業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

C#開発の優良業者

C#開発のWEBシステム・ソフトウェア開発

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

C#開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の会社選び方情報・比較のポイント

C#開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

C#開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の選定ポイント

POINT
01

C#を使った開発の得意分野・実績を確認する

目的にあった実績や得意な開発分野をしっかりと確認しておくこと!

「.NET Framework」を導入すれば各種プラットフォームで動作するC#は、「マイクロソフトのJava」といわれますが、その俗称の通りいろいろな場面で採用されています。

ExcelやWord、PowerPointとの連携などに強みを発揮するだけでなく、データベースを駆使したバックエンド作業の効率化や、Windows PhoneやiPhone・iPadなどのモバイル端末を使った営業マンやサポート要員の現場支援までをも可能にするマルチ対応ができる開発言語です。

このように広い範囲でシステム構築・ソフトウェア開発に使われるC#ですが、開発会社も比例してオールマイティに対応できる開発会社ばかりではありません。その会社の得意分野と不得意分野がありますので、まずは自社で実現したいことを明確にし、その上で自社サービスの分野に強い開発実績を持つ業者を選ぶという順番で見積もり依頼候補を選定しましょう。

POINT
02

営業窓口のコミュニケーション能力、エンジニアの開発能力に問題はないか見極める

仕事の質はエンジニアの力量に大きく依存することを理解しておく。

システム構築全般に言えるのは、仕事の質がエンジニアやプログラマの力量やスキルに大きく依存することです。開発会社としていくら実績のある業者でも、相性の良くない人や経験の浅い人が担当になってしまうと、実行環境を考慮せず期待するシステムの構築・プログラミングができない可能性があります。

 

また、要件定義を決定していくには、技術的な要素以外にも業務システムを効果的・効率的に運用していくためのビジネスセンスやノウハウも求められます、

細かい仕様の決定までにはエンジニアを含めて打ち合わせを行うにしても、それ以前に何を実現したいかを的確に吸い上げて必要なシステムソフトウェアやアプリケーションの開発提案をし、エンジニアに引き継いでくれる業者側の営業担当者とのコミュニケーション能力や自社との相性が重要になってきます。こうした点もしっかり見極めましょう。

POINT
03

システム・ソフトウェア開発だけでないトータルなサポートが期待できるか確認する

どこまで依頼可能なのか、サポートなども含めた依頼範囲を明確に。

システム・ソフトウェア開発会社の主な役割はいわゆる開発作業のみで完結するわけではありません。

  • 顧客と打ち合わせをしてシステムの仕様を決める(要件定義)
  • サーバー構築、ネットワーク設定等のインフラ構築
  • プログラム開発
  • プロジェクト全体の取りまとめ、スケジュール管理
  • 運用保守

見積もりをとるにあたっては業者の開発以外の調整能力なども十分見極めましょう。

POINT
04

運用コンサルまで含めたサポート実績を確認する

開発実績だけでなく、サポート面での実績も重視した選び方を!

ビジネスの現場で実際に使われている社内Office資産などを活かしたシステム構築の場合、いわゆる技術的な「設計力」はもちろん、現場でいったい何が必要とされているかを吸い上げる「ビジネスセンスと経験・実績」も要求されます。

単に納品して終わりではない、Windowsベースの業務効率化支援などを期待できる業者とそうでない業者を見極め、自社にとって最適なパートナーを選びましょう。

POINT
05

相見積もりを検討するときには項目ごとに比較検討する

やみくもに大量に見積もりをとるだけではダメ!

C#によるシステム構築の見積もりを取るときの失敗例の典型は、業者へのRFP(Request For Proposal 提案要求書)が曖昧で、「上がってきた見積もりの比較検討が事実上金額でしかできない」ことです。

これは業者の出してくる見積が悪いことではなく、比較検討するためのコツを無視して、やみくもに大量に見積もりをとってしまいがちな発注担当者側に責任があります。

 

システム構築やソフトウェア開発のような、各社の実績やノウハウで内容に差が出やすい見積もりの場合、できるだけ項目を共通のものにする工夫が必要です。

項目内容を指定して見積もりを要求するRFP作成が難しい場合には、見積もりをとり始めた時に信頼できそうな1社を軸にして、その見積に上がっている項目(例としては「C#による既存システムとの連携 ○○円」「スマートフォン対応画面作成 ○○円」など)を見積もり項目として入れてほしいとの要望を各社に伝えましょう。

 

項目に上がっている機能を技術的に判断できるノウハウは必ずしも必要ありませんが、「他社では同じC#による既存システムとの連携が50万円とあるのですが、御社はどうして180万円なのですか?」などと質問を投げかける貴重な材料になります。

C#開発のWEBシステム・ソフトウェア開発の外注時よくある質問

人イメージ

C#開発のWEBシステム・ソフトウェア開発についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な会社比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で会社比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。