あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

SFA
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ SFA業者を探す際のワンポイントアドバイス

SFAとはSalesForceAutomation(セールフォースオートメーション)の略で、営業支援システムのことです。顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理して後方支援を行います。新規導入の際はまずクラウド型(ASP型)を導入してみて、期待する効果を得られた場合のみ自社構築を行うパッケージ型(オンプレミス)型に移行すると無駄がありません。その他、自社の求めるSFA効果を明確にし、必要な機能を絞り込むことで使い勝手を良くする、導入時だけでなく導入後も中長期的に適切なサポートをしてくれる業者を選択するなどして利用率を高めることが大切です。デモ版や試用サービスを利用し、業者へ細かくヒアリングを行うなどして自社に適したツール・サービスを選択するようにしましょう。

ところで

SFAの業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    紹介企業数は業界No.1。2014年の満足度は、なんと98%。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

SFA業者を探す

全国160社から、あなたにピッタリのSFA業者が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

SFAの選び方ガイド

SFAの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


SFAの選定ポイント

point.1パッケージ(自社構築)型かクラウド型か

それぞれのメリット・デメリットを把握して自社に最適なプランの導入を!

SFAの導入方法として大きく分けて、自社サーバで構築するパッケージ型(オンプレミス型とも呼ばれています)とクラウド型(ASP型、SaaS型とも呼ばれています)があります。クラウド型は初期費用が安く、その後も月額費用だけで済むという利点がありますが、月額費用を利用人数分支払うため、利用が長期間になればなるほど累計コストがかさむという問題点があります。(一般的にクラウド型のランニングコストをパッケージ型導入の運用コストと比較すると1年半~2年強でクラウド型のほうが、コストが高くなると言われています。)しかし、だからと言って最初からパッケージ型を導入してしまうと、思うほど使われなかった、期待した成果が得られなかったという場合にすべて無駄になってしまいます。そのため、新規導入の場合は試験的にクラウド型を導入してみて、思ったような成果が得られた場合にカスタマイズも行いやすいパッケージ型に移行するのがおすすめです。

 

point.2自社の課題を整理し、期待効果を明確にする

利用目的を明確して最適な機能を持つシステムの導入を。

SFAの利用目的としては、大きく分けて以下の2つがあります。

  •  新規顧客開拓(見込み顧客開拓)向け
  •  既存顧客管理向け


また、SFAツールの基本的な機能としては、以下の6つがあげられます。

  •  営業支援機能

顧客先への訪問・連絡スケジュールやコンタクト履歴が管理できる。

  •  マネージャーにとっての営業支援機能

各担当者がどのような活動をしているのかを確認し、必要に応じて適切な助言を書き込める。

  •  顧客管理機能

顧客先社員の詳細な情報や過去の実績、将来の売り上げ見込みなどを管理できる。

  •  案件管理機能

日報をベースに個々の案件に関する営業活動の状況が把握できる。

  •  情報共有機能

営業関連資料などの共有書類、商品カタログ等にアクセスでき、さらに営業日報から得られる商談の履歴などにもアクセスできる機能。

  •  集計、分析機能

あらかじめ設定されている条件を選んでリストやグラフを自動作成することができる。

これらの基本的な機能はどのツールやサービスでも揃っている多いですが、機能が揃っていることよりも大切なのは実際の使い勝手です。また、多くの機能を実装すると価格も高くなります。自社が求めるSFA効果としてどれが最も望ましいかを明確にして評価ポイントを絞り、必要な機能が揃っているか、利便性はどうかを確認するようにしましょう。その際、デモ版や無料お試しサービスを利用して使い方を確認するのも効果的です。

 

尚、「ERPパッケージ・ERPシステム業者の比較」もご参考にしてください。

 

point.3CRMパッケージの一部か専用ツール・サービスか

使い勝手やコストのバランスを比較、自社のニーズに最適なものを選択する必要あり。

SFAの導入方法として、カバー領域が広いCRMパッケージの一部として導入する方法と、専用のものを導入する方法があります。CRMパッケージの一部として導入した場合はSFA機能で入手できる情報をそのままマーケティング活動に活かすことができるという利点がありますが、その分入力項目が増えてしまうため、現場での効率が落たり、担当者の反発を産む可能性があります。一方、専用ツールやサービスを選択した場合は担当者の必要とする機能だけに絞ることが可能ですが、管理者や経営層に迅速に数字を渡せるようにするには他ツールとの連携が必要で、その分コストがかかってしまいます。使い勝手やコストのバランスを見ながら自社に適した方法を選択しましょう。

 

point.4サポートの充実度(導入時、導入後)

年単位で定着を支援する体制を持つ業者がどうかを見極める必要がある!

SFAは導入するだけでは成功できません。SFAを手段として営業改革を行うからこそ成功につながるのです。そのため、中・長期的に各事業所、各部署、各ユーザの利用率を計測し、状況に応じた適切なフォローを行う必要があります。初期の導入支援だけでなく、年単位で定着を支援する体制を持つ業者を選定することが定着の大きなポイントです。導入時、導入後のサポート体制はどうなっているかを必ず確認するようにしましょう。

 


SFAのよくある質問

SFAについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

QSFA(セールスフォースオートメーション)とは何でしょうか?

A営業活動の効率化を可能にし、実際の現場においての営業活動を可視化する事が出来るツール。

FAとはSales Force Automation(セールフォースオートメーション)の略で、営業支援システムのことです。顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理して後方支援を行います。現在では、営業活動の効率化にも一役かっており、実際の現場においての営業活動を可視化するツールとなっています。営業効率をあげていくことにより、様々な売上向上施策の実施と評価に繋げていくことができるのもメリットの1つです。

Q営業等の業務改善についてもコンサルティング対応できますか?

Aツールではカバーしきれない内容の場合、コンサルティング契約をする必要がある!

セールスフォース(SFA)・CRM業者との契約範囲によります。基本的には、セールスフォース(SFA)を導入することで、業務効率を改善し、営業効率を高めて行くことが目的ですので、ツールでできる内容であれば問題ないのですが、ツールではカバーしきれない内容であると、コンサルティング契約をする必要があるかもしれません。詳しくは、セールスフォース(SFA)・CRM業者にお問い合わせください。

Qシステム専任担当者がいませんが運用可能ですか?

A必ず必要というわけではないが、担当者がいる方が好ましいと言える。

システム専任担当者がいなくても、セールスフォース(SFA)・CRMサービスの導入は可能です。ツールにもよりますが、セールスフォース(SFA)・CRMサービスは実担当者が実際に使って業務効率改善や売上貢献を行えるように構築されていますので、専任担当者による開発やサポートなどは不要です。ただし、利用者の増加や利用者の管理、利用者のパソコンでの設定など情報システムまわりでの担当者が関わっているほうが、より良いと思われます。

Q導入コストが高額ではありませんか?

A機能数や利用できる人数などで選択するツールが異なり、導入コストも大きく変動する!

セールスフォース(SFA)・CRMシステムは、どのような事業をサポートするかによって、大きく機能が異なります。この対応している機能数や利用できる人数によって、ツールが異なり、導入コストが変動していきます。初期導入コストとランニング費用がかかりますので、どのような機能が必要で、何人で利用したいのか?それは未来も増えることは無いのか?など、細かい利用条件をセールスフォース(SFA)・CRM業者に伝えて行くことが必要です。

Q誰をプロジェクトメンバーに入れるべきですか?

A現場担当者・現場マネージャーのアサインは必須、実担当者の利用が事業貢献には欠かせない。

セールスフォース(SFA)・CRMシステムは、実際に利用する目的に応じて、現場担当者・現場マネージャーのアサインは必須と言えます。実際に、どんなに貢献できそうなシステムであったとしても、実担当者が利用しなくては、事業貢献をすることはできないからです。また、情報システム部のメンバーも初めからアサインしておくと、実際のシステムが稼働しない場合や人数を追加する場合に安心でしょう。

Q導入期間は何か月ぐらいかかりますか?

AASP型ならすぐに使える、パッケージ型の場合導入まで数ヶ月ほどかかる場合もあり。

セールスフォース(SFA)・CRMは、システムパッケージを購入したり、ASP契約をすることですぐに使えるものが多く、導入までの期間は数ヶ月である場合が多いです。もちろん、日々の業務内容からデータを紐づけて管理するなどのシステム改修が必要な場合は、その開発期間だけ導入が遅れることになります。

Qパッケージ型とクラウド型はどう選ぶべきでしょうか?

A短期的、長期的、両方の側面から比較して自社に合ったものを選ぶ必要あり!

クラウド型は初期費用が安く、その後も月額費用だけで済むというメリットがありますが、月額費用を利用人数分支払うため、利用が長期間になればなるほど累計コストがかさむという問題点があります。一般的にクラウド型のランニングコストをパッケージ型導入の運用コストと比較すると1年半~2年強でクラウド型のほうが、コストが高くなると言われています。また、パッケージ型よりもクラウド型の方が導入までの時間が短くて済みます。

Qバージョンアップにはどのように対応したらよいですか?

Aクラウド型の場合は自動的に、パッケージ型の場合は手動でのバージョンアップが必要。

セールスフォース(SFA)・CRMのクラウド型の場合はバージョンアップに対して自動的に適応されていきますが、自社サーバで構築するパッケージ型の場合は追加オプションでバージョンアップを行うか、そのまま旧バージョンで使い続けるかは企業の判断によります。バージョンアップ情報は常に確認し、必要な機能が提供されている場合には導入を検討することをおすすめします。

Q最低利用期間はありますか?

Aクラウド型には業者により最低利用期間が設けられている事がほとんど。

セールスフォース(SFA)・CRMのうち、クラウド型には業者により最低利用期間が定められていることが一般的です。導入もパッケージ型と比較すると容易です。セールスフォース(SFA)・CRMシステムは導入しただけではその成果を見ることはできません。最低利用期間の間にどのように営業活動を高めて行くかを考えて行きましょう。

Q申込後すぐに使うことができますか?

Aクラウド型なら申込み後すぐに利用開始出来る、急ぎの場合にはクラウド型から始めることも可。

セールスフォース(SFA)・CRMは、自社サーバで構築するパッケージ型(オンプレミス型とも呼ばれています)とクラウド型(ASP型、SaaS型とも呼ばれています)があり、申し込み後すぐに利用開始できるのはクラウド型です。新規導入の場合は試験的にクラウド型を導入してみて、思ったような成果が得られた場合にカスタマイズも行いやすいパッケージ型に移行するのがおすすめです。


SFAのアイミツ利用事例「営業日報を導入し生産性を向上する」

どのようなセールスフォース(SFA)・CRM業者を探していましたか?

日報に記載する項目の統一化、マネージャーによる状況確認ができるものを探していました。

長年メールで営業日報を送付することを業務ルールとしていましたが、営業担当者が30名を増えたことで、マネージャーが全員の日報を確認・理解することが到底できておらず、伝達事項も正しく伝わっていないという危機感が出たため、営業支援システムの導入について現場から導入を検討すべきとの声があがったことがきっかけでした。まずは日報に記載する項目の統一化と、マネージャーによる状況確認ができるツールの導入を検討していきました。

アイミツを利用したきっかけ

クラウド型のサービスとパッケージ型一覧で見られるとのことでアイミツを利用。

SFAはこれまでにも複数の業者より導入営業を受けていましたので、何度か検討したことがあったのですが、営業マンがどんなアクションをしているかを事細かに記入する必要があったこと、インストールされている端末からのみ入力ができることなど、当社の営業マンに作業負担を増やしてしまう印象が強く、導入を踏み切ることができませんでした。インターネットで様々なSFAツールを検索していくうちに、アイミツで一括比較ができることを知り、SFA業者にはクラウド型のサービスとパッケージ型があることもわかりました。ある程度の情報を一覧で見ることができたので、まずはクラウド型に絞って問い合わせができたのはとても便利でした。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

「無料版の有無」が予め記載されており、そこを中心に見積依頼を進めました。

ありがたいことに、アイミツの表示項目の中に「無料版の有無」が予め記載されていたので、いくつかの無料版を実際に使ってみた上で見積もり依頼を行うことができました。無料版を担当者が実際に使い、毎日使い続けることのできるサービスを選ぶことができました。アイミツの比較一覧に情報が無ければ、コスト重視で選んでいたところです。反省点としては、今後のコストアップに対する意識が甘く、増員すればするほどコストが増えてしまうサービスであったことです。これはクラウド型のサービスからパッケージ型に切り替えることで多少の軽減はできるため、次のタイミングではパッケージ購入も検討したいと思います。

実際に発注してみた感想や気づき

売上貢献だけでなく人事評価へのデータ流用も可能になり管理部も助かっています。

営業支援システム(SFA)は多機能で、現時点利用している日報のみならず、顧客管理や商談進捗などにも活用することができます。当社はクラウド型でサービス契約を行いましたので、ツールの使い方だけでなく、新たな機能導入サポートや支援を行っていただける点にも感謝しています。営業活動の作業効率をはかりながら、営業進捗を把握できることにより、売上貢献はもちろんのこと、人事評価にもデータが流用できるため、管理部としても助かっています。


SFAの用語・基礎知識

セールスフォース(SFA)・CRM基礎知識・基礎用語

SFAとはSales Force Automation(セールフォースオートメーション)の略で、営業支援システムのことです。顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理して後方支援を行います。

SFAはアメリカ発祥で、1990年代後半に日本に輸入され多くの企業が導入しました。しかし、普及当初のSFAは日本の営業スタイルにそぐわない部分が多かったことから「SFAは使われない」という風説が生まれてしまいました。現在は当初のSFAの問題点を積極的に解消し、海外流のトップダウン型SFAから、日本流のボトムアップ型SFAへの転換がすすめられ、再度普及が進んでいます。また、携帯電話からの利用はもはや当たり前で、今後はスマートフォンが有望な端末になると考えられています。
 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono