業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

工程管理システム・ソフト搭載の優良業者

プロジェクト管理ツール

最適業者がスグに見つかる

プロジェクト管理ツールを選ぶ際には、目的に見合った契約形態(パッケージ型かクラウド型か)や費用体系を確認して選ぶことが大切ですが、それ以上に使いやすさも重要な要素になります。操作性が悪い管理ツールを導入すれば、メンバー全員で使いこなすことができず、生産性が向上しない事が考えられます。ツールの機能については、多機能が良いという安易な判断はせず、目的にあった機能があるか、現状の問題を解決できる機能が備わっているかを確認する事が大切です。例えば、製造業の全体のシステムの中でも、販売管理システムや工程管理システムなどが存在します。商品の製造するにあたっては、工程管理システム・ソフトを導入することにより、在庫管理や品質管理、進捗管理などが可能になります。実際に使ってみると不明点や疑問点が出てくることが多々ありますので、サポート体制が充実しているツールを選びたいものです。プロジェクト管理ツールを初めて導入する際には、まずは、無料体験版を試して比較することをおすすめします。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

プロジェクト管理ツールを選ぶ際には、目的に見合った契約形態(パッケージ型かクラウド型か)や費用体系を確認して選ぶことが大切ですが、それ以上に使いやすさも重要な要素になります。操作性が悪い管理ツールを導入すれば、メンバー全員で使いこなすことができず、生産性が向上しない事が考えられます。ツールの機能については、多機能が良いという安易な判断はせず、目的にあった機能があるか、現状の問題を解決できる機能が備わっているかを確認する事が大切です。例えば、製造業の全体のシステムの中でも、販売管理システムや工程管理システムなどが存在します。商品の製造するにあたっては、工程管理システム・ソフトを導入することにより、在庫管理や品質管理、進捗管理などが可能になります。実際に使ってみると不明点や疑問点が出てくることが多々ありますので、サポート体制が充実しているツールを選びたいものです。プロジェクト管理ツールを初めて導入する際には、まずは、無料体験版を試して比較することをおすすめします。

人イメージ

工程管理システム・ソフト搭載のプロジェクト管理ツールの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

工程管理システム・ソフト搭載のプロジェクト管理ツールの

選び方ガイド

工程管理システム・ソフト搭載のプロジェクト管理ツールの選び方ガイド

工程管理システム・ソフト搭載のプロジェクト管理ツールの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

工程管理システム・ソフト搭載のプロジェクト管理ツールの選定ポイント

POINT
01

工程管理システムでできることを確認する

工程管理システムを導入する目的はおおよそ以下のとおりになります。

  • 製品の品質維持

お客様の要求に合った「品質」になるように加工する必要があります。

お客様の要求に合った製品を納入することにより、継続的な受注が可能になります。

  • 納期の厳守

お客様と約束した「納期」に納品する必要があります。

お客様から信頼され、販売活動が有利になります。

生産活動の安定化

  • 生産期間の短縮

「生産期間」とは、受注して生産を開始してから完成品生産するまでの期間です。

「基準日程」や「生産リードタイム」とも呼びます。

短縮する必要があります。

「生産期間」を短縮することにより、お客様の納期に対して対応が容易になります。

販売活動が有利になり「受注生産」が可能になります。

  • 生産性の向上

「生産性」や人や機械の「稼働率」を上げる必要があります。

「作業能率」の向上や「製造原価」の低減ができます。

  • 仕掛在庫の低減

「仕掛在庫」の低減を行う必要があります。

「加工」の「停滞時間」を減少させることにより、「仕掛在庫」を減少させて生産期間を短縮できます。

在庫が減ることにより「キャッシュフロー」が改善します。

「原価」の低減もできます。

  • 製造原価の低減

「生産性」を向上させ、「仕掛在庫」を減らすことにより「製造原価」を下げることができます。

POINT
02

自社の工程管理ノウハウを反映させることができるかチェックする

工程管理システム導入でもっとも大切なことは「システムに使われない!」ということ

評判の高い工程管理システムを導入しても、業務画面が複雑だったり操作性が悪かったりすると社内全体に浸透せず、最悪の場合には誰も使わなくなる事態が起きてしまいます。

理想的な導入形態としては、自社にて現在手動で行っている業務管理や工程管理のプロセスを洗い出し、そのノウハウが導入予定の工程管理システムで実現できるかを隅々までチェックして、足りないところを洗い出した上で業者にカスタマイズができるかどうか確認し、カスタマイズ概算を含んだ見積もりを取ることです。

一般的な工程管理システムの機能は下記〈選定ポイント〉③になりますので、自社で現在行っている作業と照らし合わせてそのまま使えそうなところ、足りないところを洗い出して業者に確認してみましょう。また、業者によっては確認作業自体を業者と一緒に行うことも可能です。

POINT
03

工程管理システムの機能をチェックする

どこまでの機能が必要になるか自社の現状と照らしあわせてみましょう!

代表的な工程管理システムの機能は下記になります。自社で現在行っているプロジェクトなどが実現できるかどうか、個別にカタログなどを取り寄せたり、営業担当から話を聞いたりして詳細を確認してください。

  • 進捗管理・フォロー機能

◇ステータス別件数一覧表示機能

担当者が処理しなければならない案件の件数をステータスごとに表示します。

◇案件一覧表示・出力機能

案件ごとの件名、担当者、ステータス、経過日数などの進捗状況や案件情報を一覧表示します。また、一覧表示した案件情報をCSV形式でファイルに出力できます。

◇メール通知機能

案件登録/更新時に案件の担当者や管理者にメールを送信できます。また、予め決められた日数以内に対応が完了していない場合に、警告メールを自動配信もできるので、工事遅延によるお客さまからのクレームを予防できます。

また、お客さまからの工事状況確認に対する報告レスポンスアップにより、お客さまの満足向上を図ります。

  • 案件情報共有機能

工事依頼受付から施工、お客さまへの報告までのプロセスを工事案件ごとに管理。

工事案件に関する全ての情報を一元管理し、有効活用するための機能を備えています。

◇対応履歴管理機能

案件の対応が完了するまでに発生した履歴情報を、時系列に登録・表示できます。

◇ステータス遷移履歴管理機能

ステータスの更新者、更新日時が時系列に表示されます。

◇詳細検索機能

ステータス、委託工事会社、件名、日付などの条件を組み合わせて、ガントチャート等を利用して過去の同一・類似案件などを容易に検索できます。

工事案件データの情報共有により、複数の工事業者の対応レベルを均一化できます。

また、工事内容に関する責任の所在の明確化による対応者意識の向上を図ります。

  • マスタメンテナンス機能

お客さまの業務に合わせて、画面レイアウトやアクセス権限などを管理画面から簡単に設定できます。

◇画面レイアウト設定機能

入力項目の名称、入力形式、桁数、必須入力チェックなどを設定することが可能です。

◇ロール設定機能

各部門や委託工事業者に割り当てる権限の組合せを設定することが可能です。

◇メール文面・宛先設定機能

案件登録/更新時などに送信するメールのタイトル・本文、および宛先を設定することが可能です。

工事工程管理システムの導入から運用におけるシステム担当者の負荷を軽減できます。また、業務の変化に即応できるシステム環境を提供します。

POINT
04

工程管理システム導入の典型的な失敗例を確認しておく

失敗のない導入には現場の意見集約がポイント!

  • 失敗例1:当初の目的を見失った導入

工程管理システム導入を進める過程では、課題・タスクが次々と増えていきます。そうなると、人というのは短絡的な思考回路になりがちで、その場で深く考えずに目の前のタスクをこなすことが目的となってしまいます。

  • 失敗例2:現場運用にマッチしないシステム

導入前に現場で下記のことをしっかり確認しておきましょう。

◇この工程管理の自動化は、本当に必要なのか

◇この業務は自動化の後も必須なのか

◇この業務はどれくらいの頻度で発生しているのか(自動化の意味があるのか)

◇この業務は別の工程と統合して対応できないか

◇この業務は自動化しなくても運用方法を考慮したら回避できないか

  • 失敗例3:定期的に多大投資が必要なシステム

せっかく導入した工程管理システムも、設計が不十分などでアプリケーションの変更が常に必要になると、結局トータルでの投資額が大きくなります。それによって当初考えていた費用対効果が崩れてしまうケースもあるので注意が必要です。

POINT
05

工程管理システム導入はサポート体制が充実している業者を選ぶ。

社内で使いこなすまでには一定の時間を要します。

工程管理システムは社内に浸透し、ツールを使いこなすまでにある程度の時間がかかることを想定しておきましょう。そのため、サポート体制が充実している業者を選びたいものです。メールや電話での相談は当然のことながら、場合によっては業者の担当者が訪問してくれるかも確認しておきましょう。自社の業務内容をよく把握しているサポートスタッフが対応してくれるのがベストです。

また、導入からある一定期間はインストラクターを派遣してもらい、システムの使用、稼働に関するセミナーなどの有無を確認しておきます。多くの経営陣や社員がシステムに慣れるようにサポート体制を上手く活用したいものです。

工程管理システム・ソフト搭載のプロジェクト管理ツールのよくある質問

人イメージ

工程管理システム・ソフト搭載のプロジェクト管理ツールについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。