業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

ソーシャルメディアマーケティング

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

ソーシャルメディアマーケティングの業者選び方ガイド・比較のポイント

ソーシャルメディアマーケティングの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

ソーシャルメディアマーケティングの選定ポイント

POINT
01

分析ツールとコンサルティングサービス

ツールの導入と、コンサルティングサービスの利用の2つの方法がある!

ソーシャルメディアマーケティングを行う方法としては、分析ツールを導入する方法とコンサルティングサービスを利用する方法があります。分析ツールにはユーザーの声の把握し、分析を行うためのさまざまなツールが存在し、ソーシャルメディア上の情報を分析することでトレンドを知ったり、ニーズを把握するのに役立ちます。コンサルティングサービスには、ソーシャルメディア導入のコンサルティングや運用コンサルティング、運用の代行、分析・レポーティングなどを行う場合など様々です。 近年ソーシャルメディアのマーケティング活用がクローズアップされている中で、導入を検討する企業が増えていますが、目的を明確にせず導入しても成功しないこともあります。顧客とコミュニケーションを通じて関係性を築きたいのか、商品やサービスに関してユーザーの意見を聞きたいのか、自社のブランド力や認知度を高めたいのか、など目的やターゲット、目標管理指標であるKPI(Key Performance Indicator)を明確にし、必要なツール、サービスを選択しましょう

 

POINT
02

分析ツールの選び方

分析対象を明確に、必要なツールを選ぶことが重要。

<分析可能なメディア・機能> 

ツールによって、Facebookのみのもの、twitterも含むもの、ブログや掲示板、クチコミサイトなども含むものなど、分析対象にできるソーシャルメディアが異なります。まずは自社が分析を行いたいメディアを明確にし、ツールの絞り込みを行いましょう。複数メディアの比較分析や、テレビでの番組内容や広告内容との関連、ニュースとの関連を調べることのできるクロスメディア分析が可能ですと、より踏み込んだ分析やマーケティングを行うことができるためおすすめです。

また、ツールによって分析項目や対象データ、分析方法、技術などが異なります。

よくある機能としては、

  •  キーワードを含む発言の一覧を表示
  •  キーワードに関連する発言数の推移を表示
  •  発言のネガティブ、・ポジティブ分析
  •  キーワードに関連する発言者のセグメント別分析(男女別、地域別、年齢別など)
  •  引用されているURLの表示

などがあります。機能が多ければそれだけ画面や使い方が煩雑になるということを考慮し、必要な機能を絞り込むと良いでしょう。

<分析だけでない活用が可能か>

せっかくツールを導入しても、分析し、その結果を確認しただけで終わってしまってはあまり意味がありません。分析の前に何のための分析なのか、どの指標に注目し、定量的な基準をどう決め、数字によってどのような対応をとるのか考えておくことはもちろん、投稿機能や顧客ごとの会話履歴を管理する対話機能、自社アカウントの運用効果測定機能など一歩踏み込んだ機能があるツールを選択するのもおすすめです。

<システム連携のしやすさは?>

一般的に分析ツールは分析結果のCSV形式での出力に対応しており、Excel等に読み込んで簡単に加工、利用することができます。場合によってはCRMシステム、SFAシステムシステム、BIシステム等にも利用することができる他、APIを提供しているサービスもあるため、これを利用すればより柔軟なシステム連携を図ることができます。他システムとの連携を想定している場合には柔軟な連携が可能かどうかを事前に確認するようにしましょう。

<料金体系>

ID単位の基本料金がかかるのが一般的です。多くのキーワードを観測する場合は追加料金がかかる場合がある他、分析方法やレポートの種類によっても追加料金が必要になるケースがあるので注意が必要です。業者によっては別料金でユーザー企業独自の分析方法を請け負ってくれる場合もあります。

 

POINT
03

コンサルティングサービスの選び方

対象ソーシャルメディアに得意な業者を選ぶことが大切。

<対象ソーシャルメディアの選定>

ツールと同様にコンサルティングの場合もFacebookに特化した業者やtwitterも含めて対応可能な業者など対象ソーシャルメディアが異なります。どのソーシャルメディアのコンサルティングを依頼するのかを明確にし、業者を絞り込みましょう。

<依頼内容、目的を明確にする>

一口にソーシャルメディアコンサルティングといっても対象領域は下記のようにさまざまです。自社が求めるコンサルティング内容は何なのか、期待する効果、目標は何なのかを明確にし、業者を選定しましょう。

  •  導入コンサルティング

ソーシャルメディア導入の目的、方針、KPIの設定、運用ルール構築、ガイドライン作成など

  •  運用コンサルティング

コミュニケーションプランの策定、進行管理、投稿原稿などのコンテンツ作成など

  •  運用代行

ソーシャルメディア運用の代行

  •  分析、レポーティング

アクセス分析、効果測定を行い、課題を抽出し次のアクションへつなげる

  •  ページ制作、App制作

サイト構成設計、コンテンツ開発・運用など

  •  広告、プロモーション

効果的なメディアプランニング、動画の活用など

<実績・規模>

ソーシャルメディアに関わらず、大抵のコンサルティングサービスについて言えることですが、大企業向けのサービスを展開しているような規模の大きい会社はその分料金が高くなります。会社の規模や過去の実績等を確認し、自社に適しているかどうかを確認するようにしましょう。ソーシャルメディアを活用したマーケティング・プロモーションを中心にしつつも、Eコマース(ソーシャルコマース)分野に強みがある場合や、ソーシャルゲーム領域で実績があるコンサルティング会社も多いでしょう。過去にどのようなコンサルティングサービスを行い、どのような成果が出たのかなどを詳しくヒアリングしましょう。

 

ソーシャルメディアマーケティングの発注トラブル事例

人イメージ

ソーシャルメディアの利用がきっかけとなる炎上の問題などは特に心配で多く聞かれる悩みでもあるようです。ソーシャルメディアマーケティングにかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひimitsu(アイミツ)にご相談下さい。

ソーシャルメディアマーケティングの発注時よくある質問

人イメージ

ソーシャルメディアマーケティングについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。