あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

スケジュール管理でおすすめのソフト3選

スケジュール管理でおすすめのソフト3選
目次
このページについて

自社のスケジュールシステムは上手く機能していますか?
外出中の従業員が把握出来ない・アポイント日のダブルブッキングといった問題に直面していればシステムを導入する目安になります。
無料のシステムも多くありますが、各ツールによって特徴があり導入企業によってはシステム自体が合わない・応用が効かないなどデメリットもあります。
そこで各ツールの特徴や活用例を紹介します。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのプロジェクト管理ツールを厳選!

プロジェクト管理ツール導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のプロジェクト管理ツールの一括見積もりが可能です。プロジェクト管理ツール選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
プロジェクト管理ツール選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

1.スケジュール管理におすすめのソフト3選

1- 1. desknet's NEO

株式会社ネオジャパン
出典:株式会社ネオジャパン https://www.desknets.com/

【特徴】「現場主義」を徹底的に貫いた国産グループウェアです。
利用者の意見を取り入れ、定期的にバージョンアップを実施し現場の声に応え続けるのがが強みです。
スマートフォン&タブレットで直感的に操作ができ、すぐに使いこなせるのもポイントですね。
Webベースのツールなのでインストール作業は不要です。
すぐに導入することができます。
【料金】400円/1ユーザー(月額利用料金)30日間無料トライアルあり

設立年
1992年
会社所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2-1 横浜ランドマークタワー10階

1- 2. りざぶ郎

ルミックス・インターナショナル株式会社
出典:ルミックス・インターナショナル株式会社 https://www.r326.com/

【特徴】「社員は少ないけど最低限のスケジュール管理をしたい」という方は「りざぶ郎」が、おすすめです。
本格的なスケジュール管理を導入する予算がない・社員数が少ない場合は「りざぶ郎」で十分な場合もあります。
ユーザー登録も必要ないので手軽にサクッと使うことができます。
さらに社外同士でも使えるので、サークル活用や不特定多数の予約状況を確認するのも、りざぶ郎はおすすめです。
【料金】無料

会社所在地
東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN外苑

1- 3. J-Motto

リスモン・ビジネス・ポータル株式会社
出典:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社 https://www.j-motto.co.jp/

【特徴】「スケジュール管理ツールの操作に慣れる前に無料体験期間が終わってしまう」という方におすすめです。
無料体験が最大3ヶ月なので操作が慣れるまでに不要な費用は発生しません。
iPhoneの(iCal)にも連携機能が備わっているので二重登録・二重管理の必要もありません。
【料金】3000円(月額利用料金)最大3ヶ月無料体験あり

設立年
2000年
会社所在地
東京都中央区日本橋2-16-5 RMGビル

2.まとめ

今回は、無料体験つきで手軽に導入できるスケジュールツールを中心にまとめてみました。
「会議1つ開くのに何度もメールが往復している」・「同僚上司の予定を把握するのに時間がかかる」「重複して同一企業に営業活動している」など1つでも当てはまればスケジュール管理を導入する目安にもなります。
高価格のスケジュール管理システムの構築を検討する前に、まずは今回紹介したツールを導入してみるのもいいかもしれませんね。

プロジェクト管理ツール会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

スケジュール管理でプロジェクト管理ツール会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

プロジェクト管理ツールを選ぶ際には、目的に見合った契約形態(パッケージ型かクラウド型か)や費用体系を確認して選ぶことが大切ですが、それ以上に使いやすさも重要な要素になります。操作性が悪い管理ツールを導入すれば、メンバー全員で使いこなすことができず、生産性が向上しない事が考えられます。ツールの機能については、多機能が良いという安易な判断はせず、目的にあった機能があるか、現状の問題を解決できる機能が備わっているかを確認する事が大切です。実際に使ってみると不明点や疑問点が出てくることが多々ありますので、サポート体制が充実しているツールを選びたいものです。プロジェクト管理ツールを初めて導入する際には、まずは、無料体験版を試して比較することをおすすめします。

プロジェクト管理ツール会社が
最短翌日までにそろう