業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

茨城の
ソーシャルメディアマーケ

おすすめ企業20選

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

茨城でソーシャルメディアマーケティング会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

ソーシャルメディアマーケティングとは、Facebookやtwitter、LINEといったソーシャルメディアを活用したマーケティングのことで、分析ツールを用いる方法やコンサルティングサービスを依頼する方法などがあります。ツールを導入する場合は、ただ分析を行うだけで終わらないよう、事前に何のための分析なのか、どの指標に注目し、定量的な基準をどう決め、数字によってどのような対応をとるのか考えておき、必要な機能、対象となるソーシャルメディアに応じてツールを選定しましょう。コンサルティングサービスの場合は依頼する内容、目的を明確にした上で、規模や実績が自社に適した業者を選ぶようにするとよいでしょう。

茨城のおすすめソーシャルメディアマーケ業者20選

アイミツの保有する非公開情報や発注ユーザーの口コミなどから、茨城県でソーシャルメディアマーケを依頼する際におすすめの20社を紹介します

対応エリア
茨城 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
会社所在地
東京都千代田区岩本町2-4-1 神田岩本町プラザビル7F
会社電話番号
03-5820-7701
会社サイト
http://www.pit-crew.co.jp/
もっと見る
  • ISO27001を取得しており、個人情報をはじめ、各種情報資産のセキュリティ対策を実施
  • ソーシャルメディア運用支援の他、カスタマーサポートなど、当社ノウハウを活用したサービスを提供可能
  • 期間限定のキャンペーン事務局や小規模な運用体制など、お客様のご要望に合わせた運用体制の構築も可能
対応エリア
茨城 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
会社所在地
大阪府大阪市淀川区西中島5‐14‐10 新大阪トヨタビル4F
会社電話番号
06-6101-1313
会社サイト
http://www.adc-system.co.jp/
もっと見る
  • ソーシャルメディア運用実績200社以上
  • 顧客獲得、売上アップに貢献できるサービスを提供
  • 経験から得たノウハウと最新の活用術でご要望に合った構築・運用法をご提案
対応エリア
茨城 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
会社所在地
東京都中央区築地2−11−25
会社電話番号
08034666487
会社サイト
https://tofu.misosil.com/
もっと見る
  • 独自の解析技術によりキャンペーン効果をリアルタイムで確認可能
  • 正確なインフルエンサーを特定し、キャンペーンの成功確率を高めます
  • 無料トライアルでの利用ができます
対応エリア
茨城 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
会社所在地
東京都新宿区新宿5-18-12 SHINJUKU5-Ⅱビル2階
会社電話番号
03-6205-6780
会社サイト
http://lovecreativemedia.co.jp/
もっと見る
対応エリア
茨城
会社所在地
東京都品川区大崎3-15-23
会社電話番号
090-9400-8931
会社サイト
http://fmtcyberindustry.com/
  • お客様には、ソーシャル広告を出してすぐに反響があり、人手不足になったという企業様も珍しくございません
  • 現代社会の中では、ほとんどの人はSNSを一つは利用しています。そこに着目した広告がソーシャル広告です
  • 1

茨城県のソーシャルメディアマーケの業者:主な対応地域

水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市、東茨城郡茨城町、東茨城郡大洗町、東茨城郡城里町、那珂郡東海村、久慈郡大子町、稲敷郡美浦村、稲敷郡阿見町、稲敷郡河内町、結城郡八千代町、猿島郡五霞町、猿島郡境町、北相馬郡利根町

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

茨城のソーシャルメディアマーケティング会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 分析ツールとコンサルティングサービス

    ツールの導入と、コンサルティングサービスの利用の2つの方法がある!
    ソーシャルメディアマーケティングを行う方法としては、分析ツールを導入する方法とコンサルティングサービスを利用する方法があります。分析ツールにはユーザーの声の把握し、分析を行うためのさまざま… 続きを見る

  • POINT 2 分析ツールの選び方

    分析対象を明確に、必要なツールを選ぶことが重要。
    <分析可能なメディア・機能>  ツールによって、Facebookのみのもの、twitterも含むもの、ブログや掲示板、クチコミサイトなども含むものなど、分析対象にできるソーシャルメディアが異なります。ま… 続きを見る

  • POINT 3 コンサルティングサービスの選び方

    対象ソーシャルメディアに得意な業者を選ぶことが大切。
    <対象ソーシャルメディアの選定> ツールと同様にコンサルティングの場合もFacebookに特化した業者やtwitterも含めて対応可能な業者など対象ソーシャルメディアが異なります。どのソーシャルメディア… 続きを見る

茨城のソーシャルメディアマーケティング会社への発注にあたっての基礎用語

  • ソーシャルメディアマーケティング 基礎知識・基礎用語

    ソーシャルメディアマーケティングとは、Facebookやtwitter、LINEといったソーシャルメディアを活用したマーケティングのことです。総務省が発表した「平成24年通信利用動向調査の結果」によると、20代の28.2%を筆頭に、全体の15%がソーシャルメディアを利用しており、ビジネスにおいても15.9%の企業がソーシャルメディアを活用していることがわかっています。ソーシャルメディアマーケティングの必要性は今後ますます高まると考えられるでしょう。

    ▼主なソーシャルメディア

    •  Facebook

    世界一のユーザー数を誇るSNSで、2013年3月時点のアクティブユーザー数は11億人を超えています。日本人のアクティブユーザー数は2,000万人程度でしょう。企業マーケティングではFacebookページやアクセス解析機能、Facebook広告などが活用できます。

    •  twitter

    日本では推定2,000万人程度が利用しており、日本の利用者数は世界で2位となっています。リアルタイム性が高いため、臨場感のあるレポートなどに向いています。Twitterでは興味があれば相手の許可なくフォローができるため、販売などにつなげられる可能性も高い上、情報の取得や拡散、ユーザー反応などマーティング活動にも利用することができます。

    •  Google+

    Facebookに次ぐ世界第2位のSNSで、利用率はさほど高くありませんがコアなユーザーも存在します。グーグル検索と連動しているため、検索結果で優位に表示されるなどSEO対策に利用することが可能です。

    •  LINE

    2013年11月には世界の利用者数が3億人を突破するなど現在も利用者数が急拡大しています。日本での利用者は全体の20%に相当する6,000万人となっています。企業向け公式アカウントは初期費用200万円、月額150万円、オリジナルスタンプ配信1,000万円と非常に高額になっていますが、そのほか中小企業を対象に月額5,250円で利用できるLINE@というサービスも存在します。個別にプッシュ通知ができるため、店舗にとっては集客効果が期待できると言えるでしょう。