業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

Twitter対応の優良業者

ソーシャルメディアマーケ

おすすめ業者を一覧比較

ソーシャルメディアマーケティングとは、Facebookやtwitter対応、LINEといったソーシャルメディアを活用したマーケティングのことで、分析ツールを用いる方法やコンサルティングサービスを依頼する方法などがあります。ソーシャルメディアを利用することにより、企業に親近感を抱いてもらったり、共感してもらうことを期待できます。また、ユーザーの不満などに対して素早く対応して炎上を未然に防ぐこともできます。ツールを導入する場合は、ただ分析を行うだけで終わらないよう、事前に何のための分析なのか、どの指標に注目し、定量的な基準をどう決め、数字によってどのような対応をとるのか考えておき、必要な機能、対象となるソーシャルメディアに応じてツールを選定しましょう。コンサルティングサービスの場合は依頼する内容、目的を明確にした上で、規模や実績が自社に適した業者を選ぶようにするとよいでしょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

Twitter対応の優良業者 ソーシャルメディアマーケティング業者一覧

4件中14件の業者を比較中

公式

ピットクルー株式会社

対応しているSNS
Facebook Twitter
会社サイト
http://www.pit-crew.co.jp/service/...
会社所在地
東京都千代田区岩本町2-4-1 神田岩本町プラザビル7F
会社電話番号
03-5820-7701
  • ISO27001を取得しており、個人情報をはじめ、各種情報資産のセキュリティ対策を実施
  • ソーシャルメディア運用支援の他、カスタマーサポートなど、当社ノウハウを活用したサービスを提供可能
  • 期間限定のキャンペーン事務局や小規模な運用体制など、お客様のご要望に合わせた運用体制の構築も可能
公式

株式会社プラスアルファ・コンサルティング

対応しているSNS
Facebook Twitter
会社サイト
http://www.pa-consul.co.jp/
会社所在地
東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル 5F
会社電話番号
03-6432-4016
  • マーケティング統合プラットフォームでデータ統合→分析→アクションがワンストップ
  • 特殊な能力や知識は必要なし 直感的な操作性で毎日活用できます
  • 充実、安心のサポート体制
公式

株式会社エフエーアイ

対応しているSNS
Facebook Twitter その他
会社サイト
http://adc-smm.com/
会社所在地
大阪府大阪市東淀川区西淡路1-3-26 弥生新大阪第一ビル 4F
会社電話番号
06-6160-7979
  • ソーシャルメディア運用実績200社以上
  • 顧客獲得、売上アップに貢献できるサービスを提供
  • 経験から得たノウハウと最新の活用術でご要望に合った構築・運用法をご提案
公式

株式会社misosil

対応しているSNS
Facebook Twitter Instagram
会社サイト
https://tofu.misosil.com/
会社所在地
東京都中央区築地2−11−25
会社電話番号
08034666487
  • 独自の解析技術によりキャンペーン効果をリアルタイムで確認可能
  • 正確なインフルエンサーを特定し、キャンペーンの成功確率を高めます
  • 無料トライアルでの利用ができます
  • 1

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

Twitter対応のソーシャルメディアマーケティング会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 分析ツールとコンサルティングサービス

    ツールの導入と、コンサルティングサービスの利用の2つの方法がある!
    ソーシャルメディアマーケティングを行う方法としては、分析ツールを導入する方法とコンサルティングサービスを利用する方法があります。分析ツールにはユーザーの声の把握し、分析を行うためのさまざま… 続きを見る

  • POINT 2 分析ツールの選び方

    分析対象を明確に、必要なツールを選ぶことが重要。
    <分析可能なメディア・機能>  ツールによって、Facebookのみのもの、twitterも含むもの、ブログや掲示板、クチコミサイトなども含むものなど、分析対象にできるソーシャルメディアが異なります。ま… 続きを見る

  • POINT 3 コンサルティングサービスの選び方

    対象ソーシャルメディアに得意な業者を選ぶことが大切。
    <対象ソーシャルメディアの選定> ツールと同様にコンサルティングの場合もFacebookに特化した業者やtwitterも含めて対応可能な業者など対象ソーシャルメディアが異なります。どのソーシャルメディア… 続きを見る

Twitter対応のソーシャルメディアマーケティング会社への発注にあたっての基礎用語

  • ソーシャルメディアマーケティング 基礎知識・基礎用語

    ソーシャルメディアマーケティングとは、Facebookやtwitter、LINEといったソーシャルメディアを活用したマーケティングのことです。総務省が発表した「平成24年通信利用動向調査の結果」によると、20代の28.2%を筆頭に、全体の15%がソーシャルメディアを利用しており、ビジネスにおいても15.9%の企業がソーシャルメディアを活用していることがわかっています。ソーシャルメディアマーケティングの必要性は今後ますます高まると考えられるでしょう。

    ▼主なソーシャルメディア

    •  Facebook

    世界一のユーザー数を誇るSNSで、2013年3月時点のアクティブユーザー数は11億人を超えています。日本人のアクティブユーザー数は2,000万人程度でしょう。企業マーケティングではFacebookページやアクセス解析機能、Facebook広告などが活用できます。

    •  twitter

    日本では推定2,000万人程度が利用しており、日本の利用者数は世界で2位となっています。リアルタイム性が高いため、臨場感のあるレポートなどに向いています。Twitterでは興味があれば相手の許可なくフォローができるため、販売などにつなげられる可能性も高い上、情報の取得や拡散、ユーザー反応などマーティング活動にも利用することができます。

    •  Google+

    Facebookに次ぐ世界第2位のSNSで、利用率はさほど高くありませんがコアなユーザーも存在します。グーグル検索と連動しているため、検索結果で優位に表示されるなどSEO対策に利用することが可能です。

    •  LINE

    2013年11月には世界の利用者数が3億人を突破するなど現在も利用者数が急拡大しています。日本での利用者は全体の20%に相当する6,000万人となっています。企業向け公式アカウントは初期費用200万円、月額150万円、オリジナルスタンプ配信1,000万円と非常に高額になっていますが、そのほか中小企業を対象に月額5,250円で利用できるLINE@というサービスも存在します。個別にプッシュ通知ができるため、店舗にとっては集客効果が期待できると言えるでしょう。