業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

ラベル印刷対応の優良業者

印刷・プリント

最適業者がスグに見つかる

印刷・プリントを発注する際には、サイズや加工(デザインなども含む)の種類がたくさんあるため、制作したい印刷物、例えばラベル印刷といった大きさに合わせて業者を選択する必要があります。完全版下(そのまま印刷できるデータ)渡しで、定型のペラに印刷する場合は、各社のホームページに公開されている料金表を元に、クオリティを加味して選ぶと良いでしよう。小ロットから対応してくれるところもあります。それ以外の場合は、各社から相見積もりを取得して比較しましょう。用紙の種類などは素人には分からないので、可能なら「見本紙(実際に使う紙)」をつけてもらうようにしてください。長く付き合うのであれば、営業担当者の人柄や相性も考慮に入れたいところです。自社に合った最適な印刷会社を見つけましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

ラベル印刷対応の印刷・プリントの業者比較案内・比較のポイント

ラベル印刷対応の印刷・プリントの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

ラベル印刷対応の印刷・プリントの選定ポイント

POINT
01

ラベル印刷発注の流れをおさえておく

流れをおさえてミスのない発注を!

ラベル印刷では、オンデマンド印刷とオフセット印刷があります。オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いは、版下の有無にあります。印刷の元になる版下をあらかじめ作成するのがオフセット印刷、版下は使わずにデジタルで印刷するのがオンデマンド印刷です。

それぞれの特徴とメリットについては「オンデマンド印刷」 「オフセット印刷」も参照してみてください。

ラベル印刷の流れは「オフセット印刷」「オフセット印刷」ともに、概ね下記のとおりです。

「版下」を用意するオフセット印刷では、校正の段階での文字や色目のチェック、さらにレイアウトの微調整などが重要となってきます。

  • プリプレス

1-1.印刷物の企画・編集・デザイン

1-2.組版・版下・製版などの原版作成

1-3.刷版

  • プレス

2.印刷

  • ポストプレス

3.製本や光沢仕上げなどの加工

POINT
02

ラベル印刷をするときのオフセット印刷の特徴をおさえておく

オフセット印刷を採用するならここに注意!

ラベルを印刷する場合、オフセット印刷はインクの乗り具合がいまひとつで、グラフィックを用いる屋外用のステッカーなどは向かないとされてきましたが、最近では表面加工や耐候インクの使用などで対処できるようになりつつあります。ただしこうした方法も、業者によって対応に差がありますので個別に確認してください。

一般的に、オフセット印刷は高品質でカラー印刷などの再現性に優れ、印刷速度も速く、大量部数のシール印刷でコストメリットが出ます。

反面、サイズが小さいシールや小ロット印刷、耐候性が必要なシール印刷、ステッカー印刷には不向きです。

POINT
03

ラベル印刷をするときのオンデマンド印刷の特徴をおさえておく

オンデマンド印刷を採用するならここに注意!

オンデマンド印刷とは、注文を受け次第(On demand)という意味で、版下を作らずに必要な時に必要な部数を提供する印刷という意味です。1枚からでも注文を受け付けられますので、在庫を持ちたくないシール印刷には適しています。定番タイプのラベルを大量に印刷する場合にはオフセット印刷の方がお得になりますが、そうでない場合にはオンデマンド印刷の方がオフセット印刷の弱点であったサイズが小さいテープなどのシールや小ロット印刷、耐候性が必要なシール印刷、ステッカー印刷などに適しています。

POINT
04

付加サービスは充実しているか

自社でラベルデザインなどができる業者は、特注ラベルにも対応してくれる。

印刷会社の中には、デザイン部門を自社で抱えている会社があります。業務用に使う特殊な用途のラベルや、社内で「市販のラベルでは使いにくい」などの声がありもっと使いやすいラベルが欲しい場合など、デザインができる「印刷・プリント会社」なら名入りラベルや熱圧着ラベル、ホログラムなどの加工付き、デザインカットといった変形ラベルなど定型外の特注であっても安く高品質に仕上げてくれる可能性が高いです。

業者が持っているラベルの見本帳を見ながら打ち合わせをして、「この見本ラベルをもっと、こんな形でデザインできないか」などの要望を出してみると良いでしょう。

POINT
05

入稿や校正を、素早く誠実に対応してくれるか確認する

入稿不備は頻繁に起きることを前提に、誠実な対応をしてくれる業者を選ぶ。

事前に注意していたとしても、印刷の外注では入稿データの不備などによるやりとりは発生してしまうのが現実です。そんな場合でも、不備があった時点で迅速に連絡をしてくれ、納期が遅れることなく対応をしてくれる業者が望ましいといえます。また、色校正についても納得がいくまで嫌な顔をせずに対応してくれることや、実際に使われる紙を使った本紙校正、校正用の紙を使った簡易校正を問わず、実際の仕上がりイメージと違う場合にとことん対応してくれる業者がベストです。

いったん刷り上がってしまったラベルに不備があった場合、最悪のケースではすべて最初から刷り直しとなり、やり直し料金も折半になるケースもありますので、注意しましょう。

ラベル印刷対応の印刷・プリントの発注時よくある質問

人イメージ

ラベル印刷対応の印刷・プリントについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック