業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

記帳代行の優良業者

税理士

最適業者がスグに見つかる

税理士・公認会計士は、税務相談、税務代理、納税申告書の3つの業務を独占的に扱うことができる、国家資格者です。特定の産業分野や、特定の税金(相続税、所得税など)を得意とする税理士もいますので、自社のニーズに合致した税理士を選んだ方が、アドバイスを受けやすくなる場合があります。経理部が簿記などに通じ、手続き上の必要しか感じないのであれば、費用の安さを基準に税理士を選んでもいいでしょう。一方、企業買収などを効果的に仕掛けたいなら、プロの専門集団が必要です。中小規模の経営者には、親密につきあえるパートナーが必要かもしれません。また、日々のお金の入出金をきちんと管理し、記帳から申告までを行ってくれる記帳代行ありの税理士もいます。煩雑な経理業務をプロに任せられ、なおかつ質の高い帳簿がつけられ、早急な節税対策にもなるでしょう。複数の候補が挙がったら、最後は信用ができそうな、相談しやすい税理士に的を絞っていきましょう。基本的に、本社に近い税理士の方が何かあった際にすぐに会って相談できるため便利です、税理士の訪問範囲なども確認してください。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

記帳代行の税理士・公認会計士の事務所選び方情報・比較のポイント

記帳代行の税理士・公認会計士の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

記帳代行の税理士・公認会計士の選定ポイント

POINT
01

有資格者のいない格安記帳代行サービスの仕組みを知っておく

依頼する前にしっかりと資格の有無などを確認しておくことが重要!

税理士の業務は大きく分けて「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」となります。これらの業務は有償無償を問わず資格を持っている者が行うことが税理士法で定められており、違反すると罰せられます。

ただし、税理士業務の「付随業務」として定められている「財務書類の作成」「会計帳簿の記帳の代行」「財務に関する事務」に関しては税理士資格を持たなくても行うことができます。

記帳代行会社とは、これら「付随業務」を行う会社のことを指します。

したがって、「この取引は税務上経費として認められるのだろうか?」「この取引は消費税が課税されるのだろうか?それとも非課税だろうか?」などの相談に応じることは、有資格者のいない代行サービス会社にはできません。

 

あくまでもルーティンワークとして判断なしに行える記帳業務のみアウトソースできるのだとおさえておきましょう。

POINT
02

有資格者のいる税理士事務所の格安の記帳代行サービスを利用するメリットを確認する

コスト面なども考慮しながら有資格者のいる事務所へ依頼するメリットを理解しておくこと。

無資格者でもできる「会計・記帳」と「税務判断」は実際には切り離せない場合が多いです。記帳代行するときにすでに「この取引は税務上経費として認められるのだろうか?」「この取引は消費税が課税されるのだろうか?それとも非課税だろうか?」という税務上の取り扱いを常に意識しなければ仕訳が不可能な場合もありますし、記帳されたデータを元に各種税務書類を作成する際には、クライアントの個別の利益を最大化するための相談に応じる業務が欠かせません。

 

金額的には無資格者の行う記帳代行サービスよりも割高になりますが、相談・税務判断を併せてお願いできるメリットは大きいです。自社の税金関連の内部統制がとれているかどうかや、監査対象になりやすい飲食費の取り扱いや領収書など帳簿のチェックをしてもらえるでしょう。自社でそうした業務が必要かどうかしっかり見極めておきましょう。

POINT
03

税理士・公認会計士事務所に記帳代行を依頼する流れを確認する

長期的に良い関係性でお願いするためにも全体の流れをしっかりと把握すること。

1.自社の経理状況を把握する

「自分で経理処理をやっていたが経理代行会社に任せて本業に集中したい」「今の税理士は節税のノウハウが足りないしアドバイスもしてくれない」など、現在何に困っているのか、何を改善したいかを整理します。自社の総務・税務・会計業務の中でも、所得税額の算出などの給与計算代行だけを依頼するのか、決算書の作成と決算申告、年末調整、確定申告書類の作成まで依頼するのかなど、何を代行してもらうのかを明確にしましょう。

 

2.税理士・公認会計士事務所の所在地、所長の年齢、得意業種、得意業務、料金などを過去の実績などから把握して絞り込む

 

3.複数の税理士事務所に実際に足を運んで、最終決定する

 

4.記帳代行業務の方針を決める

 

5.内容・費用・条件等をすりあわせて契約を締結

 

税理士・公認会計士事務所は、知り合いからの紹介などであまり比較検討もなしに決めるケースが多いのが現実ですが、良好で長い付き合いを続けていくためには、2の絞り込みをキッチリすることが大切です。

POINT
04

業務をスタートしてから困らないよう、レスポンスが良い税理士・公認会計士事務所を選ぶ

丁寧な仕事であることはもちろん、レスポンスの早さも選定のポイントに。

所長の年齢、得意業種、得意業務、料金などの基本的な条件も大切ですが、有資格者のいる税理士・公認会計士事務所に依頼する最大のメリットは、自分が困ったその時に適切に税務相談ができるかどうかです。しかしその肝心の相談事について待っている回答がいつまでたってもやってこないというのでは、意味がありません。もちろんいい加減な回答を早くもらってもしょうがないので「記帳代行の作業スピードや緊急相談の時のレスポンスが速く、難しい案件にはきちんと調べて期日までに回答してくれる」といった事務所を過去の実績などから慎重に判断しましょう。

記帳代行の税理士・公認会計士の発注時よくある質問

人イメージ

記帳代行の税理士・公認会計士についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック