業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

Webサイト翻訳対応の優良業者

Webサイト翻訳対応の翻訳

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

多くの翻訳会社の中から、テキストやウェブページを翻訳するWebサイト翻訳を依頼する会社を選ぶ際に最も重要なことは、翻訳の特性に合致したカテゴリーを得意とし、実績のある翻訳会社から選ぶことです。また、Webサイトの翻訳では、文字数が変わりサイトのレイアウトが崩れてしまうことが多々あります。このような崩れを調整するサービスを行っている会社もありますので、必要に応じて利用すると良いでしょう。翻訳会社はどんな内容のものでも高いクオリティで翻訳できるわけではなく、得意不得意があります。これを見極めることが最も重要です。特性が合致する翻訳会社を選び出し、その中から少しでも高いクオリティを確保でき、かつ信頼性や費用効率が高い翻訳会社を見極めていくことが、求める理想的な翻訳に繋がっていくでしょう。

人イメージ

Webサイト翻訳対応の翻訳の発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

Webサイト翻訳対応の翻訳の

選び方ガイド

Webサイト翻訳対応の翻訳の選び方ガイド

Webサイト翻訳対応の翻訳の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

Webサイト翻訳対応の翻訳の選定ポイント

POINT
01

頼みたい技術翻訳分野の翻訳に実績はあるかチェックする

Webサイト制作に得意分野があるように、翻訳業者にも得意不得意分野があります

Webサイト翻訳で頼みたい分野は様々です。ECサイトひとつとってみても、電化製品から食料品、日本の伝統工芸など、製品・サービスの分野は様々でそれぞれのローカライズには翻訳言語の知識だけではなく専門知識が求められます。

決済方法や配送方法、商品到着トラブル対応、返品処理(開封後は受付不可、何日以内など)などについての説明も、ただ日本語を英語にしただけでなく、それぞれの国の商慣習に合わせた言い回しが必要です。

 

翻訳を頼んでから翻訳会社が一からそのあたりを勉強・確認するのではなく、依頼する側も気がついていなかったような翻訳のポイントまで熟知している、その専門分野に実績のある業者やフリーランス翻訳者を選ぶようにしましょう。

POINT
02

キャッチコピーやユーザーの使用体験などに対応できるか

Webサイト翻訳ではコピーライター的なセンスも要求される

翻訳を依頼するサイト内にキャッチコピー的要素が入っている場合には、しっかりと事前に確認しておきましょう。

キャッチコピーは、短い文章の中に色々な背景や要素を、絶妙な言い回しによって表現しているものです。翻訳者がこれらの意味を分からずに直訳してしまうと、何を言いたかったのか分からないものになってしまいます。つまり、キャッチコピーを翻訳するには、相当な知識とセンスがないと難しいです。

 

また、ユーザー体験を掲載しているサイトの場合、ただ単純に外国語に訳すだけでなくユーザーの感動や喜びが正確に伝わる翻訳であることが重要です。

POINT
03

現地エンドユーザーへのチェック体制を持っているか確認する

Webサイト翻訳では現地エンドユーザーのチェックが仕上がりのポイントになる

一般的な翻訳の場合、クオリティを上げるための最終項目として該当言語を母国語とするネイティブチェッカーにチェックをしてもらう「ネイティブチェック」があります。Webサイト翻訳の場合、これに相当するのは各ローカルエリアで生活するエンドユーザーのチェックです。

 

日本語のサイトを作った場合にも、サイトのキャッチコピーやコンテンツがユーザーにとって分かりやすいかどうかのテストをしますが(ユーザーテスト)、Webサイトの翻訳時にも現地ユーザーにこうしたユーザーテストを依頼することが望ましいと言えます。

 

自社の翻訳者で完結することなく、こうした客観的な評価基準、評価手段を持っている業者を探しましょう。

POINT
04

無料の「ウェブサイト翻訳ツール」プラグインなどにはないきめ細かさが実現できるのか確認する

ちょっと待った!翻訳会社に頼む価値はあるのか厳しくチェック!

国内サイトを多言語化するとき、Google「ウェブサイト翻訳ツール」プラグインなど無料の自動翻訳ツールもあります。Webサイト翻訳を依頼する場合、当然こうしたツールや翻訳ソフトウェアと明確に違う高品質の納品物になっていないと発注する意味がありません。

 

翻訳会社にトライアルを依頼できれば、どんな翻訳をしてくれるのかを見極めることができます。予め無料の「ウェブサイト翻訳ツール」プラグインを使って機械翻訳されたサイトのサンプルを見せた上で、複数の翻訳会社に依頼して上がってきた英文を社内で見比べてみる方法は、プロフェッショナルの実力を図る上で有効です。

日本語の英訳200文字程度や英語の日本語訳100単語程度なら無料で対応してくれる所も多いですが、複数の翻訳会社へのトライアルであることをきちんと伝えた上で、正規料金よりも安いコンペ形式で発注する手もあります。

POINT
05

図表の作り替えにも対応できるかも確認する

納品原稿の形態によって料金も変わってきます

Webサイト翻訳の場合、英語にした際にそれまで使っていた図表に収まりきらなくなったり、逆にレイアウトの段組を見直さなければならないなどのケースも出てくるでしょう。

用途により、翻訳文書のみを受け取って後は自社でレイアウトデザインをやり直すのか、それとも完成形のhtml/CSSドキュメントで納品してもらうのかの要望を事前に決定しておきましょう。

html/CSSドキュメントで納品してもらう場合には最適なレイアウトで納品して欲しい旨を伝え、追加料金や納期の変更なども確認しておきましょう。

Webサイト翻訳対応の翻訳のよくある質問

人イメージ

Webサイト翻訳対応の翻訳についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。