業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

買取タイプの優良業者

買取タイプのティーサーバー(給茶機)

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

ティーサーバーは、従業員や来客者に向けた日本茶などを自動的にいれる給茶器のことです。ティーサーバーを購入する場合は、導入時に数十万円かかりますが、ランニングコストはお茶代とメンテナンス料のみとなります。使用する茶葉のタイプによって、インスタントのように手軽な「粉末タイプ」、香りと味を逃がさない「粉砕茶タイプ」、本格指向の「茶葉タイプ」に分けられます。「茶葉タイプ」では茶殻がゴミとして出ますので、メンテナンスの手間がかかります。茶葉の補充やフィルターの掃除などは、なるべくこまめに行いたいもの。サービス内容にメンテナンスが含まれていれば、それだけ負担が楽になるので、料金と合わせて検討するようにします。なお、お茶の品質にこだわりを持ちたいなら、茶葉の専門店が取り扱っているティーサーバーもあるので、検討してみましょう。

人イメージ

買取タイプのティーサーバーの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

買取タイプのティーサーバー(給茶機)の

選び方ガイド

買取タイプのティーサーバー(給茶機)の選び方ガイド

買取タイプのティーサーバー(給茶機)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

買取タイプのティーサーバー(給茶機)の選定ポイント

POINT
01

給茶機導入のポイントを押さえよう

オフィスでの使用シーンを考えて最適なプランを!

業務用給茶機のカタログを目にした時、やはり多機能・高機能なサーバーに目が行きます。様々なタイプのお茶、清涼飲料水が楽しめるものやミネラルウォーターストアの質・無菌にこだわった製品、冷温両用機能や浄水器付など、各社工夫が凝らされています。給茶機を選ぶ際には中古・新品の別や予算の制約はもちろんのこと、オフィスによっては設置場所が限られている等の物理的な条件での制約にも注意し、床置型か卓上型どちらの給茶機を選ぶかを決めましょう。また、省エネルギー対策対応製品とそうでない製品がありますので、茶葉以外のランニングコストについても目を配りましょう。

 

買い取りで注意しておくべき点は、会社の組織替えや引っ越しなどで利用シーンが変わることです。そうしたケースが想定される場合には、レンタル・リースも視野に入れておきましょう。

 

「レンタル・リースのティーサーバー(給茶機)」

 

POINT
02

給茶機買い取りのメリットをおさえておく

長期使用なら買い取りがおすすめ!

ティーサーバーには給茶器本体を買い取るタイプのものと、月額の使用料などを支払ってレンタル(又はリース)するタイプのものがあります。一般的には、お茶の消費量やメンテナンス頻度が多い場合はリースやレンタル、小規模ながらも長期の使用が見込める場合は買い取るタイプがコスト的にもおすすめです。

POINT
03

買い取りの場合、定期メンテナンス契約を考えておく

別途ティーサーバー保守契約を結びましょう!

レンタル、リースの場合は基本的に保守・メンテナンスが標準でついてきますが、買い取りの場合には別途保守サービス契約を結ぶ必要があります。消耗品の確認や交換は素人には難しいので、費用対効果の高いサポート業者を選びましょう。定期メンテナンスの内容はおおむね下記になります。

 

  • 浄水フィルターの交換

通常年数回以上、もしくは3,000Lを目安に交換します。また通水して水漏れがないことも確認します。

  • パーツ清掃

付着した原料や汚れを洗い流し、布で拭き取ります。清掃箇所は、「原料シューター」「ミキシングボール」「カップステージ」「スノコ部分」「排水タンク」「キャニスタ」「冷却ユニットフィルタ」などです。

  • 動作チェック

正常な動作をしているか確認します。

場所は清掃箇所と同じく「原料シューター」「ミキシングボール」「カップステージ」「スノコ部分」「排水タンク」「キャニスタ」「冷却ユニットフィルタ」などです。

POINT
04

お茶の補充体制を決める

メンテナンス時に業者にやってもらう?自分でやる?

ティーサーバーを買い取りした場合は、お茶の補充をどうするかが問題となってきます。保守契約を結んでおけば、メンテを行ってくれる業者が補充用のお茶のラインナップを揃えてサービスを提供していますので、業者が提供してくれるお茶を使う方法が一般的です。多彩な種類の日本茶に加え、ウーロン茶やジャスミンティーなども楽しむことができますが、メンテナンスエリアが限られている場合があります。

 

オリジナルのお茶を自分で調達してティーディスペンサーに補充できるかどうかは、見積もり取得時に必ず聞いて確かめておきましょう。業者によっては、自分で補充可能な茶葉を教えてくれる場合もあります。