業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

PHP 開発の優良業者

PHP 開発のWEBシステム・ソフトウェア開発

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

PHP 開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の会社選び方情報・比較のポイント

PHP 開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

PHP 開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の選定ポイント

POINT
01

外注候補先のPHP案件の得意分野・実績を確認する

自社のニーズに最適な得意分野を持つ業者を優先的に比較していくこと!

PHPはWeb開発においてもっともポピュラーな言語です。したがって例えばJavaやC#案件のように、発注側がわざわざPHPを指定するメリットを突っ込んで考える必要はないでしょう。逆に言えば、多くの業者がウェブシステムの発注においてPHPを使った見積を出してくるケースが考えられますので、業者のプログラマのスキル、開発経験や得意分野・実績などをきちんと把握しておきましょう。

一口にPHPによる「WEBシステム・ソフトウェア開発」と言っても、生産管理システム、サプライチェーンマネージメントシステム(SCM)などの製造業の業務効率化や、総務のドキュメント管理や勤怠管理、経理部門の会計システムのオンライン化、物流管理部門ではロジスティクス構築などの業務系システムの構築から、SNSやポータル、ECなど各種消費者向けサービスサイト、ゲームアプリのハイスコア管理などバックエンド部分まで多岐にわたります。

自社で実現したいことをはっきりさせて、その分野を得意とする業者に絞り込むという順番で外注先候補を絞るのが定石です。

POINT
02

セキュリティ対策の方法を確認しておく

リスク回避の為にもセキュリティ対策は事前に十分な確認を。

PHPは開発サイドにとっても、比較的無理の利く手軽なプログラミング言語であるため、セキュリティ的に十分な対策を施していないサイトを構築してしまうケースもあります。ユーザーにデータベースへの入出力を許可するようなSQLインジェクションの発生しやすい部分や、外部APIを利用した時のセッションハイジャック、認証部分のなりすましの温床となるクロスサイトリクエストフォージェリなどの脆弱性を持つPHPを使ったサイトは、残念ながら存在しています。

業者に対して、開発業務遂行時のセキュリティ対策を施す方法について詳細に確認しておくことが重要です。

POINT
03

フレームワークを使うのか、独自に開発するのか確かめておく

フレームワークの違いを理解して、事前確認を怠らないこと。

PHPは非常に柔軟性の高い言語ですが、一方でそのあまりに柔軟性の高い部分がセキュリティホールを生み出してしまったり、保守・メンテナンス性に劣ったシステムを構築してしまったりしました。

現在では、そうしたPHP開発の弱点をカバーする優れたフレームワークが提供されています。

2015年現在よく使われるフレームワークには以下の様なものがあります。

 

  • Phalcon
  • CodeIgniter
  • Slim
  • Yii
  • FuelPHP
  • Silex
  • BEAR.Sunday
  • CakePHP
  • Symfony
  • Laravel

 

どれも一長一短がありますので、フレームワークの評価そのものはできなくても構いませんが、業者がどのフレームワークやツールを採用するのか(あるいはまったく独自で開発するのか)は確認しておきましょう。

POINT
04

WEBシステム・ソフトウェアの開発から納品、納品後のプロセスを確認する

一部のプロセスを疎かにする業者をいることに注意しながらの選定を。

PHPは大規模案件もこなせますが、スクリプト言語として非常に手軽に習得できるため中には、経験やスキルの未熟なプログラマが下記のような基本的なPHPによるWEBシステム・ソフトウェア受託開発のプロセスを疎かにしてしまう設立から日の浅い業者もいます。

 

  • 顧客と打ち合わせをしてシステムの仕様を決める(要件定義)
  • サーバー構築、ネットワーク設定等のインフラ構築
  • プログラム開発
  • プロジェクト全体の取りまとめ、スケジュール管理
  • 運用保守

 

これらの基本的なプロセスに則ってきちんと対応してくれるプロフェッショナルやアプリケーションエンジニアの在籍する業者を選びましょう。

POINT
05

相見積もりを検討するときには項目ごとに比較検討する

表面上の金額だけでなく、共通の項目ごとの比較を行うこと。

PHPによるシステム構築の見積もりを取るときの失敗例の典型は、業者へのRFP(Request For Proposal 提案要求書)が曖昧で、「上がってきた見積もりの比較検討が事実上金額でしかできない」ことです。

 

これは業者の出してくる見積もりが悪いわけではなく、比較検討するためのコツを無視して、やみくもに大量に見積もりをとってしまいがちな発注担当者側に責任があります。

システム構築やソフトウェア開発のような、各社の実績やノウハウで内容に差が出やすい見積の場合、できるだけ項目を共通のものにする工夫が必要です。

項目内容を指定して見積もりを要求するRFP作成が難しい場合には、見積もりをとり始めた時に信頼できそうな1社を軸にして、その見積もりに上がっている項目(例としては「TwitterAPIによるお気に入り登録機能実装 ○○円」「クロスサイトリクエストフォージュリ脆弱性対策 ○○円」など)を見積もり項目として入れてほしい要望を各社に伝えましょう。

 

項目に上がっている機能を技術的に判断できるノウハウは必ずしも必要ありませんが、「他社ではTwitterAPIによるお気に入り登録機能実装が25万円とあるのですが、御社はどうして80万円なのですか?」などと質問を投げかける貴重な材料になります。

PHP 開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の外注時よくある質問

人イメージ

PHP 開発のWEBシステム・ソフトウェア開発についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な会社比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で会社比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。