あなたの発注コンシェルジュ

売上管理機能搭載
定評のあるSFA・CRM業者10選

SFA・CRMの専門コンシェルジュが選ぶ
売上管理機能搭載で実力のあるSFA・CRM業者10選

1. 株式会社NIコンサルティング

株式会社NIコンサルティング
  • 企業経営・営業の可視化がモットー。代表は数々のビジネス書籍を出版してきた著名コンサルタント。
  • Salesforceの導入支援が得意。案件管理やルート営業など目的別に6つのパッケージを用意。
  • クラウド型なら月額3,500円から利用可能。CRMを組み合わせた30日間の無料トライアル受付中。
対応機能
営業日報 、訪問・スケジュール管理 、案件・顧客管理 、契約書管理 、予実・売上管理 、TODOリスト 、名刺管理・取込 、メール・メッセージ機能 、問い合わせ管理
実績数
100~1,000
電話番号
03-5781-5525
会社サイト
http://www.salesforce-assistant.com/

3. ソフトブレーン株式会社

ソフトブレーン株式会社
対応機能
営業日報 、訪問・スケジュール管理 、案件・顧客管理 、見積書・請求書管理 、予実・売上管理 、TODOリスト 、名刺管理・取込 、メール・メッセージ機能 、メーリングリスト管理 、集計・分析
実績数
1,000~5,000
電話番号
03-6880-9500
会社サイト
http://www.e-sales.jp/

5. 株式会社オービックオフィスオートメーション

株式会社オービックオフィスオートメーション
  • 「商奉行」「蔵奉行」とのデータ連携が低コストで実現可能
  • 入力フォームやタブ設定など、様々な項目を自由にカスタマイズ
  • Office365との連携機能も新たに追加
対応機能
営業日報 、訪問・スケジュール管理 、案件・顧客管理 、見積書・請求書管理 、予実・売上管理 、商品管理 、TODOリスト 、ワークフロー 、名刺管理・取込 、メール・メッセージ機能 、メーリングリスト管理 、問い合わせ管理 、集計・分析
主な顧客規模(従業員数)
50~100
実績数
~100
電話番号
0120-553-512
会社サイト
http://www.oa.obic.co.jp/

6. ナレッジスイート株式会社

ナレッジスイート株式会社
  • 問い合わせ管理、集計・分析などの機能をワンパッケージ化。グループ会社含めて横断的に利用可能。
  • 必要な機能だけを抽出でき、ミニマム運用を実現。データ蓄積量による課金で無駄なコストは一切なし。
  • 「ASP・SaaSクラウド・アワード2015」「東京都ベンチャー技術大賞」など受賞歴多数。
対応機能
営業日報 、訪問・スケジュール管理 、案件・顧客管理 、予実・売上管理 、ワークフロー 、名刺管理・取込 、メール・メッセージ機能
実績数
5,000~10,000
電話番号
03-5440-2081
会社サイト
http://knowledgesuite.jp/

7. 株式会社ネオジャパン

株式会社ネオジャパン
  • みなとみらいのシステム開発会社が提供するSFA。営業スタッフに負担をかけないシンプルな設計が特徴。
  • プルダウン選択により入力作業を効率化。日報を作成するだけで売上・商談・顧客情報をまとめて閲覧可能。
  • 10ユーザーまでならライセンス価格198,000円(1年の無償サポート付き)。40日間の無料体験も。
対応機能
営業日報 、訪問・スケジュール管理 、案件・顧客管理 、予実・売上管理 、商品管理 、メール・メッセージ機能 、集計・分析
実績数
1,000~5,000
電話番号
045-640-5900
会社サイト
http://www.desknets.com/sss/

8. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

9. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

10. 非公開企業

非公開

この企業について詳しく知りたい方はこちら

売上管理機能搭載でセールスフォース(SFA)・CRM会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

SFAとはSalesForceAutomation(セールフォースオートメーション)の略で、営業支援システムのことです。顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理して後方支援を行います。新規導入の際はまずクラウド型(ASP型)を導入してみて、期待する効果を得られた場合のみ自社構築を行うパッケージ型(オンプレミス)型に移行すると無駄がありません。その他、自社の求めるSFA効果を明確にし、必要な機能を絞り込むことで使い勝手を良くする、導入時だけでなく導入後も中長期的に適切なサポートをしてくれる業者を選択するなどして利用率を高めることが大切です。デモ版や試用サービスを利用し、業者へ細かくヒアリングを行うなどして自社に適したツール・サービスを選択するようにしましょう。