業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

カタログ印刷対応の優良業者

印刷・プリント

最適業者がスグに見つかる

印刷・プリントを発注する際には、サイズや加工(デザインなども含む)の種類がたくさんあるため、例えばカタログ印刷など、制作したい印刷物に合わせて業者を選択する必要があります。完全版下(そのまま印刷できるデータ)渡しで、定型のペラに印刷する場合は、各社のホームページに公開されている料金表を元に、クオリティを加味して選ぶと良いでしよう。それ以外の場合は、各社から相見積もりを取得して比較しましょう。用紙の種類などは素人には分からないので、可能なら「見本紙(実際に使う紙)」をつけてもらうようにしてください。長く付き合うのであれば、営業担当者の人柄や相性も考慮に入れたいところです。自社に合った最適な印刷会社を見つけましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

カタログ印刷対応の印刷・プリントの業者比較案内・比較のポイント

カタログ印刷対応の印刷・プリントの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

カタログ印刷対応の印刷・プリントの選定ポイント

POINT
01

カタログ印刷とは何かイメージを確認する

カタログ印刷は他の印刷とどう違うかおさえておく。

ビジネス文書や製品カタログを印刷しようとするときに、まず迷ってしまうのが、「カタログ」「冊子」「パンフレット」「チラシ」などの違いです。つい思い込みで間違ったイメージを抱いていた場合、思っていたものと違う製品が納品されてしまう可能性があります。また、製作物としての違いを認識していても、どんなケースで「カタログ」が有効で、どんな場合に「冊子」が有効かなどは、印刷会社では丁寧に教えてくれないケースも多いです。事前に知識を整理して、スピーディーで高品質な冊子印刷発注ができるようにしておきましょう。

  • カタログ

商品などの内容について説明するのが目的ですが、ある程度まとまりのある商品が一覧になっているものを指します。製本された状態のものも多いです。

【その他似たような印刷物】

  • 冊子・小冊子

商品などの内容について説明する、糸やのりなどを使った綴じ本です。カタログほどきっちりした背表紙や網羅性がないイメージです。

  • パンフレット

商品などの特集内容について説明しますが、パンフレットを見る人に購買を促すことを主目的とします。製本や装飾などはなく、スペックなどについて簡潔かつ魅力的に訴求します。

  • チラシ

商品などの内容について説明する一枚物の広告物です。リーフレットと印刷工程は同じですが、配布手段として新聞や雑誌などに織り込んで使います。

POINT
02

カタログ印刷のポイントをおさえておく

カタログの綴じ方の違いを理解しておきましょう!

カタログは書籍のように閲覧しますので、まず右綴じ、左綴じのどちらにするかを決める必要があります。

次に「中綴じ」と「無線綴じ」の違いをおさえましょう。

  • 中綴じ冊子

本を開いた状態で、本文を針金で綴じます。本文と独立した表紙を付けないので、価格的には安くなります。ページを開いた状態(見開き2ページ)ごとにまとめて針金で通してから綴じ仕上げしますので、構成上4ページごとの作成が基本となります。

  • 無線綴じ

本の背表紙に当たる部分に糊を塗布して、全体を綴じ込んだタイプ。本文よりも厚手の背表紙と表紙を使うので、重厚で高級感あふれるカタログに向いています。ページの綴じ部分付近の可読性は低くなりますので注意しましょう。

POINT
03

カタログ印刷発注の流れをおさえておく

流れをおさえてミスのない発注を!

カタログ印刷では、オンデマンド印刷もオフセット印刷もどちらも使われます。オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いですが、印刷にあたってあらかじめ「版」を用意するのがオフセット印刷、版を使わずに印刷するのがオンデマンド印刷です。

詳しくは「オンデマンド印刷」 「オフセット印刷」も参照してみてください。

一般的な印刷の流れは「オフセット印刷」「オフセット印刷」ともに下記の様になりますが、「版」を用意するオフセット印刷ではプリプレス工程での誤字脱字チェックやレイアウト調整などを厳密に行う必要があります。

  • プリプレス

1-1.印刷物の企画・編集・デザイン

1-2.組版・版下・製版などの原版作成

1-3.刷版

  • プレス

2.印刷

  • ポストプレス

3.製本や光沢仕上げなどの加工

POINT
04

付加サービスは充実しているか確認する

印刷だけでいいのか、その他サービスも必要なのかで頼むところが変わってくる!

印刷会社の中には、ただ単に入稿された原稿を刷り上げるだけでなく、撮影スタジオやデザイン部門などを自社で抱えている会社があります。カタログ制作の場合、商品写真やデザイン、レイアウトや商品コピーなどに工夫が必要なケースも多く、これらの作業を自社でこなすのは困難なケースもしばしばです。そのような場合は広告制作プロダクションを通すことが一般的ですが、印刷会社の中にはこれらの作業をすべてオールインワンで提供している会社もあり、こうした会社に頼めば手間がかからないだけでなく、印刷のみの単価は高くてもトータルでは安くなる可能性があります。

ただし、格安印刷会社のホームページで公開されている料金表を参考にする場合には、各種費用が含まれる範囲に注意しましょう。印刷費用のみ「印刷激安」などと表示されていて、後から割高な加工費を請求されないとも限りません。すべての費用が反映された見積もりの依頼が大切です。

POINT
05

入稿や校正を、素早く誠実に対応してくれるか

入稿不備は頻繁に起きることを前提に、確認プロセスを事前打ち合わせ。

入稿の不備は、考えているよりも頻繁に起こり得ます。そのようなとき、数日が経過してから連絡が入るようでは、納期にも影響しかねません。また、色校正は何回まで出してくれるのか、本紙校正(実際に使われる紙を使った校正)なのか、コンセンサス(専用の紙を使った簡易校正)なのかなど、確認に必要なプロセスを事前に打ち合わせておくことも必要です。

いったん刷り上がってしまったカタログに不備があった場合、最悪のケースではすべて最初から刷り直しとなり、やり直し料金も折半になるケースもありますので、注意しましょう。

カタログ印刷対応の印刷・プリントの発注時よくある質問

人イメージ

カタログ印刷対応の印刷・プリントについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック