業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

サイバー攻撃対策の優良業者

サイバー攻撃対策のサイト監視・風評被害対策

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

監視体制には人力監視と機械監視(監視ツール)、またはこれらを併用した監視体制があります。併用している業者は夜間なども風評被害になる書き込みやサイバー攻撃などを監視できるため、対応が早くなりますので、可能であれば併用している業者をおすすめします。自社(サービス)の評判を傷つけるような書き込みを少しでも早く発見、削除することが重要です。また、掲示板・SNSなどのリアルタイム性のあるメディアを対象にする場合やサイバー攻撃対策としても、できるだけ24時間365日監視対応の業者を利用しましょう。特にサイバー攻撃は、政府機関や企業、或いは無作為の相手のパソコンやサーバーをのっとって、個人情報や機密情報などのを外部に送りだすため、時にはダメージがかなり大きいものになりかねません。監視に予算を投資できるならを人力監視に、費用を抑えたいなら機械監視を選びましょう。監視に注力したい場合には専任スタッフのサービスをおすすめします。このほか、ISMSやPマーク取得済みかどうか、導入社数・実績が多いかどうかなどの業者選びのポイントがあります。

人イメージ

サイバー攻撃対策の風評被害対策の発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

サイバー攻撃対策のサイト監視・風評被害対策の

選び方ガイド

サイバー攻撃対策のサイト監視・風評被害対策の選び方ガイド

サイバー攻撃対策のサイト監視・風評被害対策の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

サイバー攻撃対策のサイト監視・風評被害対策の選定ポイント

POINT
01

サイバー攻撃の概要を知っておく

中小企業も対岸の火事ではありません!

時折新聞で報道されるハッカーによるサイバー攻撃ですが、大手企業だけが攻撃者の標的になるわけではありません。サイバー攻撃の種類を知り、自社でのリスクや危険性をしっかり認識しておきましょう。

 

  • ブルートフォースアタック

総当たり攻撃という意味で、IDとパスワードを可能な組み合わせを全て試す方法です。比較的簡単なプログラムで試すことができ、イタズラ目的で仕掛けるためのフリーツールも出回っていたりします。

 

  • パスワードリスト攻撃

別のサイトから流出したIDとパスワードの一覧(リスト)を用いて、別サイトでログインを試行する攻撃方法です。プレゼントサイトなどでおとりの会員登録をさせ、パスワード管理を面倒臭がるユーザーが、他の金融機関などで使用しているIDとパスワードを打ち込むことでリストを収集し、その後ツールを使ってログインを大量に試します。

 

  • Dos攻撃/ DDoS攻撃

アクセス自体は不正ではないのですが、ツールを使ってアクセスを集中させてサーバをダウンさせます。F5アタックとも呼ばれる原始的な方法では、WindowsのキーボードのF5キーを際限なく押し続けることでリロード状態を作り出し、負荷をかけます。

 

  • SQLインジェクション

データベースにアクセスするタイプのWebサイトにおいて、この攻撃を仕掛けられます。データベースにアクセスするサイトというのは特殊なサイトではありません。例えばWordPressなどの著名なCMSもデータベースアクセス型のサイトですので、SQLインジェクションと無縁ではありません。

 

  • ゼロデイ攻撃

修正プログラム(セキュリティ更新プログラム)に対応していないパソコンを狙う攻撃です。Microsoft Office製品やジャストシステムの一太郎、米アドビシステムズのAdobe Readerなどの著名なソフトが攻撃対象となっており、非常に危険です。

 

  • ウイルス/ワーム/トロイの木馬

いずれもクラッキングなどの不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードで、マルウェアと呼ばれます。多くはウイルスソフトで除去できるのですが、ウイルスソフトでのワクチン開発とは完全にイタチごっこになっており、最新のウイルスソフトを導入していても感染の危険性がゼロとは言い切れません。

POINT
02

総合的な脆弱性の診断をしてくれるかどうか確認する

現在の危険度の診断から始めましょう。

〈選定ポイント〉①の各種サイバーアタックですが、まずは自社の危険性を正確に診断してリストを作ってもらいましょう。思いつきで最近流行っている脆弱性を試すというのではなく、きちんとしたノウハウに基づいたチェックリストに基づき、総合的に脆弱性を判断して危険性をピックアップしてくれる業者でないと、セキュリティ構築を外注する意味がありません。

Webで素人が検索してもまだ出回っていないような種類のウイルスを含めたチェックリストをきちんと保有し、万全の対策を行ってくれる業者を選びましょう。

POINT
03

外部要因によるサイバー攻撃見積りのポイントを把握しておく

外部要因対策はココを手伝ってもらいましょう。

外部要因によるアタックは大きく分けて下記の対策を施すことになりますので、この項目が見積もりに入っているかチェックしておきましょう。

  • パソコン側対策

1.Windows本体の自動更新を有効にする。

2.データのバックアップ管理を行い、各種プログラムを最新状態にする。

3. パーソナルファイアウォール機能を搭載した統合型セキュリティソフトを導入する。

  • サーバ側対策

1. サーバで利用しているOS や各種ソフトウェアの脆弱性対策の徹底

2. サーバに対する不正な通信を検知する仕組みやサーバ負荷分散装置などの導入と監視

3. ログ監視の強化と不正アクセスの警告、海外からの接続の遮断など

POINT
04

内部要因によるサイバー攻撃見積りのポイントを把握しておく

内部要因対策はコンサルをしてもらうことが必要。

サイバー攻撃というと外部からの攻撃のみ考えてしまいがちですが、近年内部要因によるサイバー攻撃が増えています。3504 万件の顧客情報を持ちだしたベネッセコーポレーションの個人情報漏洩事件の場合、グループ会社の顧客データベースの保守・管理をしていた協力会社の社員が不正アクセスしており、外部に対してのみ対策をたてても完全とは言い切れません。

 

内部要因によるアタックの場合には、外部要因のような機械的な監視システムが有効でない場合も多く、情報セキュリティの管理体制がどうなっているかなどのコンサルティングから入ってもらうことが必要となります。

サイバー攻撃対策のサイト監視・風評被害対策のよくある質問

人イメージ

サイバー攻撃対策のサイト監視・風評被害対策についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。