あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

PR
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ PR業者を探す際のワンポイントアドバイス

PRはパブリック・リレーションズ(PublicRelations)の略でステークホルダー(利害関係者)に対して、企業がPRすべき情報を発信していく仕事です。PR会社にも得意分野や業務範囲で種類があり、PRしたい内容や課題によって使い分けることが必要ですが、その際、専門性の有無についてはきちんと確認しておくべきです。例えば、テレビ局単位、番組単位でネットワークがあるケースや、経済系の雑誌に強いPR会社やファッション系の雑誌に強いPR会社などが存在しています。また、PR業務の肝はニュースバリューを生み出す企画力にある為、担当者の経験や実績も事前にヒアリングした上で選ぶと良いでしょう。

ところで

PRの業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    紹介企業数は業界No.1。2014年の満足度は、なんと98%。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

PR業者を探す

全国127社から、あなたにピッタリのPR業者が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

PRの選び方ガイド

PRの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


PRの選定ポイント

point.1得意分野は何か

専門領域などを見極めて最適な業者選びを!

PR会社は日本に300~400社程度あると言われていますが、PR会社と一口に言っても色々な種類があり、総合PR会社はPR活動全般(コミュニケーションに関することなら全て)をサポートしますが、専門PR会社は下記のように限られた専門領域に関してのみPR活動を行う為、業界メディア、業界新聞、専門雑誌など強いパイプを持っている場合があります。専門PR会社は10~40名程度の比較的小規模で運営しているケースも多いので従業員数で見極めていく方法もあります。

  •  特定業界に強いPR会社

経済系の雑誌、ファッション雑誌、スポーツ雑誌など

  •  特定メディアに強いPR会社

テレビ番組(テレビ局毎、番組毎に強いパイプを持つケースがあります)、新聞、ラジオなど

また、近年重視されている領域として、「コーポレートPR」があります。いくら良い製品、サービスを提供しても、それを製造したり企画している会社が見えないため、強いブランドロイヤリティが生まれないという課題を解決しなければなりません。企業として社会全体でどういう役割・期待を背負っているのかを明確にし、企業価値を高めていくこと、そしてそれを世の中に伝えていくことが、コーポレートPRの手法となります

 

point.2業務範囲の確認

戦略会社と代行会社、自社の課題を明確に必要な業者への依頼を!

PR会社が行う業務に関しても違いがあり、分類するとPR戦略会社とPR代行会社に分かれます。

PR戦略会社はクライアントの課題を掘り起こしそれらを解消する為のアドバイスや戦略の立案・企画を行うという点で、PR上のコンサルティング的な立ち位置でサポートしてくれます。また、広告代理店とPR会社も混同されがちですが、広告代理店はクライアントの要望に応じてテレビや新聞、インターネットと言った媒体を活用し広告活動をする会社になります。

PR代行会社は、メディア媒体へのアプローチ(取り上げてもらうように要請する行為)を代わって行うような業務サポートが中心になりますので、メディア側とのネットワーク力や、取り上げてもらいやすいように依頼するノウハウがある点、過去の実績などを確認しましょう。

 

point.3企画力は優れているか

最も期待したいことは、ニュース性を兼ね備えた企画力!

PR会社に最も期待したいことは、ニュース性を兼ね備えた企画に仕上げる力(企画力)です。例えば新商品開発におけるPRでも、毎日数多くの新商品が発表されている中で、多くのメディアに取り上げてもらうためには単純に機能性の訴求をしているだけではいけません。その商品が必要とされている背景を読み解き、ニュース性のあるシナリオを作成し、時には商品開発段階から関与していくことも求められます。

PRの成功事例として、多くのテレビや雑誌に取り上げられた商品を例にあげる場合もありますが、単純に商品が凄いのであって、PR企画が優れていた訳ではないケースも多々あるので注意が必要です。PRの実績を確認する上では、PR企画としてどのような提案をしたのかをチェックすることが必要です。

また、PR会社の選び方として、大手であることや有名であること(企業規模による選定)をあげるケースがありますが、企画力勝負であることを考えると、PRは個人技であるとも言えます。企業単位ではなく担当者単位で信頼がおけるかどうかや、企画力の程度について事前に確認すると良いでしょう。最近ではフリーランスのPR担当も活躍していますが、本物のコンサルティングができるPR担当者は、「テレビに取り上げられるためのコツ」などではなく、ビジネスそのものの成功を考え、自分なりに情報収集や分析を行い、戦略立案ができる人と言えます。近年重要視されているソーシャルメディア(SNS)を活用したPRなども、企画力のあるPR担当であれば戦略的に活用するプランを提案してくれることでしょう。

 

point.4ネットワークの強さ

どの程度ネットワークを持っているかも事前に確認しておくことが大切。

PR会社の専門性とも関連しますが、どの程度ネットワークを持っているか、は事前に確認すべきです。テレビだと、各テレビ局、各番組のディレクターなどキーマンとコンタクトが取れるかどうかだけではなく、内部事情に精通しているかどうかも重要です。番組の制作方針やプロデューサーの好みなどから、番組内での最適な取り上げられ方についてアドバイスをもらえるでしょう。近年テレビ番組で取り上げられることは難しくなっており、コネクションを持つPR会社への期待値は高まっていると言えます。

また、業界のオピニオンリーダーや専門家とコンタクトが取れるPR会社も存在しており、広くパブリシティを行う場合(プレスリリース配信、記者会見など)にも活用できるでしょう。

 


PRの費用・料金相場情報

アイミツでは独自調査やお客様の声からPR会社における料金相場情報を集めています。PR会社における契約形態の違いなどによっても大きく料金体系も変わる中で、何が必要なのか、どのようなサービス形態なのかを考慮し、自社に合った業者を見極めることが大切になります。

コンシェルジュ

契約形態と相場

3つの契約形態それぞれの相場を把握しておくこと!

  •  リテイナー契約

年間契約等の長期契約のケースが多く、1~2年から、10年以上の長期契約も存在します。スタッフ人件費が経費の中心となりますが、月額50万円~150万円と幅も広いですが、平均相場としては月額100万円程度と言われています。

  •  プロジェクト契約

PRしたいプロジェクト単位の契約で、短期契約のケースが多く、その為リテイナーフィー契約よりも割高になるケースが多いです。

  •  完全成功報酬契約

主にテレビ番組に露出された場合のみ費用が発生するという契約で、1つの番組につき100~200万円程度が相場と言われています。PR会社側に責任が発生しにくいため、確実に効果を上げたい場合にはオススメできないかもしれません。

 


PRのトラブル事例

せっかくお願いしたにもかかわらず期待した露出に繋がらなかった、などのクレーム類は特に心配で多く聞かれる悩みでもあるようです。PR会社にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。

コンシェルジュ

トラブル事例

コストをかけても効果がない場合もあることを念頭に。

PR活動の盲点としては、「露出の保証はない」という点です。毎月の固定費を支払っても全く効果が上がらないケースもあり得ることを念頭に契約しなければなりません。また、成果は会社ではなく「人」に依存するため、担当者変更により満足度が下がったケースもあります。リテイナーフィーの高いクライアントに優秀な人材を配置する傾向になる為、報酬の額によっては担当者変更のリスクは認識しておくべきでしょう。

 


PRのよくある質問

PRについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

QPR会社は広告会社とどのように違うのですか?

Aステークホルダー(に対して、企業がPRすべき情報を発信していくのがPR会社。

PR会社は、広告出稿・調整ではなく、パブリック・リレーションズ(Public Relations)の略でステークホルダー(利害関係者)に対して、企業がPRすべき情報を発信していく業務になります。PR会社にも得意分野や業務範囲で種類があり、PRしたい内容や課題によって使い分けることが必要です。

Q得意とするサービス(領域)は何ですか?

A得意領域は業者によって様々、自社のニーズに合った選定を。

総合PR会社はPR活動全般(コミュニケーションに関することなら全て)をサポートします。専門PR会社は限られた専門領域に関してのみPR活動を行う為、業界メディア、業界新聞、専門雑誌など強いパイプを持っている場合が多いです。得意とするサービスはPR会社により、様々ですので、詳しくは各PR会社に確認するようにしましょう。

Qブランド構築とPR業務はどのように関連していますか?

Aコンサルティングや企画立案などの側面において密接に関わっている。

PR会社は主に2つの施策をサポートしてくれます。1つは様々なコミュニケーションプランを自社の利益を尊重しながら組み立てるコンサルティングのような側面と、取り上げてもらいたい媒体に取り上げてもらうための企画立案から実行です。この2つともブランディングとは密接に関わっていくものだと言うことができるでしょう。詳しくはPR会社の業務範囲をよく理解することが必要です。

Q海外でのPRを積極的に進めたいのですが、対応できますか?

A海外でのPRに精通している得意分野として扱っている業者へ依頼をすること。

PR会社により、得意分野は様々です。特に日本企業の海外PRにおいては、現地に精通したPR会社でない限り、とても難しいものだと言うことができると思います。国やエリアによって、自社のターゲットにアプローチする手法は異なりますし、その手法が日本国内から実施できるかどうかはターゲットにより様々だからです。詳しくはPR会社に確認してください。

Qサービスの品質をどのように高めているのですか?

A商品の背景などを十分に理解し、ニュース性と絡めることで品質の向上を目指す。

PR会社に最も期待したいことは、ニュース性を兼ね備えた企画に仕上げる力(企画力)です。その商品が必要とされている背景を読み解き、ニュース性のあるシナリオを作成し、時には商品開発段階から関与していくことも求められます。お願いするPR担当者には、「テレビに取り上げられるためのコツ」などではなく、自分なりに情報収集や分析を行い、戦略立案ができる人を選びましょう。

Qどのような業界に対する実績がありますか?

A業者の規模や実績の規模だけでなく、該当する業界の規模にも注目する必要がある。

PR会社により、過去の実績は様々です。PR会社の選び方として、大手であることや有名であること(企業規模による選定)をあげるケースがありますが、ニュース性の高い企画力勝負であることを考えると、最初は企業単位ではなく担当者単位で信頼がおけるかどうかや、企画力の程度について事前に確認すると良いでしょう。担当者単位で類似事業の担当実績があることで安心して任せることができます。

Qどのような契約形態がありますか?

A長期に渡るリテイナー契約や短期でのプロジェクト契約などがある。

1〜2年など長期に渡るリテイナー契約、PRしたいプロジェクト単位の契約で、短期契約のケースはプロジェクト契約、取り上げてほしい番組や雑誌への掲載をもって支払う完全成功報酬契約があります。完全成功報酬契約は、発注者側にリスクはありませんが、PR会社側に責任が発生しにくく、結果として取り上げられないままに時間だけが過ぎていってしまうケースもありますので、確実な成果を求める場合にはおすすめできません。

QPR活動をしたこともなく、知識がなくても大丈夫でしょうか?

A特に問題はないと言えるが、やはり効果がないケースがあることも念頭に。

PRは広告と違って、売上貢献成果が見えにくいものであり、かつどの程度ネットワークを持っているか、担当者の人脈により結果が左右されるものでもあります。知識がなくても問題はありませんが、PR活動は毎月の固定費を支払っても全く効果が上がらないケースもあり得ることを念頭に契約しなければなりません。

QどのようなケースにPR会社をお願いすると良いのでしょうか?

A新製品発表時や事業リニューアルのタイミングなどニュース性を担保するタイミングで。

まず前提として、PRと広告が大きく違うことを前提とすると、PRを依頼するタイミングは新製品発表時や事業リニューアルのタイミングなど、ニュース性を担保していることが必要だと思います。ニュース性のある製品や事業の場合は、それらを伝えていきたいターゲットを明確にしたうえで、PR会社の力で拡散すると、より大きな反応を得ることができるはずです。詳しくはPR会社にご相談ください。

Q広報担当者がいないのですが、御社にお願いできるものでしょうか?

A広報担当としての役割もお願いする上では、担当者の人柄なども重要に。

広報担当者がいなくても、PR会社をお願いすることは可能です。中小企業の場合は、むしろ広報担当者としての役割をPR会社にお願いするケースも多くなってきています。PR会社の中でも、広報担当としての役割を果たしてもらうためには、担当者の人柄がとても重要です。発信だけでもなく、受信された問い合わせに対する一次回答を的確に行ってもらえることや、その一次回答について事前にすりあわせすることをお願いしていきましょう。


PRのアイミツ利用事例「はじめてのコーポレートPR」

どのようなPR会社を探していましたか

何を成果点におくべきか、PRと販促の違いを明確にするために外部へ依頼。

会社の事業をPRしていくことと、マーケティング(販促活動)の境界線というか、違いがよくわからないままに、広報担当がPR活動をしておりましたので、何を成果点におくべきか、PRと販促の違いを明確にわけられることなどを外部の会社にご相談したいという想いが最初にありました。PRとして為すべき役割についても、しっかりと共に考えていただける業者に出会えることができればと思い、いくつかのPR会社にアプローチをしていきました。

アイミツを利用したきっかけ

自社スタッフから一括見積と言うサービスがあることを教えてもらったことがきっかけ。

最初は、業者一括見積もりが広報・PRというポジションにおいて、存在することを知らず、インターネット検索を通して「広報・PR」の検索結果にてなるべく近い業者さんにお見積もり依頼をお送りしておりました。ほとんどのPR会社は月額固定費用がかかり、何を成果点としているかが理解できず、困り果てていました。そんな時に、DM配信を行っている販促部署のリーダーよりアイミツという業者一括見積もりサービスの中に「コーポレートPR」という項目があると教えてもらい、見積もり依頼を行いました。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

予算にあうPR会社を探しながら、他社の事例なども参考にした。

まずはアイミツは見積もり前にリテイナー報酬金額が明示されていましたので、予算にあうPR会社にしぼって、見積もり依頼をすることができました。次に、当社がコーポレートPRとして何を目指しているのかが明確になっている状態ではなかったので、他社事例を中心に提案してもらうように努めました。反省点としては、コーポレートPRとしての成果点は各社それぞれ違うため、自社の望んでいるPR手法と近しい事例に出会うことはできませんでしたが様々な手法を知ることができたのが収穫でした。

実際に発注してみた感想や気づき

地域に根差した活動を行う会社の場合、PR活動における評価は明確にしにくい。

当社のようにリアルなコミュニケーションを元に地域に根ざした営業活動を行っている会社の場合、PR活動の評価は明確にしにくくなってしまうようにも感じます。コーポレートPRとしての訴求点や訴求内容を、広報が自ら見つけ、発信していくことのHowto(ノウハウ)を大きく学ぶことができました。今後は、この役割を持つ社員が自社に留まらず、地域の行政や他社とも連携しながら、発信力を強化できる仕組みづくりができたらと思っています。


PRの用語・基礎知識

PR会社 基礎知識・基礎用語

PRはパブリック・リレーションズ(Public Relations)の略で、一般消費者、関連企業、報道機関、地域社会、官公庁、株主や従業員まで広くステークホルダー(利害関係者)に対して、企業がPRすべき情報を発信していく仕事で、一般的には広報部に当たる組織がこれを行っています。日本では50年ほど前に電通が取り入れたことがきっかけで普及しましたが、近年は広報手段としてのPRがより重要視されつつあります。高い広告を出稿するよりにも、ニュースバリューのある企画を立案しメディアで取り上げてもらう方が費用対効果は高いとされ、多くの企業がPRに取り組むようになりました。尚、「プレスリリース(PR)配信業者の比較」 もご参考にしてください。

 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono