業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

社員研修・教育

最適業者がスグに見つかる

社員研修・社員教育セミナーとは企業が社員向けに実施する各種研修のことで、様々な業者が新入社員向け、管理職向けといった役職別や、営業向け、人事向けなどの職種別、あるいは食品メーカー向け、店舗経営向けなどの業種別に公開講座の開催や講師派遣サービスを実施しています。まずは誰を対象として、どのような目的で研修を行うのかを明確にし、適したプログラムを提供する業者を絞り込みましょう。また、研修サービスを提供する会社・事業主は、社員研修専門会社、コンサルティング会社、教育会社、個人講師の4種類に分けられますので、どのタイプの研修会社を選択するかも重要なポイントとなります。その上で、過去の導入実績や会社の信頼性を確認し、信頼できる研修業者かどうかを確認し、さらに講師や営業担当者の質や相性をチェックし、自社に最適な社員研修業者を見つけましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

社員研修・社員教育セミナーの会社比較方法・比較のポイント

社員研修・社員教育セミナーの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

社員研修・社員教育セミナーの選定ポイント

POINT
01

4種類の社員研修サービス会社から選ぶ

サービス会社は大きく分けて4つの種類に分けて比較すること!

社員研修・社員教育を行う会社・事業主は社員研修専門会社、コンサルティング会社、教育会社、個人講師の4種類があります。それぞれの特徴を理解し、自社に適した業者を選択しましょう。

<研修サービスを提供する会社種類と相場>

  •  社員研修専門会社

豊富なメニューが用意されており、研修ノウハウが豊富なことが特徴です。講師はしっかりとした教育を受けており、研修内容は専門化しています。費用はきっちりと決まっていることが多く、わかりやすいです。しかし、定型的な内容に終始しがちで、依頼企業の実情に沿ったオリジナル研修を行うことは得意としません。新入社員研修や営業研修など、独自のカリキュラムである必要性が薄い場合におすすめです。平均相場は1日30万円程度です。

  •  経営コンサルティング会社

経営的な観点から社員研修を行うことを得意とする傾向があります。単なる定型的な社員研修ではなく、企業の抱える問題などを的確に捉え、その内容に沿った研修プログラムを提供する場合が多く、また現役の経営コンサルタントが講師を行うことが多いために実務経験を活かした社員研修が可能です。ただし、その場合は専任の講師というわけではないので、講師によって当たり外れがある場合もあります。費用は研修条件にもよりますが1日50万円~100万円と高額です。

  •  教育会社

社員研修というよりも資格取得プログラムなど、社員の個々の能力を向上させるための社員教育を専門に扱う会社です。通常の社員研修のほかに、通信教育やeラーニングなどを実施しており、例えばコンプライアンスの知識を高めるためにコンプライアンス検定の学習を行うような場合に適しています。スポット的な社員研修を行うより、長期的な人材育成の戦略の中で、社員のスキルアップを行いたい場合に向いていると言えます。社員研修の費用は1日30万円程度が相場ですが、資格試験対策などの場合は割高になり、別途教材費用が必要な場合があります。

  •  個人講師

特定の領域に専門化した個人が研修を行う場合もあります。バックボーンに実務経験を多数有していることが多く、その道のプロという講師が多いのが特徴で、テレビに出るような人気講師なども存在します。費用は完全に言い値で決まるため、1日数万円~100万円程度と講師によって大きく幅があります。

 

POINT
02

研修の対象者、目的を明確にする

誰を対象にした研修なのかを明確に、最適な研修会社の選択を!

一口に社員研修会社といっても、研修内容や方法、目指す成果、研修の基礎となる理論は様々です。誰を対象とした研修なのか、どのような成果を得たいのかを明確にし、自社の人材育成方針と合致した研修会社を選ぶことが重要です。セミナー参加形式、講師派遣形式、合宿形式など、幅広い研修プログラムを提供する会社を選ぶのも良いですが、ある特定の職能・スキルに特化した研修を行う会社のほうが、より成果を得られるという場合もありますので、自社の求める研修プログラムを実施する会社を数多くリストアップし、比較検討するとよいでしょう。例えば以下のような研修プログラムがあります。

<階層別研修>

  •  内定者、新入社員を対象としたビジネスマナー研修
  •  若手社員を対象としたビジネス文書、Eメールマナー研修
  •  中堅社員を対象としたリーダー育成研修
  •  管理職や経営者を対象としたマネジメント研修

<部門・職種別研修>

  •  店舗・販売接客向けのストアマネジメント研修
  •  人事部門向けの教育インストラクター研修
  •  カスタマーサポート向けの電話対応研修

<個々の能力・スキルを伸ばす研修>

  •  パソコンスキル、OA研修
  •  WEB開発スキル(プログラミング、htmlなど)研修
  •  語学研修(英語、中国語、韓国語など)
  •  営業スキルアップ研修

 

POINT
03

過去の実績や会社としての信頼性

有名企業からの利用や、導入実績などを指標に信頼性の高い研修会社を選ぶこと。

社員研修会社がどのような実績を持っているのかも重要な判断材料の1つです。優れた社員研修を提供する会社は顧客企業からのリピートや紹介などにより数多くの実績を持っているものです。そのため、導入実績が豊富で、さらに有名な企業への導入実績を持つ会社は信頼できると言ってよいでしょう。

実際に研修会社を選定した理由を問うたアンケート結果では、1位に過去の研修実績、2位にプログラムの充実度、3位に会社として信頼性を上げており、過去に築いた実績や信頼性が重要であることがわかります。

また、ホームページ等に掲載されている導入事例やお客さまの声を確認したり、実際に社員研修を委託した経験を持つ人事担当者などに成果をヒアリングするのも効果的です。ただし、一度広がったクチコミはその本質に関係なく膨張していく傾向にあるため注意が必要です。インターネット上の評判を鵜呑みにせず、慎重に検討するようにしましょう。

 

POINT
04

講師・営業担当者で見極める

研修会社の実績だけでなく、講師や営業担当なども選ぶ際のポイントに!

社員研修は講師と社員が共に目標に向かって認識を共有して、協働するというプロセスです。そのため、講師に情熱や熱意がなければ期待する成果を得ることはできないでしょう。研修講師に事前に一度は会うようにし、今回の社員研修がどのような趣旨で、どのような目的の上に実施されるのかを直接伝えることをおすすめします。オープンセミナーなどで実際に講師のプレゼンテーションを見ることができると良いですが、難しい場合でも、講師の研修資料や、研修方針についてのドキュメンテーションは確認しましょう。

その際、講師がイメージと異なる場合は遠慮せずに講師の変更を求めるようにしましょう。さらに、担当営業も非常に重要です。研修会者の担当営業とは最初の打ち合わせから研修実施まで相当の回数コンタクトを取る必要があり、場合によっては担当営業が講師の決定を行います。担当営業が研修内容をきちんと理解しているか、自社の求める研修やその目的を熱心にヒアリングしてくれるかを必ず確認しましょう。

 

社員研修・社員教育セミナーの発注時よくある質問

人イメージ

社員研修・社員教育セミナーについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック