業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

メンタルヘルス相談の優良業者

社会保険労務士

最適業者がスグに見つかる

社会保険労務士とは、企業におけるヒト(社員)、モノ(書面)、カネ(賃金・保険)の管理を代行する労務管理のプロです。その業務内容は社会保険労務士法によって定められており、取り扱う法令だけでも100種類を超えるといわれています。このため、依頼する内容(社会保険、労働保険、年金、助成金、就業規則、人事制度、給与管理、労災など)と社労士の得意分野が合致している事務所を選ぶようにしましょう(アウトソーシング型か、コンサルティング型かも見極めましょう)。また、企業内のメンタルヘルス問題に悩んでいるようでしたら、うつ病予防対策や職場復帰支援に詳しい社労士にメンタルヘルス相談をしてみるとよいでしょう。企業が取るべきメンタルヘルス対策のアドバイスなどを行ってくれます。その社労士に信頼が置けるかどうかは、登録年数の古さや他社との取引実績から、ある程度把握することができるでしょう。実際に顧問契約を結ぶ場合、顧問費用に含まれる業務範囲がどこまでなのかを、確認する必要があります。書類やデータの管理状況も含めて、決定する前に、一度訪問してみることをおすすめします。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

メンタルヘルス相談の社会保険労務士の事務所比較ガイド・比較のポイント

メンタルヘルス相談の社会保険労務士の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

メンタルヘルス相談の社会保険労務士の選定ポイント

POINT
01

社会保険労務士に従業員のメンタルヘルスについて相談するメリットを確認する

産業医によるさまざまな治療方法と異なり、会社の仕組み作りを期待できる

平成27年12月から、従業員数50人以上の事業場で「ストレスチェック」の実施が義務化されます。実施促進のための助成金を受けられる制度もでき、これらにより企業のメンタルヘルス対策は今後どんどん広がっていくと考えられます。

産業医にではなく、社会保険労務士(社労士)に従業員のメンタルヘルスについて相談するメリットは、会社の仕組みの整備に踏み込んだコンサルをしてもらえることです。

ただ単にメンタル面のケアが必要な従業員への治療的サポートであれば、メンタルケアが可能な産業医を探すべきです。

社会保険労務士に依頼する場合には、専門の「労務管理」の視点から、なぜメンタルケアが必要な事態が生じたのか(パワハラやセクハラの疑いやブラック企業体質など)、具体的に何をしたら良いのか、休職期間中の労働保険料の支払いはどうしたら良いのか、未然にどう対策をうっておけば良いのか、などにつきアドバイスを得ること、さらに具体的に就業規則改訂などの施策まで依頼することが可能です。

 

逆に言えば、こうした依頼に応じてもらえないのであれば、社会保険労務士に依頼する意味がありません。

POINT
02

改善のためのメニューをしっかり持っているか確認する

解決の方向性をじっくり相談できる社労士を選ぼう

社会保険労務士の役割は、労働基準法、労働安全衛生法や各種経験にもとづき、メンタルヘルス対策の制度をしっかり作成することで、具体的には下記のような作業になります。

 

  • なぜメンタルヘルスの不調が起きてしまったのかのヒアリングと判断
  • メンタルヘルス不調で休職した従業員に対する労務管理上のアドバイスと書類作成
  • 新たにメンタルヘルス問題を起こさないための環境改善の提案と就業規則改
  • メンタルヘルス問題による社会的リスクの説明(ブラック企業の風評被害など)

 

「相談にのります」と言いながら、すぐに書類作成や就業規則改訂などをしたがる社会保険労務士もいます。現状把握とリスクについて問題を共有してくれるしっかりした改善メニューを持っている社会保険労務士を選びましょう。

POINT
03

改善のための仕組みづくりも行ってくれるか確認する

悩み相談で終わらない、具体的施策を求めましょう

メンタルヘルス問題では、マネジメントを行う直属の上司や人事担当者、中小企業であれば社長が一人で悩むことがないよう、組織全体の問題として就業規則の見直しをすることが重要です。

 

パワハラやセクハラなどによるメンタルヘルス不調について、一般従業員、管理監督者に対して教育を行うことで心の健康への意識の向上を図り、休職してしまった人の職場復帰の体制整備や、具体的施策を提案することなども社会保険労務士に期待される役割です。

 

また現状の職場配置の適切性、人事異動の問題性の発見、上司の権限の見直しなどの人事労務管理や、従業員の過重労働廃止、トラブル処理相談窓口の設置など職場環境の改善の仕組みづくりもやってくれるのかどうか、確認しておきましょう。

POINT
04

メンタルヘルス対応の産業医との連携はあるか

社労士のバックグランドは充分か?

メンタルヘルス問題は、パワハラ・セクハラ・いじめといった人間関係から生じるストレスなどが引き金になります。

従って、職場改善のプロセスでメンタルヘルス対応の産業医や保健師との連携が必要になるケースもあります。

休職に至ってしまった従業員のケアや、他社のメンタルヘルスの現状などを産業医からアドバイスしてもらうことでより確実な職場環境の改善が図れます。

 

メンタルヘルスについて対応できる産業医はそう多くはいません。自社で社会保険労務士と別に探すよりも、必要であれば社会保険労務士経由で紹介してもらった方が、連携して作業してもらうにしても何かと都合がよいでしょう。

メンタルヘルス相談の社会保険労務士の発注時よくある質問

人イメージ

メンタルヘルス相談の社会保険労務士についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック