あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

セキュリティ対策が万全なワークフローシステム9選

ワークフロー

業務効率アップを期待できるワークフローシステム。導入を検討している方は多いと思います。しかし、どれを選べばいいのか、セキュリティ対策はしっかりしているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのセキュリティ対策に優れたワークフローシステムを厳選してご紹介!ワークフローシステムを選ぶ際のポイントも解説します。信頼できるワークフローシステムをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

ワークフローの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.ワークフローとは

ワークフローとは、業務における一連の流れを意味します。例えば申請書を作成した場合、どこに提出するのか、誰が承認するのかが決まっており、順を追って手続きを踏む必要があります。この一連の流れをワークフローと呼ぶのです。

ただすべての業務をアナログな方法で行うと、非効率的だったり管理コストがかかったりするデメリットがあります。紙の申請書などをデジタル化し、業務効率をアップさせるシステムがワークフローシステムです。本記事では、おすすめのワークフローシステムを9種類ご紹介するので参考にしてください。

2.セキュリティ対策が万全な格安のワークフローシステム3選

まずはじめに、セキュリティ対策が万全な格安のワークフローシステムをご紹介します。

2- 1. ActionPassport

株式会社イーネットソリューションズ
出典:株式会社イーネットソリューションズ https://www.actionpassport.jp/

ActionPassport(アクションパスポート)は、イーネットソリューションズが提供するワークフローシステムです。各種申請に関連するさまざまな機能が搭載されており、データ集計などにも対応。またサービス環境を24時間にわたって監視しているので、セキュリティにこだわりたい方におすすめでしょう。
料金プランに関しては、クラウド型とパッケージ型の2種類を用意。クラウド型の場合、初期費用0円、1ユーザーあたりの月額料金500円(税別)でサービスを利用できます。リーズナブルな価格設定なので、コストを抑えたワークフローシステムの導入が可能です。
サポート体制に注力しており、管理者向けの研修メニューを用意。業務効率アップが期待できるでしょう。一般企業以外の教育機関でも導入されており、幅広いクライアントのニーズを満たしてくれます。

設立年
2000年
従業員数
30-99人
会社所在地
石川県金沢市上堤町1-12 金沢南町ビルディング 8F
電話番号
076-265-1221

2- 2. ジョブカンワークフロー

株式会社Donuts
出典:株式会社Donuts https://wf.jobcan.ne.jp/

ジョブカンワークフローは、Donutsが提供するワークフローシステムです。申請に関する業務はもちろん、バリエーション豊富な通知機能、スマホ対応など幅広い機能が搭載されています。また、個人情報保護マネジメントシステムの「ISO 27001」を取得しており、安全性も抜群。
最大の特徴はリーズナブルな価格設定。中・小規模の企業の場合、1ユーザーあたりの月額料金が300円(税別)。初期費用やサポート費用にいたっては0円です。ジョブカン経費精算とセットなら、月額600円(税別)で両サービスを利用できます。30日間の無料トライアルもあり、はじめてワークフローシステムを導入する方におすすめでしょう。
また無料アカウントの発行が1分で完了し、最短即日で運用をスタートできます。トラブルの際もカスタマーサポートが迅速に対応してくれるので安心です。

設立年
2007年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8階

2- 3. Create!Webフロー

インフォテック株式会社
出典:インフォテック株式会社 https://www.createwebflow.jp/

Create!Webフローは、インフォテックが提供するワークフローシステムです。申請や承認・決裁といった基本機能はもちろん、フォーム作成や申請ルート設定まで、幅広い業務の電子化を実現できます。まるで紙のような申請書をデザインする事が可能で、直感的な操作ができる点もポイント。通信を暗号化できるSSL/TLSを環境に設定でき、セキュリティ対策でも安心できるでしょう。
クラウド型の場合、1ユーザーあたりの月額料金は500円(税別)。初期費用は0円に設定されており、コストを抑えつつワークフローシステムを導入できます。年額プランなら、1ヶ月分お得な5,500円(税別)で利用可能です。
日通商事や高田製薬など、有名企業との取引経験があります。金融・教育・製造といった幅広い業界で利用されているサービスなので、クライアントのニーズをしっかりと満たしてくれるでしょう。

従業員数
100-499人
会社所在地
東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア10階
電話番号
03-3360-6511

ここまで、セキュリティ対策が万全な格安のワークフローシステムを3種類ご紹介しました。リーズナブルな価格設定のサービスなら、コストを抑えつつ業務効率の改善を期待できます。中には初期費用やサポート費用が0円のケースもあり、はじめてワークフローシステムを導入する方におすすめです。

もし、「もっと他のワークフローシステムも比較したい」という場合は、一括見積もりをご利用ください。

3.セキュリティ対策が万全な人気のワークフローシステム3選

次に、セキュリティ対策が万全な人気のワークフローシステムをご紹介します。

3- 1. ワークフローEX

株式会社Knowlbo (ナルボ)
出典:株式会社Knowlbo (ナルボ) https://www.workflow-ex.jp/

WorkflowEXは、Knowlbo(ナルボ)が提供するワークフローシステムです。申請・承認・決裁など基本的な機能が搭載されており、捺印署名といった業務にも対応できます。電子化された情報の暗号化や申請した稟議書などの改ざんチェックなど、セキュリティ対策もしっかりしているので安心でしょう。
最大の魅力は豊富な導入実績。富士ソフト、西松屋チェーン、サイゼリヤといった一般企業の他に、静岡県庁でも利用されています。人気のワークフローシステムをお探しの方にぴったりです。
申請フォームがExcelになっているのもポイント。稟議文書などを簡単に電子化できます。データの連携や集計も可能で、業務効率アップが期待できるでしょう。またメールで申請・承認作業を行うことができ、決裁ルートのバリエーションを整備できるのも魅力です。

設立年
1985年
会社所在地
東京都渋谷区広尾1-10-4 越山LKビル2F
電話番号
03-5793-5666

3- 2. Gluegent Flow

サイオステクノロジー株式会社
出典:サイオステクノロジー株式会社 https://www.gluegent.com/service/flow/gs-ms/

Gluegent Flowは、サイオステクノロジーが提供するクラウド型ワークフローシステムです。申請や承認・決裁、共有まで幅広い機能が搭載されています。操作性がシンプルなので使いやすい点も特徴。また、クラウドセキュリティの国際規格である「ISO 27017」 を取得しているため、セキュリティ面でも安心できるでしょう。
東京ハンズや象印マホービンなど、有名企業で導入されている点もポイント。情報・通信業や建設業、宿泊業など、幅広い業界での取引経験があります。人気のワークフローシステムをお探しの方にぴったりでしょう。
料金プランに関しては、1ユーザーあたり月額300円(税別)。コストを抑えながら業務効率アップを期待できます。サポート体制もしっかりしているので、はじめてワークフローシステムを導入する方も安心です。

会社所在地
東京都港区南麻布2-12-3サイオスビル
電話番号
03-6401-5111

3- 3. OZO3 フォームデザイナー

株式会社ITCS
出典:株式会社ITCS https://manage-cloud.jp/product/designer/

OZO3 フォームデザイナーは、ITCSが提供するクラウドサービスです。Excelフォームを利用できるワークフローシステムで、申請経路の設定やリストビューなど、さまざまな機能が搭載されています。セキュリティ対策では、通信回線上にWAFを設置するなど、しっかりしたクラウド運用の基盤を構築できるでしょう。
またOZO3 フォームデザイナーを含むManageOZOシリーズはさまざまな企業で導入されています。その数実に650社25万ライセンス。ワークフローに関しては、一般財団法人の中部電気保安協会にて導入。信頼性の高いワークフローシステムをお探しの方にぴったりでしょう。
料金プランに関しては、1ユーザーあたり月額500円に設定されています。勤怠や給与明細といった他のサービスも月額数百円で導入可能。幅広いクライアントのニーズを満たせるでしょう。

設立年
1995年
従業員数
30-99人
会社所在地
愛知県名古屋市中村区名駅南1-17-29 広小路ESビル8F
電話番号
052-217-2488

セキュリティ対策が万全な人気のワークフローシステムを3種類ご紹介しました。導入実績が豊富な企業なら、それだけ多くのクライアントに支持されていることになります。人気のワークフローシステムをお探しの方は参考にしてください。

また、導入実績の豊富さは、信頼性の高さを現していることも。できるだけトラブルを避けたい場合にぴったりの基準でしょう。もっとたくさんのワークフローシステムをお探しの方は、一括見積もりをご利用ください。

4.セキュリティ対策が万全な連携に強いワークフローシステム3選

次に、セキュリティ対策が万全な連携に強いワークフローシステムをご紹介します。

4- 1. 楽々WorkflowII Cloud

住友電工情報システム株式会社
出典:住友電工情報システム株式会社 https://www.sei-info.co.jp/workflow-cloud/

楽々WorkflowII クラウドサービスは、住友電工情報システムが提供するワークフローシステムです。楽々WorkflowIIのクラウドバージョンで、完璧なバックアップ、サーバメンテ不要、万全なセキュリティ対策といった特徴があります。申請書類の電子化や、経費・旅費計算などに対応可能です。
また、既に利用の社内システムとwebAPIを活用して、連携することも可能。ネットワークに繋がった外部システムから、楽々WorkflowII クラウドサービスに申請登録や進捗管理、決裁結果の確認などができます。
そのほか、日本語の他に英語や中国語表記が可能といった点も魅力的。中国語の申請業務を日本語で承認するといった作業が可能です。1ユーザーあたり月額500円(税別)という価格設定で、比較的リーズナブルに運用できます。

設立年
1998年
従業員数
500-999人
会社所在地
大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル5階
電話番号
06-6394-6751

4- 2. aipo workflow

TOWN株式会社
出典:TOWN株式会社 https://aipo.com/apps/workflow/

aipo workflowは、TOWNが提供するワークフローシステムです。シンプルなインターフェースが特徴的で、年代に関わらず直感的に操作できます。申請や承認といった基本的な機能はもちろん、申請経路などのテンプレート化も可能。IPアドレス制限やバックアップ体制の構築などセキュリティ対策に注力しており、大企業や官公庁も安心の水準です。
またAipo(アイポ)のサービスは連携に強いといった魅力があります。iCloudカレンダーやGoogleカレンダー、Slackなど、さまざまなサービスと連携可能。価格は、ワークフローのみなら1ユーザーあたり月額100円(税別)で、30日間の無料トライアルも存在します。一度ワークフローシステムを試してみたいという方にぴったりでしょう。もちろん他のAipo製品を追加することも可能です。

設立年
2004年
会社所在地
東京都中央区新富1-8-9 THE GATE GINZA EAST 7F

4- 3. SmartDB

株式会社ドリーム・アーツ
出典:株式会社ドリーム・アーツ https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/

SmartDB(スマートデービー)は、ドリーム・アーツが提供するワークフローシステムです。大企業向けのサービスで、ユーザー数50万人を誇ります。入力フォーム作成が手軽という特徴があり、ノーコードにも対応しているので初心者でも安心。「ISO 27017」を取得しているので、セキュリティ対策面で信頼できるのも魅力と言えるでしょう。
またMicrosoft 365やCloudSign、Salesforceなど外部連携に優れています。オリジナルの業務アプリケーションの作成が可能です。
各種セミナーを開催しており、はじめてワークフローシステムを導入する場合にぴったりでしょう。30日間の無料トライアルも存在するので、「とりあえずサービス内容を試してみたい」という方におすすめします。

設立年
1996年
会社所在地
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー29F
電話番号
03-5475-2501

ワークフローの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.ワークフローシステムの選び方のポイント

最後に、ワークフローシステム選びのポイントをご紹介します。

従業員が手軽に利用できるかチェックする

ワークフローシステムを選ぶ際、従業員が手軽に利用できるかどうかをチェックしましょう。手続きの流れがアナログからデジタルに変わることで、スムーズに移行できない可能性もあります。

業務効率アップを目的にワークフローシステムを導入した結果、従業員のミスやオペレーションにコストがかかってしまうと本末転倒。シンプルで操作性に優れているサービスも多いので、注意して調べてみると良いでしょう。

必要な機能が揃っているかを確認する

さまざまな種類が存在するワークフローシステム。導入してみて、自社の運用にマッチした機能が無かったということも避けるべきです。企業ごとにサービス内容が異なるので、必要な機能が揃っているか確認しておきましょう。

「自社での運用を想定する」ことを心がけると、どのような機能が必要かはっきりするのでおすすめです。どうしてもわからない場合は、専門家の意見を参考にしましょう。また、資料を取り寄せて検討するのも良い方法です。

6.【まとめ】ワークフローシステム選びで迷ったら

今回は、セキュリティ対策が万全な9種類のワークフローシステムをご紹介しました。

業務効率アップが期待できるワークフローシステムは、適切に導入できると非常に効果的です。しかし、サービス内容が複雑過ぎたり、必要な機能が揃っていなかったりすると、余計な作業を増やすことにつながります。

もし、「より多くのワークフローシステムを知りたい」という場合は、資料請求を利用すると良いでしょう。さまざまな種類を比較することで、自社にマッチしたワークフローシステムを見つけることができます。

ワークフローの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

ワークフロー探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

ワークフロー セキュリティのワークフローサービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

ワークフロー セキュリティでワークフローサービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

ワークフローシステムを使うことで、従来の紙媒体の文書で受け渡しをして、申請、承認、決裁を行っていた人的作業を効率的に行うことができます。様々なシ ステムの中から自社に合うものを探す際には、まず、どのような機能があるかをチェックします。申請、承認、決裁の機能は基本的に備わっていますが、メール 通知、督促、差し戻し、ログ集計などの機能がシステムによって異なります。また、業務基幹システムや会計システムなどの他のシステムとの連携やCSVデー タやPDFファイルなどの出力が可能であるかも確認しておきましょう。気密性の高い文書のやり取りを行うため、セキュリティ面の確認は必須になります。改 ざんが起こりにくく、情報漏えい対策が施されているかをチェックしましょう。料金を確認する際には、製品価格、ライセンス料金以外に保守費用や設置作業料 などが別途請求であるかの確認も必要です。

ワークフローの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

ワークフローの見積もりが最短翌日までにそろう