業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

福利厚生代行・アウトソーシング

最適業者がスグに見つかる

利厚生代行・アウトソーシングとは、健康面などのライフサポートからレジャー施設までの福利厚生サービスを、企業に代わって提供することです。企業にとっては様々な分野のサービスが提供でき、事務の負担を軽減してくれるメリットがあります。非営利団体と民間企業がそれぞれサービスを提供しています。非営利団体は、民間企業よりも若干月額費用が安く、地域に密着した内容となっています。民間企業は、自社のノウハウをベースに特色あるサービスを提供しています。その提供形態には、パッケージサービス、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)、補助金制度併用の3つのタイプがあります。アウトソーシングする団体や企業を選ぶ際には、契約者の家族、友人も利用可能かどうか、利用促進など加入後のフォロー体制が充実しているかなどを確認し、自社に最適な福利厚生を見極めてアウトソーシングしましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

福利厚生代行・アウトソーシング業者一覧

25件中110件の業者を比較中

提供会社

注目このサービス(福利厚生リラクゼーションサービス オフィスGoo-it!)の詳細

従業員の疲れを癒すオフィスGoo-it!(グイット)。企業・法人の福利厚生として社内、もしくは各種イベントにリラクゼーションサービスを派遣します。当社は都内6店舗にてリラクゼーションサービスを低価格にて提供しております。各種イベントや福利厚生としてのリラクゼーション派遣はご相談ください。

提供会社

注目このサービス(チケットレストラン(福利厚生食事補助制度))の詳細

充実した福利厚生サービスを低コストでご提供する「アソシエ倶楽部」。健康・育児・介護などのライフサポートからリゾート&トラベル、持ち家推進まで地域間格差なくサポートする福利厚生代行、アウトソーシングサービスです。

提供会社

注目このサービス(ウェルリンク)の詳細

ウェルリンクでは職場のメンタルヘルス対策を強力にサポートいたします。メンタルヘルスのサービスや心とからだの健康チェックSelfの紹介など、心とからだの健康づくり、人が活き活き働ける組織づくりをサポートします。

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

福利厚生代行・アウトソーシング会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 最適な運営主体を選択する

    どのような目的なのかを明確にして、最適な運営母体を選ぶことが重要!
    福利厚生代行サービスは非営利団体主体のものと民間企業主体のものがあります。どちらも健康面などのライフサポートからレジャー施設まで、総合的な福利厚生サービスを提供しています。非営利団体のサー… 続きを見る

  • POINT 2 サービスのタイプで選ぶ

    3つのタイプのサービスプラン、自社の目的に合わせたプラン選択を。
    福利厚生代行サービスには、パッケージサービス、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)、補助金制度併用の3つのタイプがあります。 <福利厚生代行の3つのタイプ>  パッケージサー… 続きを見る

  • POINT 3 サービス内容で選ぶ

    何を目的とするのかで、サービス内容の選び方は大きく変わる!
    <福利厚生サービスの種類>  住宅、社宅、寮、引越、賃貸管理・仲介、住宅相談、リフォームなど  医療、健康:健康診断、人間ドック、メンタルヘルス、フィットネスクラブ、カウンセ… 続きを見る

  • POINT 4 費用体系で選ぶ

    自社の予算に応じたアウトソーシング先の選定を。
    入会金は従業員数や運営主体によって数万円から100万円程度まで大きな開きがあります。入会金が運営主体によって様々な価格帯があるのに対して、各団体・会社の月額利用料は、従業員1人当り300〜1,000円… 続きを見る

  • POINT 5 知人利用可否で選ぶ

    従業員の満足度を高めるための福利厚生代行サービスの選択を。
    知人利用可否とは、契約者の家族、友人もサービス利用が可能かどうかということです。レジャー施設などを一人で利用するのでは、心身のリフレッシュや家族サービスとしての目的が果たせず、従業員にとっ… 続きを見る

  • POINT 6 フォロー体制で選ぶ

    利用促進など加入後のフォロー体制の充実度で選ぶ!
    福利厚生代行サービス導入後、従業員への周知を進めてきたが、利用がほとんど無いのでは、福利厚生を生かしていることにはなりません。アウトソーシング先の中には、従業員の各種サービスの利用を促進し… 続きを見る

福利厚生代行・アウトソーシング会社に関する関連記事

最終更新 2015年10月3日