あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

福利厚生代行サービス6選を厳選比較

福利厚生代行を厳選比較

少子高齢化社会の日本では、労働人口の減少は深刻な問題です。また、終身雇用制度が一般的だった時代と比較すると、人材の流動化が起こり優秀な人材の確保に苦労している企業も少なくありません。そんな中、あらためて注目されているのが福利厚生です。

本記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめの福利厚生代行サービスをピックアップ!福利厚生代行サービスを導入するメリットや選び方のポイントなどもご紹介します。

「福利厚生を充実させたいけれど、費用はあまりかけられない」「全従業員に公平なメニューを準備したいが手間はかけられない」などの悩みを解決したい企業の方は、ぜひこの記事を参考に自社にあった福利厚生代行サービスを見つけてみましょう。

目次
このページについて

福利厚生代行の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

1.福利厚生代行サービスとは

福利厚生とは、企業が従業員に対して給与以外に支給するサービスです。「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2つに分けられます。
法定福利厚生:法律上、企業に義務付けられている 例:社会保険料など
法定外福利厚生:企業が任意で実施する 例:財産形成、社宅・独身寮の提供、育児や介護サポートなど

本記事で紹介する「福利厚生代行サービス」は、企業が任意で実施する法定外福利厚生を代行して提供するサービスです。福利厚生代行サービスの種類は大きくわけて3つあります。なお、下記はあくまで一例であり、実際の契約形態や料金設定などはサービスによって異なります。

パッケージ型:従業員はメニューにある割引などのサービスを自由に受けられる/導入企業は、サービス範囲を選択し1名単価×人数分を支払う

カフェテリアプラン:従業員は与えられたポイントの範囲内で、利用したい福利厚生メニューを自由に選択できる/導入企業は、1名単価にポイント原資をプラス×人数分を支払う

ポイント型:従業員は「ありがとう」の感謝を伝えあうなどの行動によってポイントを蓄積し、貯めたポイントを用意されたメニューと交換できる/1名単価にポイント費用を加算×人数分支払う

このように福利厚生代行サービスは、さまざまな種類があります。一般的に多くの方がイメージする福利厚生といえばパッケージ型でしょう。また、独自のコンセプトに基づいたポイント型やカスタマイズ性の高いカフェテリアプランも多くの企業に導入されています。提携サービスは、グルメや旅行、介護・育児支援などさまざま。福利厚生サービスそれぞれの特徴を比較し、自社にあったサービスを選定しましょう

アイミツでは、福利厚生代行サービス選びでお悩みの方向けに、一括見積もりも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

2.特におすすめの福利厚生代行サービス2選

それでは、数ある福利厚生代行サービスの中から特におすすめのものをご紹介します。

2- 1. Smileボーナス

株式会社アスマーク
出典:株式会社アスマーク https://www.asmarq.co.jp/humap/smile/

アスマークが提供する「Smileボーナス」は、従業員による従業員のための組織内コミュニケーションツールです。普段日の当たることのない貢献や感謝を可視化することができ、テレワークなどで発生するコミュニケーション不足や連帯感低下の解決にも寄与します

主な機能3つのうちの1つ目はサンクス機能です。オープンな場で感謝を伝えることができる上、他の人の投稿に「共感」することでエンゲージメントが向上します。2つ目はポイント機能です。感謝の気持ちはポイントとして蓄積され、新たなモチベーションのきっかけになります。貯まったポイントは給料への還元や商品券との交換、休暇の付与など組織風土にあわせて自由に設定できるため、福利厚生としても機能します。3つ目はダッシュボード&ハイライト機能です。数値化されたSmile数や利用状況をいつでも閲覧することができます。

利用料金は、導入サポートを含む初期費用が25万円、1ヶ月のシステム費用は1アカウントあたり350円です。オプションで社内向けの導入説明会の代行も依頼できます。組織内コミュニケーションに課題を抱えている企業の方は、まず一括見積もりをしてみましょう。
※2020年12月31日までに申込完了した場合、初期費用は無料

設立年
2001年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区東一丁目32番12号 渋谷プロパティータワー4階
電話番号
03-5468-5101

2- 2. 福利厚生倶楽部

株式会社リロクラブ
出典:株式会社リロクラブ https://www.reloclub.jp/fukuri/fukurikouseiclub/

リロクラブが提供する「福利厚生俱楽部」は、導入企業数No.1(「旬刊福利厚生」2020年6月下旬号データ)の福利厚生サービスです。モットーは「中小企業にも大企業並みの福利厚生を」。低コストで充実した福利厚生制度の構築・導入ができると多くの企業に支持されており、導入実績は1万2,600社を誇ります。
従業員の多様なニーズに対応する幅広いサービスが特徴のひとつ。子育てや介護サポート、家事代行をはじめ、資格取得・自己啓発サポート、住宅やお金に関する相談、おうち時間を充実させるためのメニューを用意しています。全国の営業拠点で会員の声をもとにメニュー開発に取り組み、利用しやすいサービスであり続ける努力をしている点も魅力でしょう。
料金は、規模とプランによって異なります。プラチナプランの場合、100名未満は入会金3万円と月会費が1名あたり1,000円。1,000名未満は、入会金5万円と月会費1名あたり900円です。さらに、ポイント型サンクスカード、健康アプリやビジネスチャットなどのオプションサービスも用意されているため、興味のある方は一括見積もりをとってみましょう。低価格で充実した福利厚生サービスを導入したい中小企業の方に特におすすめです。

設立年
2001年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都新宿区新宿四丁目2番18号
電話番号
03-3225-1730

3.おすすめの福利厚生代行サービス4選

つづけて、4つの福利厚生代行サービスをご紹介します。

3- 1. ベネフィット・ステーション

株式会社ベネフィット・ワン
出典:株式会社ベネフィット・ワン https://bs-service.benefit-one.co.jp/

ベネフィット・ワンが提供する「ベネフィット・ステーション」は、従業員満足度を高めると同時に生産性の向上を実現する福利厚生代行サービスとして知られています。
オールインワンのアウトソーシングサービスなので、人事担当者の負担を大幅に軽減。導入後のサポート体制も整っているため、継続的にフォローを受けたい企業にもおすすめです。
全国47都道府県で利用できるサービスの種類はなんと140万件以上。福利厚生支援、健康支援、教育・研修支援の範囲をカバーする総合福利厚生サービスです。導入実績も豊富で、これまでに1万2,300社以上の大企業や中小企業などさまざまな規模、業種の企業に導入してきました。
料金プランは2種類あります。すべてのサービスが対象の「学トクプラン」は、1名あたり月額1,200円。教育・研修支援を除いた「得々プラン」は、1名あたり月額1,000円です。
・カフェテリアプランあり

設立年
1996年
会社所在地
東京都千代田区大手町二丁目6番2号 JOB HUB SQUARE9階
電話番号
03-6870-3918

3- 2. えらべる俱楽部

株式会社JTBベネフィット
出典:株式会社JTBベネフィット https://jtb-hrsolution.jp/service/welfare/elavelclub

JTBベネフィットが提供する「えらべる俱楽部」は、企業価値の向上と従業員のくらしを応援する福利厚生代行サービスです。従業員にきちんと利用される福利厚生サービスを導入することを大切にしているため、組織ごとのニーズにあったプラン設計をしてくれます
豊富なプランから予算に合わせて費用や内容を選択できるので安心です。従業員や家族からの問い合わせ対応や情報発信も代行してくれるので、人事担当者の負担軽減にもつながります。
また、導入後には利用実績を報告してくれるので、定期的に自社に必要なサービスや不要なサービスを見極め柔軟に改善できるのも魅力でしょう。料金については要問い合わせです。メリーチョコレートカムパニーをはじめ、これまでに多くの企業に導入されています。
・カフェテリアプランあり

設立年
2000年
会社所在地
東京都江東区深川2-7-6 ネクストサイト深川ビル6階
電話番号
03-5646-5526

3- 3. WELBOX

株式会社イーウェル
出典:株式会社イーウェル https://www.ewel.co.jp/category/service/welbox/p737/

イーウェルが提供する「WELBOX」は、パッケージ型の福利厚生サービスです。コストをあまりかけずに充実した福利厚生メニューを導入したいという企業におすすめで、20~60代まで幅広い年齢層にマッチする豊富なメニューを用意しているのが特徴です。提携している全国の施設やサービスを従業員が自由に選択可能。パソコンはもちろん、スマホアプリでサービスを検索することもできます
無料オプションの内定者向け「WELBOX for Freshers」を活用すれば、会社への信頼感や帰属意識を高め内定辞退の抑制につなげることが期待できるでしょう。無料のeラーニングを受講させることも可能です。料金プランは要問い合わせですが、予算に応じてカスタマイズできます。
・カフェテリアプランあり
・ポイント型あり

設立年
2000年
会社所在地
東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル
電話番号
03-3511-1445

3- 4. ライフサポート俱楽部

リソルライフサポート株式会社
出典:リソルライフサポート株式会社 https://www.fukuri-resol.jp/fukuri.html

リソルライフサポートが提供する「ライフサポート俱楽部」は、手間とコストをできるかぎり抑えながらも、充実した福利厚生制度を導入したい企業におすすめの福利厚生代行サービスです。
提供するメニューは、旅行やレジャーなどの余暇支援をはじめ自己啓発や健康増進サポート、介護・育児支援などさまざま。利用できる地域や世代が偏らない多様なサービスを取り揃えており、これまで2,000社以上の企業へ導入してきました。
料金プランは、従業員100名以上の会社であれば1年ごとの契約になります。入会金無料、1名あたり月額350円が基本料金、補助金額を任意で設定します。従業員が100名未満の企業は、入会金45万円~、年会費は2万円です。こちらは5年単位の契約になります。※税抜き
・カフェテリアプランあり

設立年
2007年
会社所在地
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア
電話番号
0120-330-278

4.福利厚生代行サービスを導入するメリット

福利厚生代行サービスを導入したら、どのようなメリットがあるのでしょうか。5つに分けて解説します。

優秀な人材の確保や定着率向上に効果がある


福利厚生型家事シェアサービス「ショコラ」を提供するパーソルテクノロジースタッフによる意識調査では、「転職先の会社を探す際に重要視するポイント」として25~29歳の42%が福利厚生をあげています。年代によって順位は異なりますが、25~29歳では給与に次ぐ第2位で第3位が仕事内容という結果です。このように福利厚生が従業員から重要視されていることからも、人材の確保や定着率の向上につながる大切な要素のひとつであると言えるでしょう。
出典:パーソルテクノロジースタッフの意識調査より

従業員の満足度向上につながる


福利厚生代行サービスは、従業員の満足度向上にもつながります。ロンドンに本社を構えるPageGroup PLCの日本支社マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパンの調査によると、日本で働く約300名の会社員にアンケート調査を行った結果、96%が「福利厚生は大切だと感じている」と回答しています。テレワークの導入やワークライフバランスの推進など働き方改革に加え、働きやすい魅力ある環境を整備することが大切だとわかるでしょう。
出典:マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパンの調査より

従業員の健康維持・管理に貢献できる


従業員の心身の健康を維持し、健全な職場環境を保ちたいとどの企業も考えていることでしょう。しかし、メンタルヘルスケアを自社で行い不調を未然に防ぐ難しさに直面しているケースは少なくありません。福利厚生代行サービスを利用すれば、効率的に従業員の健康維持をサポートでき、エンゲージメントの向上も期待できます

充実した福利厚生を低コストで整備できる


多岐にわたる福利厚生メニューの中から、自社に取り入れるべきものは何かを1つひとつ見つけ出して比較し契約までするのは時間と手間、さらには膨大なコストがかかってしまいます。しかし、福利厚生代行サービスを活用すれば、1社と契約するだけで複数のサービスを受けることができます。例えば、契約した福利厚生代行サービスに健康促進のためのスポーツジムの割引があるとします。スポーツジムも複数から選択できる場合がほとんど。つまり、低コストで多様な選択肢を従業員に提供できるのです。

節税効果につながる


本記事で紹介している法定外福利厚生(企業が任意で導入する福利厚生)は、税法上「福利厚生費」として計上します。この福利厚生費は非課税のため、節税につながるというメリットがあります。従業員の給与額を増やした場合、それに伴い支払うべき所得税なども上がります。つまり年収を50万円増やしたとしても、従業員の手取り額がそのまま50万円増えるわけではありません。しかし、50万円を福利厚生費として計上できた場合には、税金負担額は増えずに充実した福利厚生サービスを従業員に受けさせることができます。
※法定外福利厚生がすべて福利厚生費として計上できるとは限りません。
出典:国税庁ホームページより

5.福利厚生代行サービスを選ぶポイント

数ある福利厚生代行サービスから、自社に合ったものを選ぶポイントを3つ紹介します。

導入の目的に合致しているか


福利厚生代行サービスを導入する際には、自社の目的に合致するものを選ぶことが大切です。導入の目的が、従来のサービスからのコスト削減なのか、従業員満足度を高め人材確保をするためなのかなど、目的によって選ぶ基準は変わってくるでしょう。また、福利厚生代行サービスによって提供メニューはさまざまなので、例えば従業員の健康管理をしっかり行いたい場合には、健康増進に関するメニューが豊富かどうか確認する必要があります。

料金は適切か


料金体系も福利厚生代行サービスによってさまざまです。例えば、パッケージ型の場合には、入会金に加え、1名あたり月会費〇円と料金設定されている場合がほとんどなので、将来的な人員計画とあわせてコストを確認しておきましょう。しかし、料金が安いという理由だけで選んでしまい希望しているメニューが利用できなければ、本末転倒です。コストはもちろん、従業員に使われるメニューかどうかなども確認して総合的にマッチするサービスを選びましょう。

十分な実績や継続性は期待できるか


福利厚生は、基本的に1年スパンなど短い単位で契約先を変更したり、制度を停止するものではありません。導入時には、長期的に利用できるサービスかどうか、導入実績なども参考にきちんと比較検討することが大切です。もちろん、導入実績が多いことだけを理由に決めるのも正解ではありません。サービスリリース直後で十分な実績がなくても、自社に一番マッチすると判断できればそれを選ぶのもいいでしょう。後発の方が使いやすいサービス設計になるよう工夫されていたり、コストパフォーマンスに優れていたりすることもあるからです。このように、長期的に使える可能性が高いかどうかという視点を、頭の片隅にいれておくとよいでしょう。

6.【まとめ】自社にあった福利厚生代行サービスを導入しよう!

おすすめの福利厚生代行サービスの紹介と、導入するメリットや選ぶポイントを解説してきました。

福利厚生サービスを充実させることは、優秀な人材の確保や従業員の満足度向上につながるなど企業にとって重要な施策であることがお分かりいただけたことでしょう。しかし福利厚生サービスの導入には、膨大な時間と手間、コストがかかることも。

そこで、スムーズかつ低コストで導入可能な福利厚生代行サービスの活用がおすすめです。自社にあった福利厚生代行サービスを導入して、効果的かつ戦略的な福利厚生の整備を実現しましょう。

アイミツ」は福利厚生代行サービスの一括見積もりや情報提供が可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください

福利厚生代行の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

福利厚生代行探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

おすすめの福利厚生代行サービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

おすすめで福利厚生代行サービスをお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

利厚生代行・アウトソーシングとは、健康面などのライフサポートからレジャー施設までの福利厚生サービスを、企業に代わって提供することです。企業にとっては様々な分野のサービスが提供でき、事務の負担を軽減してくれるメリットがあります。非営利団体と民間企業がそれぞれサービスを提供しています。非営利団体は、民間企業よりも若干月額費用が安く、地域に密着した内容となっています。民間企業は、自社のノウハウをベースに特色あるサービスを提供しています。その提供形態には、パッケージサービス、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)、補助金制度併用の3つのタイプがあります。アウトソーシングする団体や企業を選ぶ際には、契約者の家族、友人も利用可能かどうか、利用促進など加入後のフォロー体制が充実しているかなどを確認し、自社に最適な福利厚生を見極めてアウトソーシングしましょう。

福利厚生代行の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

福利厚生代行の見積もりが最短翌日までにそろう