業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

PR会社

おすすめ業者を一覧比較

PRはパブリック・リレーションズ(PublicRelations)の略でステークホルダー(利害関係者)に対して、企業がPRすべき情報を発信していく仕事です。PR会社にも得意分野や業務範囲で種類があり、PRしたい内容や課題によって使い分けることが必要ですが、その際、専門性の有無についてはきちんと確認しておくべきです。例えば、テレビ局単位、番組単位でネットワークがあるケースや、経済系の雑誌に強いPR会社やファッション系の雑誌に強いPR会社などが存在しています。また、PR業務の肝はニュースバリューを生み出す企画力にある為、担当者の経験や実績も事前にヒアリングした上で選ぶと良いでしょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

PR会社の業者選び方ガイド・比較のポイント

PR会社の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

PR会社の選定ポイント

POINT
01

得意分野は何か

専門領域などを見極めて最適な業者選びを!

PR会社は日本に300~400社程度あると言われていますが、PR会社と一口に言っても色々な種類があり、総合PR会社はPR活動全般(コミュニケーションに関することなら全て)をサポートしますが、専門PR会社は下記のように限られた専門領域に関してのみPR活動を行う為、業界メディア、業界新聞、専門雑誌など強いパイプを持っている場合があります。専門PR会社は10~40名程度の比較的小規模で運営しているケースも多いので従業員数で見極めていく方法もあります。

  •  特定業界に強いPR会社

経済系の雑誌、ファッション雑誌、スポーツ雑誌など

  •  特定メディアに強いPR会社

テレビ番組(テレビ局毎、番組毎に強いパイプを持つケースがあります)、新聞、ラジオなど

また、近年重視されている領域として、「コーポレートPR」があります。いくら良い製品、サービスを提供しても、それを製造したり企画している会社が見えないため、強いブランドロイヤリティが生まれないという課題を解決しなければなりません。企業として社会全体でどういう役割・期待を背負っているのかを明確にし、企業価値を高めていくこと、そしてそれを世の中に伝えていくことが、コーポレートPRの手法となります

 

POINT
02

業務範囲の確認

戦略会社と代行会社、自社の課題を明確に必要な業者への依頼を!

PR会社が行う業務に関しても違いがあり、分類するとPR戦略会社とPR代行会社に分かれます。

PR戦略会社はクライアントの課題を掘り起こしそれらを解消する為のアドバイスや戦略の立案・企画を行うという点で、PR上のコンサルティング的な立ち位置でサポートしてくれます。また、広告代理店とPR会社も混同されがちですが、広告代理店はクライアントの要望に応じてテレビや新聞、インターネットと言った媒体を活用し広告活動をする会社になります。

PR代行会社は、メディア媒体へのアプローチ(取り上げてもらうように要請する行為)を代わって行うような業務サポートが中心になりますので、メディア側とのネットワーク力や、取り上げてもらいやすいように依頼するノウハウがある点、過去の実績などを確認しましょう。

 

POINT
03

企画力は優れているか

最も期待したいことは、ニュース性を兼ね備えた企画力!

PR会社に最も期待したいことは、ニュース性を兼ね備えた企画に仕上げる力(企画力)です。例えば新商品開発におけるPRでも、毎日数多くの新商品が発表されている中で、多くのメディアに取り上げてもらうためには単純に機能性の訴求をしているだけではいけません。その商品が必要とされている背景を読み解き、ニュース性のあるシナリオを作成し、時には商品開発段階から関与していくことも求められます。

PRの成功事例として、多くのテレビや雑誌に取り上げられた商品を例にあげる場合もありますが、単純に商品が凄いのであって、PR企画が優れていた訳ではないケースも多々あるので注意が必要です。PRの実績を確認する上では、PR企画としてどのような提案をしたのかをチェックすることが必要です。

また、PR会社の選び方として、大手であることや有名であること(企業規模による選定)をあげるケースがありますが、企画力勝負であることを考えると、PRは個人技であるとも言えます。企業単位ではなく担当者単位で信頼がおけるかどうかや、企画力の程度について事前に確認すると良いでしょう。最近ではフリーランスのPR担当も活躍していますが、本物のコンサルティングができるPR担当者は、「テレビに取り上げられるためのコツ」などではなく、ビジネスそのものの成功を考え、自分なりに情報収集や分析を行い、戦略立案ができる人と言えます。近年重要視されているソーシャルメディア(SNS)を活用したPRなども、企画力のあるPR担当であれば戦略的に活用するプランを提案してくれることでしょう。

 

POINT
04

ネットワークの強さ

どの程度ネットワークを持っているかも事前に確認しておくことが大切。

PR会社の専門性とも関連しますが、どの程度ネットワークを持っているか、は事前に確認すべきです。テレビだと、各テレビ局、各番組のディレクターなどキーマンとコンタクトが取れるかどうかだけではなく、内部事情に精通しているかどうかも重要です。番組の制作方針やプロデューサーの好みなどから、番組内での最適な取り上げられ方についてアドバイスをもらえるでしょう。近年テレビ番組で取り上げられることは難しくなっており、コネクションを持つPR会社への期待値は高まっていると言えます。

また、業界のオピニオンリーダーや専門家とコンタクトが取れるPR会社も存在しており、広くパブリシティを行う場合(プレスリリース配信、記者会見など)にも活用できるでしょう。

 

PR会社の発注トラブル事例

人イメージ

せっかくお願いしたにもかかわらず期待した露出に繋がらなかった、などのクレーム類は特に心配で多く聞かれる悩みでもあるようです。PR会社にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。

PR会社の発注時よくある質問

人イメージ

PR会社についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック