業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

助成金申請代行の優良業者

助成金申請代行の社会保険労務士

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

助成金申請代行の社会保険労務士の事務所比較ガイド・比較のポイント

助成金申請代行の社会保険労務士の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

助成金申請代行の社会保険労務士の選定ポイント

POINT
01

社会保険労務士に助成金申請の代行を依頼するメリットを確認する

助成金申請でも頼りになる社労士

会社設立の際、資金繰りのため融資申請と併せて創業補助金を申請したり、社員雇用の際に雇用助成金を申請したりすることがあります。補助金・助成金申請というと、税理士や公認会計士に依頼するケースを思い浮かべる事業主も多いかもしれません。これは税理士や公認会計士が創業サポートや創業後の経理面の実務をマネジメントすることが多いからです。

 

しかし補助金・助成金の中身をよく見てみると、賃金アップや雇用に関するものが非常に多く、当然こうした分野について最も専門的な知見や経験を有しているのは社会保険労務士なのです。従って、こうした分野の申請書類を説得力ある形で仕上げるためには、労務管理の専門家である社会保険労務士にコンサルティングしてもらうのが最適であることは明白です。

 

申請したい補助金の中身が社会保険労務士の業務に関連する場合には、積極的に社会保険労務士に労務相談しましょう。

POINT
02

社会保険労務士が強みを発揮する助成金にはどんなものがあるか整理しておく

社労士が強いのは例えばこんな助成金

社会保険労務士が強い助成金には以下の様なものがあります。

 

  •  制度導入系の助成金例
助成金の種類 助成金の受給額例
正社員転換制度奨励金 1人目40万円、2人目以降20万円/人 (最大10人まで)
中小企業定年引上げ等奨励金 企業規模、導入制度により10万円~160万円
訓練等支援給付金・職業能力評価推進給付金 訓練実施費用の1/3~、訓練期間中の賃金の1/3~など
育児休業取得促進措置 経済的支援の額の3/4
中小企業子育て支援助成金 1人目:100万円、2人目から5人目まで:80万円

 

  •  雇用系の助成金例
助成金の種類 助成金の受給額例
特定求職困難者雇用開発助成金 90 万円(中小企業・短時間勤務者以外)など
緊急就職支援者雇用開発助成金 45 万円(中小企業・短時間勤務者以外)など
高年齢者雇用開発特別奨励金 90 万円(中小企業・所定労働時間30時間以上/週)など
試行雇用奨励金 試行雇用期間中、4万円/月
派遣労働者雇用安定化特別奨励金 100万円/人(中小企業) 50万円/人(大企業)など
若年者等正規雇用化特別奨励金 100万円/人(中小企業) 50万円/人(大企業)
受給資格者創業支援助成金 設立後3ヶ月以内に支払った経費の1/3(上限有り)
介護基盤人材確保助成金 1人当たり6ヶ月70万円(最大3人まで)
難治性疾患患者雇用開発助成金 135万円(中小企業・短時間労働者以外) など

 

  •  中高齢者系の助成金例
助成金の種類 助成金の受給額例
特定求職困難者雇用開発助成金 90万円(中小企業・短時間勤務者以外)など
緊急就職支援者雇用開発助成金 45万円(中小企業・短時間勤務者以外)など
高年齢者雇用開発特別奨励金 90万円(中小企業・所定労働時間30時間以上/週)など
中小企業定年引上げ等奨励金 経済的支援の額の3/4
高年齢者等共同就業機会創出助成金 対象経費の1/2~(最大500万円)

 

補助金や助成金というと、「創業支援」や「新製品開発」がイメージとしてすぐに浮かぶのですが、そもそも企業向けの助成金の財源の多くは会社が国に支払う「雇用保険料」です。

雇用保険料を財源としているため、多くの助成金は人を雇い入れて雇用保険(労働保険)に加入することが条件になっています。

この辺りの事情をよく理解して、自社に最適な助成金・補助金の申請を社会保険労務士に相談してみましょう。

POINT
03

助成金申請における社会保険労務士の得意分野を確認しておく

社労士の先生がどんな分野の助成金申請に強いのかを見極めよう

依頼する社労士の専門領域が、申請したい補助金・助成金の依頼内容と一致している事が重要です。助成金の獲得実績などはなかなか表に出てこないのですが、「あの社会保険労務士事務所は○○に強い」という業界での評判などを入手して事務所の得意分野を確認しておきましょう。

また、Webサイトなどでプロフィールや実績一覧や講演・執筆などの活動実績が公表されていることが多いので事前に必ず目を通すようにします。助成金の無料診断フォームを設けている社労士事務所もありますので利用してみてください。

 

適切な専門分野を持った社会保険労務士事務所がどうしても見つからない場合、個々人の専門分野の不足を補う、「組織型社労士事務所や社労士法人」で事務所を運営しているところで実績のあるところをあたってみるのもよいでしょう。

助成金申請代行の社会保険労務士の発注時よくある質問

人イメージ

助成金申請代行の社会保険労務士についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な事務所比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で事務所比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。