知っておきたい!Android対応の広告効果測定ツール!広告の効果はツールにおまかせ!

外国人の会議風景

更新日:2017年09月27日 | 公開日:2015年08月16日

広告は人の目にとまらなければ意味がありません。
また、とまったところで売り上げにまったく繋がらないのでは、それも問題です。
facebookやTwitterなどのSNSに出している広告は本当に意味があるのでしょうか?
ここで紹介する広告測定ツールを使ってみてください。
そうすれば、あなたにとって意味のある広告とそうでないものが丸わかりになります。

●D2C

●ワンタグソリューション

●アドイノベーション

●ngi Ad Platform

●ディマージシェア

●まとめ

せっかくコストをかけて広告を出しているのです。
どの程度の効果があるのか、気にならないわけがありませんよね。
どこに出している広告に効果があって、どこに出している広告が効果がないのか、それを明確にするのが広告効果測定ツールです。

実は、このツール、数多くの会社がサービスとして発表しています。
ですので、自分で選ぼうとすると本当に迷ってしまうのですよ。
ですので、まずはここで紹介した5つのサービスに注目してください。
無料ということにこだわるのであれば、D2Cがお勧めです。
無料ツールですので、まずはこのツールを試しに使ってみる、という考えで良いです。
そして、もしも「無料ツールでは足りない」とあなたが考えるのであれば、別のサービスに目を向けていきましょう。

アフィリエイトだけでなく、TwitterやFacebookなどのSNS、他社のサイトでの広告など、広告を出せる場所はいくらでもあります。
しかし、その全てに効果があることは稀です。
どこかに無駄なコストをかけてしまっていることがほとんどなのですよ。
でしたら、その無駄な広告はやめてしまいましょうよ。
そして他にコストをかけるべき箇所により力を入れてください。
そうすればあなたのビジネスがより軌道に乗ることを保証します。
そのためにも、この広告効果測定ツールはあなたの頼れる右腕になれる存在なのです。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ