第1回「PMFって?」グロースハッカーでサービスユーザー数が100倍に!?顧客のニーズを把握せよ!

更新日:2015年06月23日 | 公開日:2015年03月07日

この記事を読むための時間: 3分

ユーザー数や売上など、アナタの会社を急成長させるヒントが凝縮!

PMFって何?

PMF(プロダクト・マーケット・フィット)とは、「サービスと顧客ニーズが完全にシンクロする状態」のことです。PMFに到達するためには製品開発とマーケティングを区別させてはいけません。マーケターは、サービス開発前のプロセスに参加する必要があります。

Case1. エアビーアンドビー(Airbnb)

エアビーアンドビーがいかにしてPMFに到達したかについて、3つの段階に分けて見ていきましょう。

1.創業者たちのアパートのリビングを貸し出し、無料で朝食を提供
立ち上げ当初である2007年のWebサイトでは、創業者たちが住むサンフランシスコにあるアパートのリビングをレンタルしていました。「エアベッドアンドブレックファスト.コム」というサイト名で、床にエアベッドを置き、宿泊客に朝食を無料で提供していました。

2.近隣大型施設で行われるイベント参加者をターゲットに、施設周辺のホテルが満室の際、代わりの宿を提供
創業者の住むサンフランシスコには大型コンベンション施設のモスコーニセンターがありました。この施設で開催されるイベントの参加者をターゲットに、モスコーニセンター周辺のホテルが満室となった際に、代わりの宿として利用してもらおうと考えました。

3.旅行者の「知人の家やユースホテル、ホテルに泊まりたくない」というインサイトを探るなど、ユーザーからのフィードバックや利用パターンを反映
利用者のインサイトや利用パターンを分析、ユーザーからのフィードバックを行い、「エアビーアンドビー・コム(Airbnb.com)」というサービス名に変更しました。無料朝食サービスを廃止し、ユーザー同士があ多様な種類の宿泊施設をオンラインで貸し借りできるサービスとしました。

今では、世界中で年間数百万件の予約が行われ、企業価値25億ドルを超える新興企業と急成長を遂げました。実は、1つ目の段階ですでにビジネスとしては成立していました。しかし、それにも関わらず、現状に満足することなく、常によりよいサービスを求めて改善していくことが重要となります。


Case2. インスタグラム(Instagram)

インスタグラムは立ち上げ当初、バーブン(Burbn)という写真機能のある位置情報を利用したソーシャルネットワークサービスとしてスタートしていました。50万ドル以上の出資を獲得しており、多くのユーザーに利用されていました。しかし、ユーザーが求めているのが「フィルター付き写真機能」のアプリ1つのみであることを把握しました。創業者たちは「どうすればこのサービスを数百万人のユーザーが使いたがるのか?」「このサービスの面白さは何か?」と考え、サービスをフィルター付き写真投稿アプリ「インスタグラム」に変更しました。その結果、立ち上げ1週間で10万人のユーザー獲得、18か月後フェイスブックに10億ドルで買収されました。
インスタグラムや上記のエアビーアンドビーは、PMFに達するまでに長時間の調査とイテレーション(短い間隔で反復しながら行う開発サイクル)を行っています。


PMFに到達するためには現状に満足することなく、いかに最良なサービスになるかを考え、実行することが重要であることがわかりました。「誰のための製品?」「なぜこの商品を購入するの?」「どうしたらもっと使いたいと思う?」など、自分とユーザーにしつこく聞いてみましょう。その際、A/Bテストやwebアクセス分析ツール、アンケート作成サービスなどを利用すると、効率的にPMFを獲得することができます。

急成長した多くの企業は、PMFの到達で立ち止まりません。製品が自ら成功を呼ばないからです。「どうしてこんなに良い商品・サービスなのに売れないんだろう」という悩みを抱える方が多くおられるかと思います。次の記事で、良い商品・サービスに足りないものは何かを明らかにし、悩みを解決しましょう!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください