業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

宿泊研修施設

おすすめ業者を一覧比較

合宿所・宿泊研修施設とは、宿泊・食事・研修の機能を備えた施設で、ホテルや研修専用施設があります。ホテル、セミナーハウスなどの研修施設タイプから、 研修の目的が参加者のスキルアップなら、研修専用施設で1日の時間を有効に使い、内容の濃い研修を実施します。職場を離れて参加者の親睦を深めたりリフ レッシュをしたりすることが目的ならば、リゾート地など立地条件が選べるホテルで研修を実施するのがおすすめです。宿泊施設の設備や食事内容などは担当者 が実際にその施設を訪れて、参加者に満足してもらえるものかどうか、パンフレット等にある写真や説明通りかを事前に確認しておきましょう。大型会議室が必 要な場合は早期予約が必要になりますのでその点にも注意を払いましょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

合宿所・宿泊研修施設の業者選び方ガイド・比較のポイント

合宿所・宿泊研修施設の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

合宿所・宿泊研修施設の選定ポイント

POINT
01

研修目的

研修の目的は、参加者の学習と技能の向上・親睦・そしてリフレッシュにあり。

研修の目的には、研修を通して参加者に知識や技能を確実に身につけさせる、職場を離れて参加者の親睦を深める、心身をリフレッシュするといったことがあげられます。

  •  研修内容を確実に習得させる

研修に多くの時間を充て、内容の濃い研修にすることが学んだことを確実に身に着けてもらうコツです。それには、研修会場と食事や宿泊の会場間の移動がスムーズで時間をとられないことが会場の条件となります。また、プロジェクターやホワイトボードなど必要な機器が揃っていることもポイントとなります。研修専用施設は、宿泊と食事、研修会場が一体となっているところが多く、そのような施設であれば研修に必要な機器も整備されています。周囲に娯楽施設やリゾート施設がないような環境であれば研修に集中できます。

  •  参加者の親睦を深める

研修を行う目的が社内の日常的な環境から離れてコミュニケーションの機会を多くし、互いの理解を深めたい場合には、施設内か近くに娯楽施設があるホテルを利用します。リゾート地のホテルにするなど、研修会場のそばに多くの観光地やその関連施設があるところがオススメです。

  •  心身のリフレッシュ

研修会場は海や山、川など自然が豊かな環境にあるところを選びましょう。心身のリフレッシュを参加者各自に任せるだけでなく、周囲の施設や環境を取り入れたプログラムに予めを盛り込んでおくことも有効です。研修の前や後で、参加者が会場付近の自然に触れ、散策する時間も設けておくこともオススメです。(但し、外部講師を招く研修などの場合は、交通アクセスも重要ですのでケースバイケースです)

 

POINT
02

研修の対象者

研修を成功させるためには、研修の対象者に応じた宿泊研修施設選びが重要!

経営幹部や年配社員、新入社員といった研修の対象者に応じた宿泊研修施設を選ぶことができます。 経営幹部や年配社員の研修なら親睦を深め、心身のリフレッシュの時間を研修内容に取り入れると研修意欲が高まります。一般社員を対象に初任者研修や中堅社員研修、管理職研修を実施する場合には、研修に打ち込みやすい環境を整えてあげましょう。尚、「社員研修・社員教育セミナー業者の比較」もご参考にしてください。

  •  経営幹部や年配社員のグループ

このグループには食事や宿泊室が充実した高級感のある環境を用意することで研修の満足度が高まります。研修そのものを目的とするよりも、そのほかの懇親会や観光といったグループの親睦を深めることも取り入れた研修にします。

  •  新入社員や一般社員のグループ

このグループには1日の多くの時間を研修に充て、内容の充実した研修を企画・実施します。一つの施設内で研修と宿泊等を実施できる宿泊・食事・研修会場一体型の研修専用施設を選びます。周囲に娯楽施設が少ないところなら研修の高い効果が期待できます。

 

POINT
03

研修施設のタイプ

研修目的や研修内容に合ったホテル・セミナーハウスなど研究施設のタイプを選ぶ。

研修場所には、ホテル、セミナーハウスなど幾つかのタイプがあります。研修目的や研修内容により使い分けが必要です。

  •  ホテルタイプ

→ホテルならではのハイグレード感があり、落ち着いて研修ができる点、打ち上げ・懇親会などを盛大にできる点などのメリットがあります

  •  セミナーハウスタイプ

→研修設備が整っており、集中できる環境が提供できる点、社員同士の交流が図れる点などがメリットとなります

 

POINT
04

施設条件やサービス

合宿所・宿泊研修施設選びは、必要機材とサポートの充実がポイント。

合宿所・宿泊研修施設は、研修の打ち込める環境に立地していて、プロジェクターやホワイトボードなど、研修に必須の機器が整っていることが条件です。研修時のトラブルにも柔軟に対応できる運営等の知識・経験が豊富なスタッフがそろっていることもポイントになります。色々なサポートが充実しているかどうかも重要です。

  •  周囲に娯楽施設等がほとんど無い

研修に打ち込みやすい環境が必要なら、周囲に娯楽施設や歓楽街がないところの施設を選びましょう。研修施設内での生活でスケジュールがいっぱいになってしまえば、周囲に歓楽街がないことなど参加者はそれほど気にならなくなります。

  •  機器が整備されている

リゾート地や自然豊かな環境で研修をしたいなら、研修設備が整っているホテルを選びましょう。研修への意欲が高まる遊ぶところが少ない環境がいいなら研修専用施設を選びます。

  •  優秀なスタッフがいる

研修の運営時のトラブルは研修担当者にとって大きな不安の1つです。持ち込んだノートパソコンとプロジェクターの接続がうまくいかないといったトラブルに際しても、柔軟に対応できる運営等の知識・経験が豊富なスタッフがいると研修がスムーズに進んでいきます。

  •  サポートが充実している

問題が発生した時にすぐに問い合わせができるよう、メールだけでなく電話によるサポートを行っている業者を選ぶことをオススメします。宿泊研修施設によっては最寄りの駅から施設までの送迎バスを無料で用意してくれることもありますので、確認しておきましょう。

  •  長期利用が可能

一般的には1泊2日などの短期間研修が多いですが、例えば新入社員研修で1カ月間の長期研修などのニーズもあります。長期利用の対応可否についても必要に応じて確認してください。

 

POINT
05

設備

会場・宿泊室・食事会場の設備充実度を確認する。

研修に必要な設備・備品には、机・椅子、マイク、会場の冷暖房・空調、プロジェクターやホワイトボード、説明時に使用するポインターといった会場の設備・備品のほか、コピーやファックス機などの機器、宿泊室の設備、食事会場とその設備があります。これらが必要数揃っているだけでなく、参加者を満足させられる設備であり、清掃面など管理が行き届いているのかも重要な点です。事前に会場を訪れ、これらの設備・備品の有無とその状態を確認しておきましょう。

  •  会場の設備・備品

机・椅子は使いやすく、長時間座っていても参加者が疲れにくいものが用意されている施設を選びましょう。マイクはワイヤレスを含めて1会場に3から4本程度の必要な本数があり、スタッフがセッティングしてくれるところにしましょう。会場の冷暖房・空調の設備、プロジェクターやホワイトボード、説明時に使用するポインターの貸し出しなど、研修担当者の相談に応じてサポートしてくれる施設が望ましいです。

  •  宿泊室の設備

寝具の状態がよく、清潔であることが最低条件です。年配者の研修では、宿泊室内の寝具やソファー、家具などのグレードを高くして、満足度を高めることも必要になります。宿泊室の満足度も施設を選ぶ際のポイントになります。

  •  食事会場と設備

食事は研修での楽しみの1つです。会場の広さや食事内容のほか、食事会場と宿泊室間の移動時間についても確認し、昼食の時間を充分取れるようにする必要があります。食べられないものがある人のリクエストに応えてくれる施設を選びましょう。

 

POINT
06

人数

研修参加者数を事前に把握して、最大予定者数に対応できる施設を選ぶ。

合宿所・宿泊研修施設の最大収容人数は施設によって異なります。参加者数は最大で何人になるのかを把握しておいてから、最大収容人数に余裕のある宿泊研修施設を選びましょう。100人以上が収容できる大型スクリーン付きの会議室が必要な場合などは、対応できる施設も限られるため、早期予約が必要になってきます。

 

POINT
07

料金

参加者1人当たりの予算枠を決めて、料金プランを立てた施設選びを。

宿泊研修施設等の1人当たりの料金を【部屋タイプ×泊数×食事回数×研修会場利用日数】で見てみました。1人当たりの料金の上限を決めてから、それに見合う施設を選びましょう。

例)

東京都江東区の宿泊研修施設では、シングル×1泊X4食×研修会場2日間 = 13,657円。

東京都江東区のホテルでは、シングル×1泊×4食×研修会場2日間 = 19,404円。

横浜市の宿泊研修施設では、シングル×1泊X4食×研修会場2日間 = 11,900円。

横浜市のホテルでは、シングル×1泊×4食×研修会場2日間 = 20,608円。

 

合宿所・宿泊研修施設の発注時よくある質問

人イメージ

合宿所・宿泊研修施設についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック