業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

Ruby開発の優良業者

システム開発

最適業者がスグに見つかる

WEBシステム・ソフトウェア開発とは、簡単に言うと、Webブラウザで閲覧できるようにするシステムやまた、そのプログラムを開発する事を指します。インターネットを見る事ができる環境であれば、パソコンや携帯電話などでWebシステムを利用することができるようになります。Rubyはオブジェクト指向を意識して設計されている言語なので、オブジェクト指向スクリプト言語と呼ばれることが多く、オブジェクト指向設計に基づいたプログラミングに大きな効果を発揮します。Ruby開発は、迅速な開発ができ、市場の変化にも柔軟に対応することが可能です。そのため、開発時間の短縮を図ることができ、また、バグが発生しにくいというメリットもあります。必要な機能のほとんどが組み込まれており、かつシンプルな設計となっています。Ruby開発に特化した業者も多くありますので、豊富な実績とノウハウがある業者を選ぶようにしましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

Ruby開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の会社選び方情報・比較のポイント

Ruby開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

Ruby開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の選定ポイント

POINT
01

顧客とのやり取りを重視しているか

フィードバックを柔軟に反映、メリットは顧客とのやり取りで最大限に発揮!

一般的に言って、発注側がわざわざプログラミング言語を指定して外注することはそれ程多くないかもしれません。その中で特にRubyを指定するのは、Ruby on Railsによる「アジャイル」に期待する要素が大きいからでしょう。

設計開発の途中で顧客から十分に意見を聞き、それを手早く開発に反映させることができるのは、Ruby on Railsを使ったアジャイル型開発ならではのフットワークの良さと言えます。

こうしたRubyによるシステム開発の特徴が最も強力に発揮される分野の一つが、例えば変化の早い消費者向けWebシステムです。発注してから納品されるまでがブラックボックスとなってしまう通常の開発手法と違い、Ruby on Railsを使った開発手法は発注企業を含んだテストにおいての頻繁な繰り返しが比較的容易なので、発注企業からのフィードバックを開発プロセスに柔軟に反映させることが可能です。

逆に言えば、Rubyを使ったシステム構築を売り物にしていながら、発注後の顧客とのやり取りが通常の開発手法と同様あまりないような開発会社では、Rubyによる開発を指定するメリットが薄くなってしまいます。

POINT
02

エンジニアのコミュニケーション能力に問題はないか

スキル以外を確認、コミュケーション能力を判断基準に取り入れる。

顧客からのフィードバックを開発プロセスに取り込んでいくアジャイル型開発では、エンジニアに求められる能力は単に技術的なスキルにとどまりません。

顧客の要望を的確に把握し、時には顧客自身がまだ気が付いていない潜在的なウォンツを打ち合わせの中で明らかにし、建設的な提案をしてくれるエンジニアが理想的です。

 

従来型の開発手法では、「最初に決められた設計図どおりに製品が動くかどうか」が問題となりますが、アジャイル型開発では「当初予定したとおりのビジネスが実現できるか」を問題とします。

したがって、「当初予定したとおりのビジネスが実現できるか」を期待してあえてRuby on Railsによる開発を決定したのにもかかわらず、担当エンジニアが旧来の「最初に決められた設計図どおりに製品が動くかどうか」を基準に作業を進めるだけでは、期待した製品ができるわけがありません。

 

打ち合わせに同席したエンジニアが、ただ営業マンの横に座っているだけでなく、きちんと自分の口で顧客とコミュニケーションをとろうとしているかどうかが判断基準の一つとなるでしょう。

POINT
03

システムの運用保守対応力は十分か

運用保守能力を開発段階で想定、発注する際はカバー力で判断!

システム開発は、その後のシステム運用・システム保守も重要な仕事になります。Rubyでの業務依頼もその例外ではありません。社内で十分な運用・保守が難しい場合にはそれをカバーできる会社を探さなければいけません。システム運用とは、日々のサービス運営(ユーザーからの問い合わせ対応、システムの監視、ネットワークやサーバー環境のメンテナンス、障害対応、ソフトウェアのインストール状況の管理など)をおこなうことを指し、システム保守はバグや問題への対応も含みます。サービスを運営する過程において、必ずユーザーや関係者からニーズが上がってきますので、運用・保守をどうやって実行するかは開発段階で想定しておくと良いでしょう。

Ruby開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の外注トラブル事例

人イメージ

当初の仕様からずれてしまった、指示通りの仕様になっていない、などのRuby開発における特有の問題は頭の痛い悩みでもあるようです。Ruby開発にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひimitsu(アイミツ)にご相談下さい。

Ruby開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の外注時よくある質問

人イメージ

Ruby開発のWEBシステム・ソフトウェア開発についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック