業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

原稿作成代行対応の優良業者

原稿作成代行対応のプレスリリース(PR)配信

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

原稿作成代行対応のプレスリリース(PR)配信の会社比較方法・比較のポイント

原稿作成代行対応のプレスリリース(PR)配信の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

原稿作成代行対応のプレスリリース(PR)配信の選定ポイント

POINT
01

プレスリリースでの原稿作成のポイントを知っておく

自社で対応不可能と思われる場合には有料サービスを検討しましょう!

プレスリリースを書く場合には、採用されやすい文章を書く必要があります。まず、対象となる企画を絞り込みます。内容的に複数のトピックスにまたがる場合でも、基本は1プレスリリースで1企画が原則です。

  • 新製品やサービス公開の発表
  • 既存製品の新機能公開の発表
  • 自社主催の独自アンケート結果の発表
  • 販売数の伸びやユーザー数の伸び発表
  • 製品やサービスのイベント開催の発表
  • 製品やサービスの割引キャンペーンの発表

テクニック的なところでは、下記のような文章を心がけましょう。

  • 見出しとリード文に何かしらニュース性のあるイメージを盛り込む
  • 5W1Hを押さえながら製品やサービスの内容を簡潔かつ正確に
  • 結論を先にするだけでなく、結論部分に新鮮みのあるイメージを付加
  • 専門用語は極力少なくすべきだが、製品やサービスの独自性はきちんと伝える
  • 具体的で客観的な数字データをできるだけ盛り込む(ただし過度に専門的にならないように)
POINT
02

原稿作成代行のサービスメニューを知っておく

サービスメニューによって料金も変わってきます!

ひとくちに原稿作成代行と言っても、いくつかの形態があります。自社でできるレベルを検討して、最適な依頼方法を選びましょう。

  • プレスリリースで採用されるかどうかの診断・アドバイス

自社で原稿は用意できる場合に、実際にプレスリリース向きになっているスタイルかをチェックしてもらいます。

  • 自社持ち込み原稿のリライト

診断・アドバイスだけでなく、実際にプロの手で採用されやすいようにリライトしてもらいます。

  • 訪問取材、オリジナルプレスリリース作成

新商品・新サービスの発表時やイベント開催時などに訪問取材し、担当者や関係者にヒアリングをしながら原稿を仕上げます。

  • 企画・コンサル・プレスリリース作成

新製品、新サービス発表の段取りや、対外的アピールに慣れていない企業向けに、どのようにプレスリリースを行ったらよいか全体的なアドバイスと代行を行い、その一環としてプレスリリースの作成を行います。

POINT
03

掲載して欲しい媒体と提携しているかを確認する

原稿作成から自社が掲載して欲しい媒体先へのアプローチまでワンストップサービスは可能かチェック!

プレスリリース向けの原稿作成の後、実際に配信をお願いする場合には、テレビ放送や新聞など、自社でどうしても掲載して欲しい媒体に対して配信代行会社がプレスリリースを送付してくれるかをチェックしましょう。

  • 新聞系サイト

朝日新聞DIGITAL、YOMIURI ONLINE、日本経済新聞電子版、毎日新聞電子版(毎日.jp)、MSN産経ニュース、SankeiBiz など

  • 通信社系サイト

47NEWS、時事ドットコム など

  • 雑誌系サイト          

日経ビジネスオンライン、ダイヤモンド・オンライン、東洋経済ONLINE、PRESIDENT Online、日経WOMAN Online、日刊SPA!、NEWSポストセブン、美ST など

  • テレビ系サイト         

NHK NEWS WEB、日テレNEWS24、テレ朝news、TBS Newsi、FNN(フジテレビ系) など

  • ネット系サイト

ITmedia、BusinessMedia誠、JBpress、みんなの経済新聞ネットワーク など

  • ニュースポータルサイト

Yahoo!ニュース、Googleニュース、MSNニュース、gooニュース、@niftyニュース、livedoorNews など

  • ミドルメディア

ガジェット通信、J-CASTニュース、ロケットニュース24、らばQ など

  • まとめ(キュレーション)サイト

NAVERまとめ、はてなブックマーク、2チャンネルまとめ、Gunosy、togetterなど

POINT
04

プレスリリース申し込みの流れを知っておく

原稿作成代行だけで十分なのか、企画やコンサルも必要なのかチェック!

1. プレスリリース企画の立案

どんなプレスリリース内容で、どんな効果を狙うのかを明確にする

2. プレスリリース記事の作成

掲載希望メディアで取り上げられやすい構成や、取り上げられやすいポイントを押さえる

3. 掲載メディアリストのチェック

自社が配信して欲しい媒体や傾向を伝える

4. 想定問答の作成

取材が入った場合に備えて簡単な想定問答集を作成しておく

5. 媒体掲載依頼と効果測定

掲載メディア数やどういう内容で掲載されたか(そのままか、記事化かなど)をチェックしてプレスリリースの目的と、発信した内容どおりに掲載されているかを判断する

POINT
05

オプションサービス、上位サービスの充実度を確認する

さらに効果を上げるための各種オプションサービスは充実しているのかチェック!

プレスリリースの成功でもっとも重要なのがメディアに取り上げられやすいノウハウに基づいた原稿作成であることはもちろんですが、それ以外にもプレスリリースを成功させるメニューはたくさんあります。そうしたサービスを併用しながらプレスリリースの質を高めていきたい場合には、あらかじめ業者が下記のような実績を持ち、総合的なメニューを用意しているかどうかもチェックした上で相談しましょう。

  • 自社が運営するプレスリリースのポータルサイトでまるごと掲載
  • エンドユーザーを会員組織化し、会員の属性に合わせて直接アプローチ
  • 著名なブロガーへの配信・シェア
  • ソーシャルメディアのインフルエンサーへのコンタクト
  • 動画作成サービス
  • メディア問い合わせ窓口代行
  • 海外対応(翻訳含む)
  • プレスリリースによる自社サイトへの流入などのアクセス解析と効果測定

など

POINT
06

効果測定と改善提案は可能か確認する

改善提案の内容には業者の実力の差がでる!

継続してプレスリリース原稿の質を効果的に高めていくには、下記の項目を含んだPDCAサイクルを回していくことが必要です。原稿執筆代行を依頼予定の業者が単に原稿の代書屋なのか、広報における総合的な改善提案もできるのかは、事前にチェックしておきましょう。

原稿作成代行対応のプレスリリース(PR)配信の発注時よくある質問

人イメージ

原稿作成代行対応のプレスリリース(PR)配信についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な会社比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で会社比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。