業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

SSL証明書・サーバ証明書

最適な企業が30秒で、らくらく見つかる

利用実績

2万件

見積もり利用料

無料

利用満足度

98.4

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

カンタン30秒

100万件のクチコミと
5万社比較から

優良企業のみで
一括見積もり

SSL証明書・サーバ証明書とはウェブサイト所有者の情報・送信情報の暗号化に必要な鍵・証明書発行者の署名データで、ネット上の実印のようなものと捉えることができます。SSL証明書・サーバ証明書にはドメイン認証型、法的な実存証明を行う組織認証型、物理的な実存証明を含む組織認証を行うEVSSL型の3種類があり、さらに、1枚の証明書でサブドメインを証明できるワイルドカードや、1枚の証明書で複数のドメインを証明できるマルチドメインなど様々な機能があります。必要な認証対象、機能、予算を明確にし、自社に適したSSL証明書・サーバ証明書を選択しましょう。

人イメージ

SSL証明書の発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

SSL証明書・サーバ証明書の

選び方ガイド

SSL証明書・サーバ証明書の選び方ガイド

SSL証明書・サーバ証明書の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

SSL証明書・サーバ証明書の選定ポイント

POINT
01

認証対象を明確にする

認証対象によって3種類に分けられる、自社の目的に合わせた導入を!

SSL証明書・サーバ証明書は認証する業者による機能の差はあまり無いですが、地名度や信頼性、価格は違ってきますので、自社の導入目的に沿って比較検討しましょう。認証対象によって3種類に分けられますので必要な要素を確認してください。

  •  ドメイン認証型

対象ドメインの所有を証明する証明書で、書類の提出等が必要ないことから手軽で価格も安くなっています。個人事業主や一般企業に適しています。

  •  組織認証型

ドメインの所有に加えて、組織の身元も証明する証明書です。取得時に登記簿謄本の提出が求められたり、公的な企業データベースへ登録が確認される事があります。価格はやや高めで、一般企業や大規模サイトに適しています。

  •  EV SSL型

上記のドメインの所有証明や組織の法的な実存証明に加えて、厳格かつ統一的な基準のもとで組織の実在や運営状況などが物理的に確認されます。価格は高く、高い信頼性や安全性が求められるEC(ショッピング)サイトや金融系サイトに適しています。

 

POINT
02

自社に必要な機能を選択する

機能面は様々、必要な機能を明確にした選択が賢明!

SSL証明書・サーバ証明書はドメイン毎に証明書を発行するタイプの他に、1枚の証明書でサブドメインを証明できるものや、1枚の証明書で複数のドメインを証明できるものなど様々な機能をつけることができます。

  •  ワイルドカード

ワイルドカードとは、特定のドメイン名ではなくサブドメインに対して利用できる機能のことです。例えば、「*.example.jp」というワイルドカード証明書はそれだけで、「www.example.jp」、「test.example.jp」といったサブドメインに対しても正当な証明書として利用することができます。価格は高めですが、サブドメインからなる複数のサイトを1台のサーバで運用している場合は、各サブドメインに証明書を発行するよりも安価で済むことがあります。

  •  マルチドメイン

マルチドメインとは1枚の証明書で複数のドメインを証明できる機能のことで、SANやUCCとも呼ばれます。ワイルドカードと違い、gTLDから異なる複数のドメインに対して利用できますが、ドメイン名が増えるほど価格は高くなります。

  •  マルチサーバ

マルチサーバとは1枚の証明書を複数台のサーバにインストールできる機能のことです。従来はたとえドメイン名が共通でも、サーバが複数の場合はそれぞれに証明書を発行してもらう必要がありましたが、最近では1枚の証明書を複数のサーバにインストールして運用できるライセンスも増えています。

  •  サイトシール(SSLシール)

サイトシールとはSSL証明書によって証明されているドメイン名や有効期限などの情報をサイト上に設置する機能のことで、これによりサイトを訪問したユーザーにSSL証明書の内容を簡単に表示することができ、信頼感を高めることができます。組織認証型の証明書の場合はサイトシールが標準装備であることが多いですが、ドメイン認証型の場合はサイトシール付きだとやや高めになる傾向があります。

  •  フィーチャーフォン(ガラケー)対応

古いフィーチャーフォンではSSLによる暗号化や認証ができないことがあります。フィーチャーフォン向けのサービスでSSL証明書を利用する場合は証明書の発行元が提供しているフィーチャーフォンの対応リストを確認するようにしましょう。

 

POINT
03

価格体系

値段の差は大きく、機能面も踏まえたトータルバランスでの比較を。

SSL証明書・サーバ証明書は買い切りのものではなく、有効期限が存在します。有効期限は1年毎のことが多いですが、半年や1ヶ月単位で購入できる場合もありますので、状況に応じて適した有効期限の証明書を選択するようにしましょう。認証対象によって値段が大きくことなる他、業者によっても数万円という大きな差があります。安価な証明書の場合はサービスもそれなりで、問い合わせに対する対応が遅いなどの問題がある場合があります。安いからという理由で選ぶのではなく、信頼性やサービス面などにも注目するようにしましょう。

 

SSL証明書・サーバ証明書のよくある質問

人イメージ

SSL証明書・サーバ証明書についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。