業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

島根の優良業者

島根のセールスフォース(SFA)・CRM

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

SFAとはSalesForceAutomation(セールフォースオートメーション)の略で、営業支援システムのことです。顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理して後方支援を行います。新規導入の際はまずクラウド型(ASP型)を導入してみて、期待する効果を得られた場合のみ自社構築を行うパッケージ型(オンプレミス)型に移行すると無駄がありません。その他、自社の求めるSFA効果を明確にし、必要な機能を絞り込むことで使い勝手を良くする、導入時だけでなく導入後も中長期的に適切なサポートをしてくれる業者を選択するなどして利用率を高めることが大切です。デモ版や試用サービスを利用し、業者へ細かくヒアリングを行うなどして自社に適したツール・サービスを選択するようにしましょう。

セールスフォース(SFA)・CRM業者一覧

セールスフォース(SFA)・CRM 81件中110件の業者を比較中

資料あり

ワンズ営業日報

実績数
100~1,000
顧客層
10~50
提供形態
クラウド型
提供会社
もっと見る
実績数
100~1,000
顧客層
10~50 50~100
提供形態
クラウド型
提供会社
もっと見る
実績数
1,000~5,000
顧客層
100~500
提供形態
クラウド型
提供会社
もっと見る
実績数
~100
顧客層
~10 10~50
提供形態
クラウド型
提供会社
もっと見る
実績数
100~1,000
顧客層
50~100
提供形態
クラウド型
提供会社
もっと見る
資料あり

ネクストSFA

実績数
100~1,000
提供形態
クラウド型
対応機能
営業日報 訪問・スケジュール管理 案件・顧客管理 予実・売上管理 TODOリスト メール・メッセージ機能 メーリングリスト管理 問い合わせ管理 集計・分析
提供会社
もっと見る
実績数
1,000~5,000
提供形態
パッケージ型
対応機能
営業日報 訪問・スケジュール管理 案件・顧客管理 予実・売上管理 商品管理 TODOリスト ワークフロー メール・メッセージ機能 メーリングリスト管理 問い合わせ管理 集計・分析
提供会社
もっと見る

アイミツのコンシェルジュサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。

島根のセールスフォース(SFA)・CRM会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 パッケージ(自社構築)型かクラウド型か

    それぞれのメリット・デメリットを把握して自社に最適なプランの導入を!
    SFAの導入方法として大きく分けて、自社サーバで構築するパッケージ型(オンプレミス型とも呼ばれています)とクラウド型(ASP型、SaaS型とも呼ばれています)があります。クラウド型は初期費用が安く、… 続きを見る

  • POINT 2 自社の課題を整理し、期待効果を明確にする

    利用目的を明確して最適な機能を持つシステムの導入を。
    SFAの利用目的としては、大きく分けて以下の2つがあります。  新規顧客開拓(見込み顧客開拓)向け  既存顧客管理向け また、SFAツールの基本的な機能としては、以下の6つがあげ… 続きを見る

  • POINT 3 CRMパッケージの一部か専用ツール・サービスか

    使い勝手やコストのバランスを比較、自社のニーズに最適なものを選択する必要あり。
    SFAの導入方法として、カバー領域が広いCRMパッケージの一部として導入する方法と、専用のものを導入する方法があります。CRMパッケージの一部として導入した場合はSFA機能で入手できる情報をそのままマ… 続きを見る

  • POINT 4 サポートの充実度(導入時、導入後)

    年単位で定着を支援する体制を持つ業者がどうかを見極める必要がある!
    SFAは導入するだけでは成功できません。SFAを手段として営業改革を行うからこそ成功につながるのです。そのため、中・長期的に各事業所、各部署、各ユーザの利用率を計測し、状況に応じた適切なフォロー… 続きを見る

島根のセールスフォース(SFA)・CRM会社への発注にあたっての基礎用語

  • セールスフォース(SFA)・CRM基礎知識・基礎用語

    SFAとはSales Force Automation(セールフォースオートメーション)の略で、営業支援システムのことです。顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理して後方支援を行います。

    SFAはアメリカ発祥で、1990年代後半に日本に輸入され多くの企業が導入しました。しかし、普及当初のSFAは日本の営業スタイルにそぐわない部分が多かったことから「SFAは使われない」という風説が生まれてしまいました。現在は当初のSFAの問題点を積極的に解消し、海外流のトップダウン型SFAから、日本流のボトムアップ型SFAへの転換がすすめられ、再度普及が進んでいます。また、携帯電話からの利用はもはや当たり前で、今後はスマートフォンが有望な端末になると考えられています。