業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

千葉の優良業者

千葉のソーシャルメディアマーケティング

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

ソーシャルメディアマーケティングとは、Facebookやtwitter、LINEといったソーシャルメディアを活用したマーケティングのことで、分析ツールを用いる方法やコンサルティングサービスを依頼する方法などがあります。ツールを導入する場合は、ただ分析を行うだけで終わらないよう、事前に何のための分析なのか、どの指標に注目し、定量的な基準をどう決め、数字によってどのような対応をとるのか考えておき、必要な機能、対象となるソーシャルメディアに応じてツールを選定しましょう。コンサルティングサービスの場合は依頼する内容、目的を明確にした上で、規模や実績が自社に適した業者を選ぶようにするとよいでしょう。

ソーシャルメディアマーケティング業者一覧

ソーシャルメディアマーケティング 10件中110件の業者を比較中

  • 1

アイミツのコンシェルジュサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。

千葉のソーシャルメディアマーケティング会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 分析ツールとコンサルティングサービス

    ツールの導入と、コンサルティングサービスの利用の2つの方法がある!
    ソーシャルメディアマーケティングを行う方法としては、分析ツールを導入する方法とコンサルティングサービスを利用する方法があります。分析ツールにはユーザーの声の把握し、分析を行うためのさまざま… 続きを見る

  • POINT 2 分析ツールの選び方

    分析対象を明確に、必要なツールを選ぶことが重要。
    <分析可能なメディア・機能>  ツールによって、Facebookのみのもの、twitterも含むもの、ブログや掲示板、クチコミサイトなども含むものなど、分析対象にできるソーシャルメディアが異なります。ま… 続きを見る

  • POINT 3 コンサルティングサービスの選び方

    対象ソーシャルメディアに得意な業者を選ぶことが大切。
    <対象ソーシャルメディアの選定> ツールと同様にコンサルティングの場合もFacebookに特化した業者やtwitterも含めて対応可能な業者など対象ソーシャルメディアが異なります。どのソーシャルメディア… 続きを見る

千葉のソーシャルメディアマーケティング会社への発注にあたっての基礎用語

  • ソーシャルメディアマーケティング 基礎知識・基礎用語

    ソーシャルメディアマーケティングとは、Facebookやtwitter、LINEといったソーシャルメディアを活用したマーケティングのことです。総務省が発表した「平成24年通信利用動向調査の結果」によると、20代の28.2%を筆頭に、全体の15%がソーシャルメディアを利用しており、ビジネスにおいても15.9%の企業がソーシャルメディアを活用していることがわかっています。ソーシャルメディアマーケティングの必要性は今後ますます高まると考えられるでしょう。

    ▼主なソーシャルメディア

    •  Facebook

    世界一のユーザー数を誇るSNSで、2013年3月時点のアクティブユーザー数は11億人を超えています。日本人のアクティブユーザー数は2,000万人程度でしょう。企業マーケティングではFacebookページやアクセス解析機能、Facebook広告などが活用できます。

    •  twitter

    日本では推定2,000万人程度が利用しており、日本の利用者数は世界で2位となっています。リアルタイム性が高いため、臨場感のあるレポートなどに向いています。Twitterでは興味があれば相手の許可なくフォローができるため、販売などにつなげられる可能性も高い上、情報の取得や拡散、ユーザー反応などマーティング活動にも利用することができます。

    •  Google+

    Facebookに次ぐ世界第2位のSNSで、利用率はさほど高くありませんがコアなユーザーも存在します。グーグル検索と連動しているため、検索結果で優位に表示されるなどSEO対策に利用することが可能です。

    •  LINE

    2013年11月には世界の利用者数が3億人を突破するなど現在も利用者数が急拡大しています。日本での利用者は全体の20%に相当する6,000万人となっています。企業向け公式アカウントは初期費用200万円、月額150万円、オリジナルスタンプ配信1,000万円と非常に高額になっていますが、そのほか中小企業を対象に月額5,250円で利用できるLINE@というサービスも存在します。個別にプッシュ通知ができるため、店舗にとっては集客効果が期待できると言えるでしょう。