら、まさに「欠陥住宅」となる可能性も高くなります。
そうしたことからも異常に安価な見積もりを提出する業者はあまり信頼しない方が賢明でしょう。

また、見積もり費用が高すぎる会社も要注意です。
工数や人件費を通常よりも上乗せして見積もる会社はいないことはありません。
そして金額の高さを指摘すると、すぐに大幅な値引きをしてくる会社なども信頼性に欠けますので、選択しない方が無難です。

【まとめ】Android用アプリに開発についてご相談ください

アプリ開発の費用に関しては大きな開きがあります。
相場もあってないようなものなので、発注者にとっては悩みどころでしょう。
しかし、もし仮にあなたがAndroid用のアプリ開発の担当をまかされた場合であってもそれほど不安になる必要はありません。
Androidを主としたアプリの開発を行っている会社は首都圏を含め全国に多数存在しているので、ネットのマッチングサイトなどを利用して複数社からアプリ開発の費用を提案してもらい比較検討してみるのがいいでしょう。

開発実績を精査して会社ごとに得意な分野などを読み取るとともにヒアリングを行い、開発に関する提案書を依頼します。
その後、提出された提案書や見積書などを吟味し、1社を決定するようにしましょう。
ただし、見積りを依頼するには、予算やスケジュールなどが確定していないと見積もることができませんので、その点の準備はしっかりとしておくように心がける必要があります。

優秀なアプリ開発会社を見つけたいのであれば、そうした傾向と対策を認識しておくことが大事です。

もしアプリの開発を行うのであれば日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』にぜひおまかせください。
7万社におよぶ企業データベースの中から、優良なアプリソフト開発会社を厳選して紹介しています。
また、アイミツのご利用はすべて完全無料ですので、安心してご相談することができます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください