業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

助成金取得支援の優良業者

税理士

最適業者がスグに見つかる

税理士・公認会計士は、税務相談、税務代理、納税申告書の3つの業務を独占的に扱うことができる、国家資格者です。特定の産業分野や、特定の税金(相続税、所得税など)を得意とする税理士もいますので、自社のニーズに合致した税理士を選んだ方が、アドバイスを受けやすくなる場合があります。経理部が簿記などに通じ、手続き上の必要しか感じないのであれば、費用の安さを基準に税理士を選んでもいいでしょう。一方、企業買収などを効果的に仕掛けたいなら、プロの専門集団が必要です。中小規模の経営者には、親密につきあえるパートナーが必要かもしれません。また、創業時に使える助成金や新分野進出時に使える助成金など、会社設立の前後で、申請できる助成金の種類が色々あります。自分の会社に合った助成金や補助金を調べて、申請代行をしてくれる助成金支援ありの事務所もたくさんあるので、候補に入れるとよいでしょう。複数の候補が挙がったら、最後は信用ができそうな、相談しやすい税理士に的を絞っていきましょう。基本的に、本社に近い税理士の方が何かあった際にすぐに会って相談できるため便利です、税理士の訪問範囲なども確認してください。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

助成金取得支援の税理士・公認会計士の事務所選び方情報・比較のポイント

助成金取得支援の税理士・公認会計士の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

助成金取得支援の税理士・公認会計士の選定ポイント

POINT
01

助成金と補助金の違いを知り、補助金獲得も射程に入れて行動する

助成金と補助金、どちらでも対応できるよう柔軟な業者選びが大切。

会社経営には何かとお金がかかります。そんなとき、資金調達のために役立つのが助成金・補助金制度です。助成金と補助金はどちらも、公的機関の審査で特定の条件を満たした会社を資金的に支援するものです。金融機関に申請して利用する融資と異なるのは、その多くが返済不要という点です。どちらも前払いではなく審査が通った後の後払いとなりますが、いくつかの違いがありますので整理しておきましょう。

最大の違いは、助成金は「ある一定の受給資格条件を満たせば受けられる」のに対して補助金は「補助金を使う事業の必要性や将来性、先見性などを書類でアピールする必要がある」点です。具体的には助成金が創業3年以内で従業員10名以下などの各種条件を満たせばよいのに対して、補助金は事業を実際に行った後、具体的に事業の何に補助金で獲得した資金を使ったのかを証明する書類の整備が必要です。

平成25年3月31日までは、創業時の助成金として「受給資格者創業支援助成金」「中小企業基盤人材確保助成金」という名称のものがありましたが、残念ながら現在は廃止されています。

したがって、税理士・公認会計士事務所に助成金獲得のアドバイスを受ける場合には、資格を満たせば受けることができる「助成金」だけではなく、補助金を使う事業の必要性や将来性、先見性などをアピールできる書類を用意して、「補助金」獲得も同時にやってみるのが効率が良いといえるでしょう。この「補助金」の獲得のためには、認定支援機関である専門家と一緒に事業計画書を作ることが近道です。全国の認定支援機関は「中小企業経営力強化支援法」に基づき、平成27年5月26日に最新の199機関が経営革新等支援機関として認定され、経営革新等支援機関総数は23,827機関となっています。

中小企業庁「経営革新等支援機関一覧」エクセルファイルはこちら

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/kikan.htm
 

POINT
02

助成金獲得の流れをチェックして何を依頼するかをはっきりさせる

まずは流れを理解して、何を依頼するのかを明確にすること!

  • 独立行政法人「中小企業基盤整備機構」などのサイトで自分の事業に合った助成金の情報をさがします。

手続きを外部に依頼するにしても、最低限自分自身で決めておかなくてはならない事業内容の整理などもありますので、まずは資料を揃えます。

  • 申請したい助成金の募集要項・申請書をダウンロードし、必要な内容を記入して事務局に提出します。

この段階で、該当助成金分野に詳しい税理士・公認会計士事務所を探すと書類作成の効率が良くなります。

  • 補助金が交付される事業者に採択されたら「交付申請書」を事務局に提出します。

不備の内容、申請書類の作成も引き続き税理士・公認会計士事務所にお願いすることが可能です。

POINT
03

助成金申請における税理士・公認会計士事務所の得意分野を確認しておく

過去の実績や評判から得意分野の合致する事務所へ依頼をすること。

助成金・補助金申請の手続自体は自分でやることも可能です。しかし、税理士・公認会計士事務所の中には、着手金を支払えば後は「成功報酬」で助成金の申請をやってくれるところも多数あります。どんな分野の助成金申請にも強い事務所は稀で、多くは「IT分野に強い」「先端工業製品分野に強い」「創業支援に強い」などの得意分野があります。過去の実績や評判などから、自分の会社がどこの税理士・公認会計士事務所に依頼すべきか、事前にチェックしておきましょう。

POINT
04

助成金獲得支援ありの税理士・公認会計士事務所との契約の流れを確認する

費用対効果の高い依頼にするためにも、契約の流れを事前にしっかりと理解しておくこと。

1.申請したい分野(IT、飲食、工場経営など)や種類(人材獲得支援、創業支援など)おおまかな希望で税理士・公認会計士事務所を絞り込む。

2.税理士・公認会計士事務所の助成金獲得実績や事務所自体の評判、所長のポリシーや人柄などの情報を集める。

3.複数の税理士事務所に実際に足を運んで、最終決定する

4.着手金、成功報酬金額などを詰めて契約を締結

税理士・公認会計士事務所は、知り合いからの紹介などであまり比較検討もなしに決めるケースも多いのが現実ですが、助成金獲得を成功させるためには1、2の手順をキッチリすることが大切です。

助成金取得支援の税理士・公認会計士の発注時よくある質問

人イメージ

助成金取得支援の税理士・公認会計士についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック