あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

市場調査
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ 市場調査会社を探す際のワンポイントアドバイス

市場調査(マーケティングリサーチ)会社とは、マーケットや消費者の動向などを調査し、企業経営における判断材料を提示することを目的とした企業です。案件に応じた専門的なリサーチのほか、過去の調査結果やレポート記事などを販売しているサービスもあります。これから手がけようとしている事業規模や段階に合わせて、調査委託先を選ぶようにしましょう。市場調査を独自に行いたい場合は、リサーチ会社の得意分野や得意エリア(特に海外の場合は専門調査会社を利用する)にも注目してみましょう。また、利用できるサービスや調査メニューが多ければ多いほど、事案に適した調査手法が実施できるでしょう。フォーカスグループインタビューや、WEBを利用したアンケート調査、覆面調査、街頭調査インタビューなど、調査目的に応じてさまざまな調査手法を駆使できる、実績ある調査会社を選びましょう。

ところで

市場調査の会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

市場調査会社を探す

全国98社から、あなたにピッタリの市場調査会社が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

市場調査の選び方ガイド

市場調査の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


市場調査の選定ポイント

point.1業務委託内容の確認

集計のみか分析までのフォローか、目的に合った業者選びを!

「市場調査(マーケティングリサーチ)会社」とは、アンケートなどを通じて、マーケットの動向や消費者意識の分析を専門に行う企業のことで、事案ごとにオリジナルの調査を依頼することも可能です。 独自にマーケティング調査を実施する場合は、集計結果のみを提供するのか、分析を踏まえたレポーティングまでフォローしてくれるのかが、大きな選定ポイントになります。調査企画・設計段階からしっかりと一緒に検討を行い、最終アウトプットのイメージを刷り合わせましょう。社会調査士などの資格もありますが、実務経験が豊かなリサーチャー(コンサルタント)に委託するためには、事前の面談なども重視すべきでしょう。

 

point.2提供している調査メニューが豊富か

メニューの豊富さは幅広い選択肢に繋がる!

リサーチ会社の中には、情報通信、金融や医療といった特定の業界を専門に扱っている企業があります。特化している分、専門性があり、過去の調査実績も豊富であるため、調査の企画・設計面から有効なアドバイスをもらえるかもしれません。市場調査会社を選ぶ際には、ブランドや資本金や事業規模にとらわれず、確実なアウトプットを提出してくれるかどうかも検討するようにしてみましょう。

また、特定エリアを限定してマーケティングリサーチを行いたいときには、現地(地場)の会社に委託した方が、小回りが利く場合も考えられます。海外市場調査の場合はその国の調査対象モニターや、ヒアリング対象とのコネクションを保有しているかどうかが重要になるため、そのエリアに特化した会社に委託すると良いでしょう。尚、「海外市場調査・コンサルティング業者の比較」もご参考にしてください。

 

point.3提供している調査メニューが豊富か

サンプルの多さや調査メニューの多い会社であれば安心に繋がる。

一口に市場調査と言っても、その手法は多岐に渡ります。また、サンプルの抽出方法によっては、全く異なった結果が生じる可能性もあるので注意が必要です。どのようなケースでも偏りが出ないよう、幅広いサンプル数や、調査メニューを用意している会社なら安心して委託できるでしょう。尚、「ネットリサーチ・アンケート・モニター調査の比較」 もご参考にしてください。

<色々な調査メニューの例>

  •  ローデータ調査

人口、年齢・性別などの属性、昼間人口、交通導線など

  •  各種アンケートの実施

記入式のインターネットリサーチなど

  •  フォーカスグループインタビュー(FGI)

会場を用意して対象者から意見を吸い上げます。4~5名の少人数グループで行うこともありますが、1対1のインタビューもあります。

  •  モニター調査

製品・サービス、サンプルを支給して、意見や感想を吸い上げます

  •  浸透率調査

固有の商品、企業名などのブランド認知度調査

  •  購入実態調査

何を基準に商品やサービスを購入したか、購入時の比較検討対象はどの商品かといった見込顧客の購買動向調査を行う

  •  その他

従業員満足度調査、ミステリーショッパー(覆面調査)、店舗調査、商圏分析、街頭調査・インタビュー、訪問調査、郵送調査、有識者ヒアリングなど

 

point.4納期と費用を比較する

目先の価格だけでなく、費用対効果の側面からも考えることが大切。

各社を比較した上で、確実な成果物が期待できる調査会社に委託するのが良いでしょう。相見積もりを取得した際に、あまりに価格差がある場合は、もう一度サービス内容に差がないか確認するようにしましょう。安さを売りにしている場合はクオリティが低い可能性がありますので、注意が必要です。納期についても各社異なりますので必ず確認してください。

 


市場調査のよくある質問

市場調査についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Q自主調査レポートを閲覧することはできますか?

A無料の簡単なレポートを除いた場合、データや印刷物を購入することで閲覧は可能。

各市場調査会社で実施している自主調査のレポートを閲覧するには、無料の簡単なレポートを除き、データや印刷物を購入する必要があります。
レポートの価格は数万?数十万円の場合が多く、オンラインで購入できないものも多数あります。
内容のサンプルが公開されているものもありますので、ご確認のうえお問い合わせください。

Q自主調査レポートのデータを論文やメディアで使用することはできますか?

A無料、有料問わず調査会社に問い合わせの必要がある。

レポートの内容を使用する際は、そのレポートが無料・有料どちらの場合でも、市場調査会社へ問い合わせる必要があります。
用途や掲載メディアを確認し、問題ない場合は使用可能になります。
ただし、クレジットの記載や料金がかかる場合がありますので問い合せ時にご確認ください。

Qどのような調査が可能ですか?

A市場動向調査、顧客満足度調査、ブランドイメージ調査、商圏調査、など多岐に渡る。

市場調査会社で提供している調査メニューは、市場動向調査、顧客満足度調査、ブランドイメージ調査、商圏調査、顧客分析、広告調査、消費者ニーズ把握、適正価格調査など、多岐にわたります。
それらの調査は、電話・面接・インターネットによるアンケート、覆面調査、グループインタビューなどの手法でおこなわれます。

Qどのようなものが納品されますか?

Aマーケティングプランや調査結果のデータなど依頼内容に応じて異なる。

調査のコンサルティングから依頼している場合は調査結果を利用したマーケティングプラン、調査のみ依頼していた場合は調査結果のデータなど、依頼内容に応じて納品物は異なります。
発注内容と納品物が何になるかが明記された見積もりを請求することをおすすめします。
また、納品物のイメージを確認するためのサンプルが用意されていれば、あわせて請求しましょう。

Qどのようなモニターが登録されていますか?

A年齢性別など別に様々なモニターが在籍、得意・不得意などを考慮して依頼を。

各市場調査会社により、主婦や女性、医療関係者、在日外国人、10?20代の若者など、得意な分野があり、それぞれに登録されているモニターはその分野の方が多くなります。
お客様側ですでに調査対象の分野が決まっている場合は、そのモニターを多く抱えてる調査会社に見積もりをご請求ください。

Qモニターの属性を指定して調査することは可能ですか?

A得意分野の選定から、さらに属性を絞った調査依頼ももちろん可能。

市場調査会社により、得意な分野の属性はありますが、さらに絞り込むことも可能です。
絞り込み可能な属性については、見積もり請求時にご確認ください。
また、属性の指定が多くなるほどモニター数が減少するため、そのような調査を行う場合はモニター全体の数が多い調査会社を選択する必要があります。

Qモニターへの謝礼はどのように行いますか?

A市場調査会社からモニターへ、現金や金券等を謝礼として渡す。

モニターへの謝礼は現金や金券等を市場調査会社、またはお客様から直接モニターへ渡します。
調査会社から渡す場合、謝礼の代金はリサーチ代金の中に含まれているか、事前にご確認ください。
設問の数、回答の難易度、モニター属性によっては、謝礼の価値をあげる必要がありますので、見積もり請求時にご確認ください。

Qグループインタビューのリクルーティング、モデレーターの手配はお願いできますか?

A多くの業者で手配可能、ただ別途料金がかかるケースも多く確認が必要。

別途料金がかかりますが、多くの市場調査会社で手配可能です。
リクルーティングは希望するモニターの属性により手配難易度が左右され、手配手数料に反映されるので見積もり請求時にモニターの条件をお伝えください。
また、グループインタビュー調査の成否を左右するモデレーターの質は、事前に充分にご確認いただくことをおすすめします。

Q市場調査にかかる費用を教えてください。

A調査範囲、モニター条件、などによって大きく変動する。

調査の内容や依頼する範囲、モニター条件により、各社設定料金が異なります。
複数の調査会社に同様のモニター数・調査内容・納品物で見積もりを請求し、費用の妥当性の検討をおこなってからご発注ください。
また、納品物のサンプルを提出してもらい、クオリティについてもしっかりとご確認ください。

Qアジア、南米、アフリカなどの国でも調査は可能ですか。

A調査対象国の現地企業などと提携している調査会社であれば対応可能。

調査対象の国にモニターを保有していたり、現地の調査会社と提携をおこなっている場合は調査可能です。
ただし、モニターの登録数や国内の事情により、日本と同等の調査が難しい場合がありますので、取り扱い国ごとの調査メニューと想定サンプル数などを事前に問い合わせたうえでご検討ください。

関連カテゴリー


市場調査の用語・基礎知識

ISO20252

多国間調査が活発になってきたことから、各国・各社の市場調査・リサーチの品質の安定化を図るために、ISO20252が制定されました。ISO20252 市場・世論・社会調査-用語及びサービス要求事項とは、 国際的品質基準の諸原則を「市場・世論・社会調査」に適用すること、並びに他のすでに利用可能な国別基準との調和を図ることを目的に開発され、2006年5月にISO(国際標準化機構)で制定された調査専門の国際規格となります。

 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono