業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

営業日報機能搭載の優良業者

営業日報機能搭載のセールスフォース(SFA)・CRM

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

営業日報機能搭載のセールスフォース(SFA)・CRMの業者比較マニュアル・比較のポイント

営業日報機能搭載のセールスフォース(SFA)・CRMの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

営業日報機能搭載のセールスフォース(SFA)・CRMの選定ポイント

POINT
01

営業支援(SFA)ソフトと顧客管理(CRM)ソフトの違いを知り自社の目的をはっきりさせる

最初の切り口を〈前方支援〉の「営業支援」なのだということを伝える。

SFA・CRMはどちらも顧客を管理して営業成績を挙げるためのツールですが、SFAとは「Sales Force Automation」の略で、訳すと「営業支援システム」となります。つまり営業部隊が「営業マンの行動を管理し、効率化すること」を目指し、営業効率化を図ることを指します。

両者とも一元管理された顧客データベースを持ちますので重なる部分も大きく、SFAツールの中にCRMの機能が含まれていたり、CRMの中にSFAの機能が含まれていたりするので混乱してしまう場合もありますが、主に営業部隊が使うために最適化されているのがSFAで、マーケティング部門が顧客を管理し、既存顧客の顧客満足度を上げたり新規開拓を行うのがCRMだと捉えておけばよいでしょう。

もちろん、両者をうまく連携させることが最終的には重要なのですが、見積もりをとる際には、最初の切り口を〈前方支援〉の「営業支援」なのだということを業者に伝えておきましょう。

POINT
02

自社でやりたいことが営業支援(SFA)ソフトで対応可能かチェックする

営業支援の機能をチェックして自社の要件を満たすか確認する。

  • 企業情報、担当者情報、各担当者の対応履歴などの管理
  • 各営業マンの売上を管理者が閲覧できるレポート機能
  • タスク管理・アラート機能
  • カレンダー機能
  • 見積書作成・顧客紐付け機能
  • 請求書発行機能
  • 日報提出・日報管理機能

などがSFAソフトで実現できます。CRMソフトで実現できる機能については「営業支援システム・ソフト」も参照してください。

 

POINT
03

クラウド型営業支援ソフトにするかパッケージ型営業支援ソフトにするかを決める

手軽さを選ぶか自社仕様のカスタマイズを重視するか?

〈クラウド型SFAのメリット〉

  • 時間と費用が節約できる!

SFAを導入するには、一般に多くのシステム・ハードウェア初期費用と導入のための時間がかかります。クラウド型で導入すればライセンス管理、設定、トラブル対応といったシステム管理作業を大幅に削減できます。セキュリティの確立されたインターネット接続環境とブラウザーがあれば、自社で特別なシステムを構築しなくても手軽な運用開始が可能です。

  • 洗練された汎用的な機能が揃っている!

クラウド型SFA、現場の営業担当者がすぐに直感的に使える操作性を第一に作られています。ユーザーインターフェースは各社入力支援や一覧表の見やすさなどを工夫したユーザーインターフェースとなっており、プラットフォームを問わず営業管理や生産管理などの実務最優先のシンプルさが期待できます。

  • クラウドながらもカスタマイズ対応してくれる製品が増えている!

一般的な印象としてクラウド型は「カスタマイズに大幅な制限がある」印象を持つ担当者の方が多いと思います。しかし最近のクラウド型SFAサービスは入力項目やアウトブット帳票のカスタマイズはもちろん、セールスフォース・ドットコムなどのバックエンドシステムと連携できる機能も充実してきています。

  • バージョンアップやシステム障害に対する対応が迅速!

クラウド型なので、システム障害への対応やバージョンアップには無料で迅速に対応してくれます。自社で不具合が確認できていないところであっても、多数のユーザーからの声やニーズを反映させて常にチューンアップされた状態でサービスが提供されます。

〈パッケージ型のメリット〉

  • 自社に即した柔軟なシステム連携が可能!

クラウド型では、セールスフォース・ドットコムなどの定番SFAとの連携は用意されていても、すでに自社で稼働している基幹システムや大規模な顧客データベースと完全に連動できない場合が多いです。

クラウドが対応できるカスタマイズはインターフェイス部分やデータの簡単なインポート/エクスポートがメインですので、リアルタイムに既存システムとデータをやり取りしたり、データをアップデートしたりするには特別な対応が必要となります。費用的にもライセンス型のオリジナルSFAを構築したほうが時間も費用も安くなるケースが多々あります。

  • 自社オリジナルのバージョンアップが可能!

SFAは営業プロセスの改善と密接に関わってきます。したがって自社の営業プロセスを他社と比べて差別化したければ、SFAシステムの進化が必要となります。この点クラウド型のSFAのバージョンアップはあくまでも最大公約数的な機能の進化しか提供してくれません。

営業力を鍛えて他社と差別化できることがシステム導入の最終目的なので、使い込めば使い込むほど、自社の強みをSFAを使った業務プロセスやワークフローへの反映に対して制限のないライセンス型オリジナルSFAが必要になってきます。

  • 長期の使用ではオンプレミスがお得というケースもある

クラウド型は初期費用が安く、その後も月額費用だけで済む利点がありますが、月額費用を利用人数分支払うため、利用が長期間になればなるほど累計コストがかさむ問題点があります。(一般的にクラウド型のランニングコストをパッケージ型導入の運用コストと比較すると、1年半~2年強でクラウド型のほうがコストは高くなると言われています。)

初期費用を抑えたい場合にも、サポート費用や導入支援もトータルで月々のリース契約にしてしまう方法もありますのでぜひ検討してみましょう。

営業支援システム(SFA)ソフトは手軽に導入してとにかく使ってみることも大事ですが、同時に自社仕様対応を含めた将来的な拡張性を考慮しておくことも必要です。

POINT
04

最新のマーケティングシステムに対応しているかチェックする

オムニチャンネルとマーケティングオートメーションへの対応は大丈夫?

最近のSFAの傾向として単なる営業支援だけでなく、インターネットを含めたマルチチャネルのマーケティングデータを統合し、積極的に自動化を取り入れていくトレンドがあります。こうした最新の仕組みに対応しているかどうか事例をチェックしておくことで、より長期間の使用に耐えるシステムの導入が図れます。

〈SFAが解決するオムニチャネル化〉

顧客と多数の接点を持とうとするときに、従来は「マルチチャネル」という言葉を使いました。「オムニチャネル」とは、店舗やイベント、ネットやモバイルなどのチャネルをただ単に多角展開するだけではなく、すべてのチャネルを連携・シェアさせて顧客にアプローチします。この連携をするためのハブとなるのが、SFAとなります。ただ単に営業支援をサポートするツールとしてだけではなく、様々な営業活動を連携させる機能を持ったSFAシステムが出始めているので、自社の課題と照らしあわせて検討しましょう。

〈マーケティングオートメーションとの連携〉

SFAは顧客に対するきめの細かい対応とタイミングの良いアプローチ・フォローを支援してくれます。しかし実際に営業マンがセールスに動いたり、マーケティング部門が見込み客を抽出してとりまとめたりするまでの過程で、自動処理できる部分提携処理はたくさんあります。例えば顧客フォローにしても、定型のご挨拶メールを送ったり、活用方法のサジェスチョンを提案したりするのはネットである程度自動化できます。そして自動化によりお客様自身の課題点や欲求がもっとはっきりしてきた段階で、実際に営業活動を行う、精度の高い顧客リストをグルーピングして営業部隊に渡すやり方で、よりSFAシステムを効果的に活用できるようになります。

運用管理において自動化できるところは自動化してしまうSFAの重要な補助ツールとしてマーケティングオートメーションへの注目が高まっていますが、そうした機能をSFAシステムの中に内包している製品も出始めています。

POINT
05

カスタマイズ、バージョンアップ、サポート体制をチェックする

SFAを使いこなす鍵はサポート体制にあり!

SFAは導入するだけでは成功できません。SFAを手段として営業改革を行うからこそ成功につながるのです。そのため、中・長期的に各事業所、各部署、各ユーザーの利用率を計測・トラッキングし、状況に応じた適切なフォローを行う必要があります。初期の導入支援だけでなく、システムや端末を使いこなせるまで継続して支援してくれる体制を持つ業者を選定することが定着の大きなポイントです。導入時、導入後のオプションやサポート体制はどうなっているかを必ず確認するようにしましょう。

営業マンが現場で使いこなせるようになってくれば、運用上の課題点や解決すべき問題点も浮かび上がってきます。そうした場合に、経験豊富な業者ならばより効果的な使い方や問題解決の方向性を示してくれます。また、SFA導入のカギはトップダウンではなく営業現場からのアイディアのボトムアップも欠かせません。運営上対処できるものはその対処の方法をアドバイスしてもらい、システム上無理なものについては次期バージョンアップを一緒に検討するなど、最終的にパートナーとして接していける業者を選定しましょう。

営業日報機能搭載のセールスフォース(SFA)・CRMの発注時よくある質問

人イメージ

営業日報機能搭載のセールスフォース(SFA)・CRMについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック